こどもの日の鎧や兜の意味とは?鯉のぼりについてもくわしく紹介

5月5日と言えばこどもの日ですよね。

1948年に国民の祝日として制定され、「子どもの人格を重んじ、幸せや成長を願う日」とされました。

各ご家庭に飾られた鯉のぼりを見る機会も多いでしょう。

鎧や兜を飾るご家庭も少なくないと思います。

しかし、この鎧や兜、鯉のぼりにはどういった意味があるのかよくわからない人が多いようです。

古くからある日本の伝統行事なのですから、しっかりと内容を理解しておきたいですよね。

そこで今回の記事では、

  • こどもの日の鎧や兜の意味とは?
  • こどもの日の鯉のぼりの意味について

これらのことをお伝えさせていただきます。

ぜひ、参考にして下さい。

スポンサーリンク
  

こどもの日の鎧や兜の意味とは?

こどもの日の鎧や兜の意味とは何なのか?


これはズバリ、「男の子を災害や病から守ってくれますように」という願いがこめられています。


というのも、昔の日本では小さな子どもというのは、長く生きることが出来ないことが珍しくありませんでした。

病や災害、事故などへの対応は、現代と比較するまでもありませんしね。

そして鎌倉時代以降、日本は武士の力が強くなり男性中心の社会が構築されていくと、武士にとって自分の命を守る大切な道具である兜や鎧を、小さな子どもが健やかに成長する願いをこめて神社に奉納するようになりました。

この武士たちの儀式を、庶民が真似をして端午の節句に鎧や兜を飾るようになった風習が各地へ広まっていきました。

これがこどもの日に鎧や兜を飾る由来となったわけですね。


また、同じく鎌倉時代から「菖蒲(しょうぶ)」が武士である「尚武(しょうぶ)」といった同じ読みであることや、菖蒲の葉の形が剣に似ていることから、男の子が誕生した際の飾り付けをして健やかな成長を祈るようになりました。

スポンサーリンク

そしてこの頃になると、庶民の間でも菖蒲酒が飲まれるようになっています。

菖蒲湯に入る風習もこの時代から来ているわけですね。

武士は負けられない戦の前には菖蒲湯に入ることがあったそうです。

こどもの日の鯉のぼりの意味について

前章でご紹介した鎧や兜を飾る風習は武家から生まれたものでした。

では、こどもの日に鯉のぼりを飾る風習ははどこから生まれたのでしょうか。

そしてその意味とは?


実のところ、こどもの日の鯉のぼりは鎧や兜と同じく「男の子を災害や病から守ってくれますように」という願いがこめられたものなのです。


ただ、鯉のぼりは武家からではなく、庶民の間から生まれたものなんです。

昔の日本において、武家では男の子が誕生すると家紋の入った旗を外に立てるという風習がありました。

当時、経済的に余裕があった庶民の間でも、武家が行っていたこの風習を真似して同じことが行われていました。

その際、中国の昔話の故事にある「鯉の滝登り」が組み合わされ、立身出世の象徴としての「鯉」が家紋の旗の代わり使われるようになり、これが我々の知る鯉のぼりの起源となったわけです。

そして、家の中に飾る鎧や兜は「内飾り」、家の外に飾る鯉のぼりは「外飾り」としてこどもの日に飾られるようになりました。

昔の日本では、こういった子どもの無病息災を祈る行事は非常に重要視されており、しっかりと現代まで伝わっています。

これだけでも、どれ程子どもが大切な存在だったかが窺えますよね。

こういった歴史があることを知ると、こどもの日に飾られている鯉のぼりを見ると、「すごいものなんだなぁ」という感慨を抱く方は多いのではないでしょうか。

まとめ

今回の記事では、こどもの日に飾られる鎧や兜、鯉のぼりの由来や意味についてお伝えさせていただきました。

可愛らしいお子さんがいらっしゃるご家庭では、この機会にこういった飾り物を用意してみてはいかがでしたでしょうか?

あなたとあなたのご家族に幸いがあることを祈っております。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加