美味しいいちごの選び方とは?長持ちさせる保存方法は? | ごろん小路。

美味しいいちごの選び方とは?長持ちさせる保存方法は?

「いちご」は美味しい果物として有名ですよね。

そんないちごですが、美味しいいちごの選び方がよくわからず困ることがあります。

せっかくいちごを買うのなら、美味しいいちごを選びたいですからね。

また、いちごが長持ちする保存方法も知っておきたいところです。

そこで今回の記事では、

  • 美味しいいちごの選び方とは?
  • いちごの保存方法で長持ちさせるやり方は?

これらの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク
  

美味しいいちごの選び方とは?

美味しいいちごの選び方には、いくつかのポイントがあります。

このポイントを押さえておけば、スーパーなどでいちごを購入する際に失敗することがなくなります。

具体的なポイントとしては、以下のようなものが挙げられます。

1・いちご全体が赤く染まっている
2・果皮に張りとツヤがある
3・果皮に傷がない
4・へたがしなびていない
5・いちご特有の甘い香りがする

以上です。

1番目の「いちご全体が赤く染まっている」はそのままですね。

いちごは熟すと全体が赤く着色します。

果皮の色づきが悪いものは糖度が低かったり、酸味が強かったりするので、果実全体が鮮やかな赤色のいちごを選びましょう。

また、一般的にいちごは完熟直前に収穫して出荷されます。

いちごは収穫後も着色が進む性質を持っているので、収穫時に白い部分が少し残っていても、スーパーなどの売り場に並ぶ頃に真っ赤になるということもあるので注意をしてください。


2番目の「果皮に張りとツヤがある」もそのままですね。

美味しいいちごは果皮に張りとツヤがあることが特徴です。

逆に、しんなりとしていたり変色のあるものは鮮度が落ちているものなので、購入することは避けた方が無難でしょう。

上記の色と同様にチェックしやすいポイントなので、忘れずに確認をするようにしましょう。

また、これは白いちごやピンクいちご、黒いちごも同様です。

3番目の「果皮に傷がない」も同じ理由で、いちごの表面に傷があるとそこから傷み始める恐れがあります。

傷があるいちごはもちろん、その周囲のいちごにも被害をもたらす可能性があるので、避けた方が無難です。


4番目の「へたがしなびていない」とは、いちごのへたの部分をチェックすることで鮮度を確認することができます。

スポンサーリンク

美味しいいちごは、へたの部分が綺麗な緑色でピンとしているので簡単に判別することができます。

いちごの種類によってへたの形状には差異がありますが、基本的にはしなびておらず、綺麗な緑色でピンとしていることをチェックすれば大丈夫です。


最後の「いちご特有の甘い香りがする」とは、熟したいちごからは甘い芳香があることを指しています。

いちごがしっかりと成熟している状態になると、そのいちごからは特有の甘い芳香が発生します。

種類によっては香りが少ないものもありますが、なるべくしっかりと甘い香りを感じるものを選ぶことが良いでしょう。

いちごの保存方法で長持ちさせるやり方は?

いちごは常温保存だと長くても2日程度しか日持ちしませんが、適切な方法であれば「5~6日ほど」の保存が可能になります。

具体的な方法としては、以下のようなやり方になります。

1・いちご同士を重ねない
2・水気を残さない
3・保存容器に乾いたキッチンペーパーを敷いて、その上にいちごを置く
4・いちごを置く際はへた部分を下にして置く
5・冷蔵庫の冷蔵室で保存する

以上です。

これらのポイントに注意をして冷蔵保存すれば、傷みやすいいちごでも5~6日ほどの保存が可能になります。


また、さらに長期保存をしたい場合は冷凍保存を試すと良いかと思います。

冷凍保存であれば、「おおよそ1ヶ月ほど」保存することが可能になります。

いちごを冷凍保存する場合は、以下の方法で可能です。

1・水洗いをしてしっかりと水気を拭き取る
2・へた部分を取り除く
3・3~4個ほどの個数をラップで包む
4・冷凍用保存袋に入れて冷凍庫へ入れる

以上です。

ハウスホールドジャパン フリーザーバッグ Mサイズ 50枚入り ダブルジッパー 冷凍保存用 KZ15 透明

いちごに関するその他の情報

いちごのヘタは食べれる?栄養や雑菌はどうなの?

いちごの保存方法でおすすめのやり方とは?いつまで?冷凍保存は?

いちごの食べ過ぎは危険?症状や対処方法とは?

いちごの旬はいつから?旬だとなぜ美味しいの?

美味しいいちごの選び方とは?長持ちさせる保存方法は?

まとめ

美味しいいちごの選び方には、いくつかのポイントがあります。

このポイントを押さえておけば、スーパーなどでいちごを購入する際に失敗することがなくなります。

具体的なポイントとしては、以下のようなものが挙げられます。

1・いちご全体が赤く染まっている
2・果皮に張りとツヤがある
3・果皮に傷がない
4・へたがしなびていない
5・いちご特有の甘い香りがする

以上です。

また、いちごは常温保存だと長くても2日程度しか日持ちしませんが、適切な方法であれば「5~6日ほど」の保存が可能になります。

冷凍保存であれば、「おおよそ1ヶ月ほど」保存することが可能になります。

スポンサーリンク