ウッドデッキが腐ったらどう対処するのか?原因も紹介 | ごろん小路。

ウッドデッキが腐ったらどう対処するのか?原因も紹介

「ウッドデッキ」を長年使っていると腐ってしまうことがあります。

床板が沈み込むなどの症状が現れますし、安全面からも問題があるので何とか対処したいですが、具体的な方法がわからず悩む方は多いかと思います。

また、ウッドデッキが腐る原因についても知っておきたいですよね。

そこで今回の記事では、

  • ウッドデッキが腐ったらどう対処するのか?
  • ウッドデッキが腐る原因とは?

これらのことをお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

ウッドデッキが腐ったらどう対処するのか?

1・ウッドデッキが腐る原因を見つける
まずは、ウッドデッキのどの部分が腐っているのかをチェックしましょう。

これはウッドデッキが腐った原因を特定する必要があるためですね。

腐っている部分やその周辺を調べることで、木材が腐るを特定できる可能性があります。

ウッドデッキが腐る原因にはいくつかのものがあり、

1・ウッドデッキ周辺に湿気がたまる
2・ウッドデッキの木材の耐久性が低い
3・虫によって食害されている

以上のようなものが、ウッドデッキが腐る原因として挙げられます。

この中でも1番目が原因であることが多いです。

というのも、天然の木材はどうしても湿気などに弱いため、ウッドデッキ周辺の水はけが悪い、日光が当たらず風通しが悪いといった、環境の影響を受けやすいからです。

例えば、庭の地面がデコボコしていて水はけが悪かったり、雑草や樹木がある影響で風通しが悪くなるなどですね。


2・ウッドデッキが腐る原因への対処方法を考える
上記にある、ウッドデッキが腐ることへの対処方法を考えていきましょう。

1つ目の「湿気」については、ウッドデッキ周辺の環境を変えることで対処できる可能性があります。

例えば、生い茂っている雑草を抜いて風通しを良くしたり、庭の地面を均し、排水溝を掃除して水はけを良くすることなどですね。

ウッドデッキの床上にあるものを移動させたり、床下の土壌がぬかるむ場合は土を入れ替えることも効果的です。

ちなみに、土の入れ替えをする場合は、砂や砕石に置き換えましょう。

また、湿気は地下の水分が上がってきていることもあるため、その場合は防湿のシートを下に敷くと良いでしょう。


次に「ウッドデッキの木材の耐久性が低い」ですが、これは屋外使用に向かない木材を使用している可能性があるためです。

残念ながら、この場合は材料を変えてウッドデッキ全体を作り直した方が良いでしょう。

現状のまま修理をしても、また腐ってしまう可能性が高いですからね。

また、木材が屋外使用に向くか向かないかの基準は「木の柔らかさ」が1つの目安となります。

例えば、木材の表面を爪で押して痕が残るようであれば、柔らかい木材のですので腐りやすいと判断できます。


最後の「虫によって食害されている」ですが、これは自力での解決が難しいことがあります。

スポンサーリンク

ウッドデッキを食害する害虫としてはシロアリなどが挙げられますが、自力での対処が厳しいことも珍しくありません。

そのため、ウッドデッキに害虫の食害が発生している状況で対処が難しい場合は、害虫駆除業者などに依頼をすることなどを検討すると良いでしょう。


3・ウッドデッキの木材を交換する
自力でウッドデッキの解体や修繕が可能なのであれば、ホームセンターなどでウッドデッキに適した木材を購入して交換する方法があります。

例えばウッドデッキの床板などであれば、「サイプレス(豪州ヒノキ)」などを採用する場合がありますね。

また、その際は新しい木材に防腐塗装を行うことを検討してください。

防腐効果のある塗装を行うことで、木材の耐久性が格段に向上するからです。

あるいは、木材の痛みが表面的なものであれば、カンナがけをしてから再塗装して再利用するという方法もあります。


4・ウッドデッキの修理業者に依頼する
ウッドデッキの腐り方が酷かったり、自力での解決が難しいようであれば、ウッドデッキの修理業者に依頼するという方法もあります。

もちろん、業者に依頼するというわけですから費用はかかりますが、ウッドデッキを確実に修繕することができます。

また、業者の方にウッドデッキが腐った原因や、原因を取り除く方法を聞いておくことも忘れないようにしましょう。

ウッドデッキが腐る原因とは?

ウッドデッキが腐る原因は前章にもあるように、

1・ウッドデッキ周辺に湿気がたまる
2・ウッドデッキの木材の耐久性が低い
3・虫によって食害されている

以上です。

ちなみに、ウッドデッキの周辺環境以外では、ウッドデッキの表面に傷がついて、そこにゴミや水が入り込むことで腐食してしまうことがあります。

また、地面に近く、日光が当たらない骨組み部分にカビや苔が生えることがあります。

これらがウッドデッキの骨組み部分に発生することで腐食が始まってしまうことがあるので注意をしておきましょう。

例えば、ウッドデッキの床下側に物を置いていると、風通しが悪くなるためカビや苔が生えやすくなってしまいます。

そのため、ウッドデッキのカビや苔はすぐに掃除して取り除いておくことをおすすめします。

デッキブラシ ベランダ掃除用ブラシ ウォータースクレーパー 2 in 1 水切りワイパー 3段長さ調節可能 掃除用ブラシ タイルブラシ 屋外 プールといっ掃除用品 日本語取扱書付

ウッドデッキに関するその他の情報

ウッドデッキのシロアリ対策はこの方法で!駆除のやり方も紹介

ウッドデッキが腐ったらどう対処するのか?原因も紹介

ウッドデッキのカビの取り方はこの方法がおすすめ!

アシナガバチの巣をウッドデッキに作らせない予防方法はこれ!

まとめ

今回の記事では、ウッドデッキが腐る原因やその対処方法をお伝えさせていただきました。

大切なウッドデッキですから、腐食からしっかりと守ってあげたいですね。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
Visited 2 times, 1 visit(s) today