静電気を除去する方法。グッズや車を快適に使用するためには?

冬に近づき空気が乾燥してくると、ドアのノブや車体に触った時に「バチリッ!」となる静電気

静電気が起こるようになると物に触ることすら警戒してイライラしますよね。

でも、一体どうすれば静電気で痛い思いをしなくてすむようになるのでしょうか?

そこでこの記事では、静電気の仕組みや静電気が発生しにくい服の組み合わせ、体に静電気を帯電させにくくする、帯電した静電気を逃がしてくれるグッズのご紹介をさせていただきます。

スポンサーリンク
  

静電気を除去する方法とは?

静電気の発生を防ぐためには、まずその仕組を理解することが近道です。

そもそも何故、静電気は発生するのか?

それは、着用している「衣類同士の摩擦」と「湿度の低さ」によって発生するのです。

たくさん重ね着をする冬は衣類同士が擦れる機会が非常に多くなり、結果、静電気が発生しやすくなります。

また、湿度の低さも静電気を発生させる原因になります。

湿度が低いと大気中の水分を伝って静電気が逃げることが難しくなります。

そのため、いつまでも静電気が逃げられない状態が続くことになり、金属などを触った際に静電気が発生しやすくなります。

逆に、大気中の水分が多い春~秋は、皮膚の表面から静電気が自然放電されやすく、静電気が発生しにくくなります。


他に、外出時などに湿度の低さを改善することは難しいですが、衣類の組み合わせを考えることで静電気を発生させにくくすることができます。

静電気が発生しにくい服装とはどういったものなのか?

まずは下の材質一覧を見てください。

材質名プラス・マイナス
毛皮プラス
ウール
ナイロン
シルク
レーヨン
木綿
人の肌
ポリエステル
アクリル
ポリウレタン
ポリエチレン
塩化ビニルマイナス

これは、上に行くほどプラスに帯電しやすく、下に行くほどマイナスに帯電しやすくなります。

この並びの距離が離れていればいるほど、静電気が発生しやすい組み合わせになります。

例えば、「ウール」と「ポリエステル」の組み合わせは非常に静電気の発生を誘発します。

逆に、「ポリエステル」と「アクリル」の組み合わせは距離が近いため、静電気が発生しにくくなります。

つまり、この組み合わせを服装にしっかりと反映させることで、静電気の発生させにくくなるわけですね。


最後に、洗濯に柔軟剤を使用することでも静電気を発生させにくくすることができます。

何故柔軟剤で静電気を防げるかというと、柔軟剤の成分は電気を通しやすくする作用があり、静電気が逃げやすくなるからです。

スポンサーリンク

静電気を除去するグッズとは?

衣類の組み合わせで静電気の発生を予防する方法は効果がありますが、現実的に考えて、いつもその組み合わせを実践できるとは限りません。

また、体質的に静電気が帯電しやすい人はそれだけでは効果が薄い可能性もあります。

そこで、静電気を効果的に体から逃がす静電気除去キーホルダーと、発生した静電気を逃がしやすくする静電気防止スプレーを使うと良いでしょう。


まずキーホルダーですが、仕組みとしては非常に単純で、ドアのノブや車などの金属に触れる前にキーホルダーを使用し静電気を逃します。

使用方法としては「キーホルダーを持って」「キーホルダーのゴム部分を金属部分に接触」させます。

そうすることにより、ゴムの部分から体に帯電している静電気が徐々に逃げていきます。

また、静電気除去キーホルダーの中には、静電気が取り除かれると何らかのマークが表示されるものもあり使いやすいです。


次にスプレーですが、スプレーの中にはアルコールと界面活性剤が入っています。

これには水とくっつきやすい成分があるため、その水から静電気を逃がすというものです。

衣類同士の摩擦が発生しやすい箇所にあらかじめ吹き付けておくことで静電気を防ぐことができるわけですね。

静電気を除去し車の乗り降りを快適にするには?

最後に車の乗り降りの際に発生する静電気についてです。

乗る際は、ドアのノブなどと同じなので静電気除去キーホルダーなどで静電気を防ぐことが出来ます。

また、車体に触る前に地面や壁を手で触っておくことでも、体にたまった静電気を逃がすことが出来ます。


では、降りる際はどうすればよいのか?

まず、降りる際に静電気が発生する原因の一つとしてシートとの摩擦があります。

これは、乗車中に衣類とシートが擦れて、降りる際に金属と接触し静電気が発生するというものです。

これに対する対策は簡単です。

降りる際に、「シートから腰を浮かせる前に」車体の金属部分をしっかりと触っておけばいいのです。

シートから腰を浮かした後に起きる静電気の逃げ道を予め確保しておこうということですね。

まとめ

冬の間はずっと静電気が発生する可能性があるため、日常的に「静電気が起きるのではないか?」というストレスが付き纏います。

そのため、少しでも快適に過ごせる方法として今回の記事を紹介させていただきました。

特に、キーホルダーなどは長く利用できるグッズですので、常備しても損はないと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする