カマドウマが大量発生する原因とは?駆除方法も紹介 | ごろん小路。

カマドウマが大量発生する原因とは?駆除方法も紹介

「カマドウマ」は日本全国に生息している昆虫です。

そんなカマドウマですが、大量発生して家の中へ入ってくることがあります。

1匹程度なら何とかなりますが、何十匹ものカマドウマと毎日遭遇するなんてありえませんよね。

そこで今回の記事では、

  • カマドウマが大量発生する原因とは?
  • カマドウマの駆除方法とは?

これらのことをお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

カマドウマが大量発生する原因とは?

カマドウマが家の水回りや床下といった場所に大量に現れる場合は、いくつかの原因が考えられます。

具体的には、

1・カマドウマのエサが豊富である
2・カマドウマに都合が良い環境である
3・越冬のため

以上です。

1番目の「カマドウマのエサが豊富である」はそのままですね。

カマドウマは雑食性の昆虫であるため、有機物であれば何でも食べることができます。

例えば、落ち葉・昆虫や動物の死骸・木の樹液・小さな昆虫などですね。

こういったものが自宅周辺などに豊富にあるとカマドウマが集まってくるので、結果的に大量発生につながることがあります。


2番目の「カマドウマに都合が良い環境である」というのは、カマドウマの習性が関係しています。

カマドウマは身を隠せる閉所や狭所、暗所、あるいは湿度の高い場所などを好む昆虫です。

住宅の床下はもちろん、お風呂や台所などの水回り、庭の朽木などがあると、そういった場所がカマドウマの活動拠点となることがあるわけですね。

あるいは、庭に雑草が生い茂っていたり、落ち葉が積もっていると風通しが悪くなったり、湿度が高くなる場所がでてきます。

これらはカマドウマの隠れる場所となるので、自宅とカマドウマの生息域との距離が縮まることで、カマドウマが家に住み着きやすくなります。


最後の「越冬のため」とは、カマドウマが越冬のために温かい場所を探して集まることがあるためです。

野外であれば、朽木の中や下などが挙げられますが、住宅の床下などで越冬しようとするカマドウマもいます。

そして、そういった越冬に適した場所には多くのカマドウマが集まってくることがあるため、大量発生しているかのような状態となるわけですね。

スポンサーリンク

カマドウマの駆除方法とは?

カマドウマを駆除する場合、スプレータイプの殺虫剤を使うことが最も簡単な駆除方法となります。

スプレータイプの殺虫剤はスーパーなど、多くの場所で購入可能ですからね。

ただ、カマドウマは非常に生命力が強い昆虫であることに注意をしておいてください。

つまり、殺虫スプレーをちょっと浴びせかけた程度では駆除できない可能性が高いということです。

とは言え、殺虫剤が効かないというわけではないので、弱ったカマドウマに対してさらに殺虫剤を噴霧してとどめを刺せば大丈夫でしょう。

あるいは、凍結タイプの殺虫剤を使って動けなくした後、火ばさみや箒を使って家の外へ追い出すというやり方もあります。

この方法を採用する場合は、あらかじめ窓やドアを開けてカマドウマの逃げ道を作ってから使用すると、万が一、スプレーに驚いたカマドウマが逃げても、そのまま外へ出てくれることが期待できます。


また、前章にもあるように、カマドウマは暗闇と湿気が多い場所を好む昆虫です。

この修正があるため、家の床下などの手が出しにくい場所に住み着いてしまうことがあります。

そういった場所では、殺虫スプレーを直接カマドウマに噴霧することは難しいことが多いでしょう。

そのため、床下などにいるカマドウマを駆除する場合はバルサンなどのくん煙剤が有効です。

ただ、くん煙剤は使用する前に、使用の際の注意点をしっかりと確認するようにしてください。

例えば、小さな子どもや犬猫などのペットが居る場合などですね。

[Amazon限定ブランド] フマキラー 冷凍ジェット 450ml 殺虫成分不使用 殺虫 スプレー

カマドウマに関するその他の情報

カマドウマは害虫か?益虫か?玄関に現れる原因とは?

カマドウマが大量発生する原因とは?駆除方法も紹介

カマドウマに毒性はあるのか?人を噛むのかや刺されるのかも紹介

カマドウマの駆除方法とは?室内でのやり方や時期についても紹介

カマドウマとはどんな虫?どこから入ってくるのか害があるのか?

まとめ

カマドウマが大量発生した場合は、適切な方法で駆除をしたいですね。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
Visited 25 times, 1 visit(s) today