ビニールプールを土の上に置いても大丈夫?どこに置くべき? | ごろん小路。

ビニールプールを土の上に置いても大丈夫?どこに置くべき?

夏になると子どもを「ビニールプール」で遊ばせたいと考えるご家庭は多いかと思います。

そんなビニールプールですが、設置する際に土の上に置いても大丈夫なのか心配になることがあります。

また、土の上以外ではどこに置くべきかも気になりますよね。

そこで今回の記事では、

  • ビニールプールを土の上に置いても大丈夫?
  • ビニールプールはどこに置くべき?

これらの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク
  

ビニールプールを土の上に置いても大丈夫?

ビニールプールを土の上に置く場合、ビニールプールと地面との接触に注意をしてけば大丈夫です。

これは、土の上でビニールプールを使用すると、転がっている石によってビニールプールが破損してしまうからですね。

さらに、プールの水によって周囲の土がドロドロになることと、土がプールの中にも入ってしまうことに注意する必要があります。

もちろん、土と一緒に石なども入ってくる可能性があるので、これもビニールプールの破損の原因となります。

そのため、ビニールプールを土の上に置く場合は、マットやブルーシートを利用する方法が効果的です。

やり方は非常に簡単で、ビニールプールをマットやブルーシートの上に設置するだけです。

石が多い場所などでは厚手のマットを使用すると良いでしょう。

ただ、ブルーシートは水に濡れると滑りやすくなるという特徴があるので、ここだけは注意をしておく必要があります。

ビニールプールはどこに置くべき?

前章にもあるように、ビニールプールを直接土の上に置いてしまうと破損の原因となる恐れがあります。

そのため、対策として土の上に置く場合はマットやブルーシートを利用する方法をおすすめします。

これ以外では、コンクリートやベランダでの使用が多いかと思います。

コンクリートやベランダは、土や芝のように汚れる心配がほとんどないため、多くの方がビニールプールの置き場所として採用しているかと思います。

しかし、コンクリートやベランダは土の上ほどではないでしょうが、石が転がっていることがありますし、アスファルトの場合は目が粗いものもあるので注意をしてください。

そして、アスファルトやコンクリートは太陽熱を跳ね返す働きをもっていることに気をつけておきましょう。

スポンサーリンク

この影響により、小さいプールだとすぐに水がお湯になってしまったり、子どもが熱中症になる恐れがあります。

ですので、プールの下にレジャーシートを敷いたり、定期的に子どもの様子を見てあげるようにすることが重要です。


また、ビニールプールを置く場所がベランダの場合は、子どもが転落するなどの事故への対策をしておく必要があります。

例えば、マンションなどの高層階のベランダにビニールプールを設置する場合、滑り台やサンシェードなどが付属したプールでは子どもが柵を越えて転落する危険性があります。

ビニールプールで遊ぶような年齢の子どもなら、こういったものの上に乗って、さらに別のものへとよじ登ることができますからね。

そのため、ベランダやバルコニーにビニールプールを置く場合は、プールの深さだけでなくパーツなどの高さ・大きさについても十分に注意してようにしましょう。

プール マット 厚手 カバー 大きい 【子供たちを笑顔にするプール】 ビニールプール プール下マット 大型 家庭用 300㎝用 250㎝用 200㎝用 150㎝用 プール用 シート (235cm×185cm×3.5mm, マットのみ(ブルー))

ビニールプールに関するその他の情報

ビニールプールを土の上に置いても大丈夫?どこに置くべき?

ビニールプールの空気抜き方とは?掃除機は使える?

ビニールプールの穴探しのやり方とは?穴を塞ぐ方法は?

ビニールプールのカビの掃除方法とは?取り方落とし方はこれ!

ビニールプールの補修でおすすめの方法とは?ガムテープでもできる?

ビニールプールの収納方法とは?外で保管する時の注意点は?

ビニールプールの洗い方で簡単な方法とは?洗剤は何を使う?

まとめ

ビニールプールを土の上に置く場合、ビニールプールと地面との接触に注意をしてけば大丈夫です。

これは、土の上でビニールプールを使用すると、転がっている石によってビニールプールが破損してしまうからですね。

さらに、プールの水によって周囲の土がドロドロになることと、土がプールの中にも入ってしまうことに注意する必要があります。

また、ビニールプールを置く場所がベランダの場合は、子どもが転落するなどの事故への対策をしておく必要があります。

例えば、マンションなどの高層階のベランダにビニールプールを設置する場合、滑り台やサンシェードなどが付属したプールでは子どもが柵を越えて転落する危険性があります。

ビニールプールで遊ぶような年齢の子どもなら、こういったものの上に乗って、さらに別のものへとよじ登ることができますからね。

そのため、ベランダやバルコニーにビニールプールを置く場合は、プールの深さだけでなくパーツなどの高さ・大きさについても十分に注意してようにしましょう。

スポンサーリンク