ビニールプールのカビの掃除方法とは?取り方落とし方はこれ! | ごろん小路。

ビニールプールのカビの掃除方法とは?取り方落とし方はこれ!

「ビニールプール」で遊ぶことは楽しいものですが、カビが生えてしまうことがあります。

しかし、ビニールプールのカビの取り方・落とし方がわからないと困ってしまいますよね。

子どもが使うものであれば、カビを取り除いて清潔な状態としておきたいところです。

そこで今回の記事では、ビニールプールのカビの掃除方法について、情報をまとめてみました。

スポンサーリンク
  

ビニールプールのカビの掃除方法とは?

ビニールプールにカビが発生したまま放置してしまうと、さらなるカビの繁殖により被害が拡大してしまいます。

そこで、ビニールプールにカビが発生していることを確認したら、すぐに掃除をして綺麗にしてあげましょう。

カビを落とすのに最適な洗剤には、以下のようなものがあります。

1・カビキラー(塩素系漂白剤)
2・オキシクリーン(酸素系漂白剤)
3・エタノールや重曹など

以上です。

基本的に、上から順番にカビに対して強力な効果を発揮します。

まず、カビキラーなどの塩素系漂白剤を使ったカビ掃除のやり方ですが、これは塩素系漂白剤をカビの部分にスプレー(あるいは塗布)するだけで大丈夫です。

その状態のまま数分放置しておきましょう。

その後、流水で洗い流して綺麗な状態になっていれば掃除完了です。

まだカビが目立つようであれば、もう一度塩素系漂白剤をカビの部分にスプレーしましょう。

注意点としては、塩素系漂白剤が原因でビニールプールが劣化することはありませんが、色落ちしてしまう可能性がありますので気をつけておきましょう。


次のオキシクリーンなどの酸素系漂白剤を使ったカビ掃除方法ですが、こちらは粉末タイプと液体タイプがあります。

主成分は違いますが、どちらでもカビに対する効果は変わりません。

そして、酸素系漂白剤を使用したカビ掃除方法ですが、これは「つけ置き」してから洗う方法が効果的です。

いわゆる「オキシ漬け」と呼ばれるやり方ですね。

やり方は簡単で、40℃程度のお湯をバケツ一杯、約4リットルを用意して、それにオキシクリーンであれば付属のスプーン一杯を溶かしましょう。

そして、その状態で3時間ほど放置します。

スポンサーリンク

後は、ビニールプールを綺麗な水で軽く流してあげましょう。

よほど酷いカビでなければ、この掃除方法で綺麗にすることができます。


最後はエタノールや重曹などを使った掃除方法になります。

エタノールの場合は、まずキッチンペーパーなどに染み込ませ、ビニールプールのカビが生えている部分を拭き取ります。

重曹水の場合は、スプレーを吹きかけたり、酸素系漂白剤のようにつけ置きでも大丈夫です。

つけ置きの場合は、時間は長ければ長いほどカビを殺す力が強くなります。

ただ、エタノールと重曹は、上記にある漂白剤よりカビを取り除く効果が低いことに注意をしてください。

エタノールや重曹を使ってもカビが綺麗に掃除できない時は、漂白剤を使うようにした方が良いでしょう。

カビキラー カビキラー本体 400g

グラフィコ GRAPHICO オキシクリーン 1500g (ニューパッケージ) [酸素系漂白剤 粉末タイプ]

レック LEC 激落ちくん 重曹 1kg

ビニールプールに関するその他の情報

ビニールプールを土の上に置いても大丈夫?どこに置くべき?

ビニールプールの空気抜き方とは?掃除機は使える?

ビニールプールの穴探しのやり方とは?穴を塞ぐ方法は?

ビニールプールのカビの掃除方法とは?取り方落とし方はこれ!

ビニールプールの補修でおすすめの方法とは?ガムテープでもできる?

ビニールプールの収納方法とは?外で保管する時の注意点は?

ビニールプールの洗い方で簡単な方法とは?洗剤は何を使う?

まとめ

ビニールプールに発生したカビを綺麗に掃除をする場合、まずは必要な洗剤を用意しましょう。

カビを落とすのに最適な洗剤には、以下のようなものがあります。

1・カビキラー(塩素系漂白剤)
2・オキシクリーン(酸素系漂白剤)
3・エタノールや重曹など

以上です。

また、それぞれに適した掃除方法があるので、カビの被害状況や自分の作業環境にあった方法で掃除をしたいですね。

スポンサーリンク