いちごの食べ過ぎは危険?症状や対処方法とは? | ごろん小路。

いちごの食べ過ぎは危険?症状や対処方法とは?

「いちご」は美味しい果物ですが、うっかり大量に食べてしまうことがあります。

いちごを食べ過ぎてしまうと、どういった問題が起こるのか不安になってしまいますよね。

そこで今回の記事では、

  • いちごの食べ過ぎは危険?
  • いちごを食べ過ぎた時の症状とは?
  • いちごを食べ過ぎた時の対処法は?

これらの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク
  

いちごの食べ過ぎは危険?

結論から言えば、いちごを食べ過ぎると健康上の被害が発生する恐れがあります。

いちごには人間の身体に良いとされる栄養素がたくさん含まれていますが、食べ過ぎてしまうとそれらが思わぬ副作用をもたらすことがあるからですね。

例えば、消化器系の不調やアレルギー症状などが発生することが懸念されます。

また、いちごのへた部分には何らかの細菌が残りやすいことにも注意が必要です。

これは、いちごを洗う際にへたを残したままの状態で洗ってしまうと、へたがある場所がうまく洗浄できないからですね。

あるいは、いちごには大量の水分が含まれていることも問題となる可能性があります。

つまり、いちごはその大半が水分であるため、食べ過ぎることで大量の水分も摂ることになり、体外に水分を出そうとする機能が働いて尿が出やすくなる、ということが考えられます。

次章では、いちごを食べ過ぎた時の具体的な症状について、情報をまとめています。

いちごを食べ過ぎた時の症状とは?

いちごを食べ過ぎた時の症状としては、以下のようなものが挙げられます。

1・腹痛、下痢
2・胃痛、嘔吐、吐き気
3・頻尿
4・肌荒れ
5・アレルギー反応

以上です。

1番目の「腹痛、下痢」はそのままですね。

いちごを食べ過ぎると、いちごに含まれるキシリトールの影響で腹痛や下痢などの症状が現れることがあります。

キシリトールは体内で消化吸収されにくいため、大量に摂取してしまうと胃腸に負担をかけてしまうからですね。

また、普段からお腹が緩い場合や体調不良時には、とくにこういった症状が現れやすいと言えます。


2番目の「胃痛、嘔吐、吐き気」とは、いちごは消化吸収されにくいという特徴があるためです。

消化吸収されにくいいちごを短時間で大量に食べてしまうと、消化不良が発生する可能性が高くなります。

こうなると、胃痛や胃もたれ、酷い場合には吐き気や嘔吐の症状が出ることがあります。

また、前章にもあるように、いちごには大量の水分が含まれているため、これがお腹が緩くなる原因となることもあります。

3番目の「頻尿」も、いちごによって大量に摂取した水分を体外へ排出しようとする働きです。

さらに、いちごにはカリウムが含まれており、これには浸透圧を一定に保つ働きがあるため、余分な塩分や水分を排出することに繋がります。


4番目の「肌荒れ」も上記と同様です。

いちごに含まれるキシリトールや多量の水分が体を冷やし、血行が悪くなるからです。

血行が悪くなると、むくみや乾燥など様々な肌トラブルの原因になる恐れがあるわけですね。

スポンサーリンク

また、いちごは肌に良い影響をもたらすビタミンが豊富ですが、食べ過ぎると水分によって別の問題が発生することに注意をしてください。


最後の「アレルギー反応」はそのままですね。

果物アレルギーは数多くありますが、いちごはアレルギーを起こしやすい果物の1つだとされています。

いちごのアレルギー症状が現れると、口の周りが腫れたり、のどがイガイガしたりといった症状が現れる可能性があります。

そのため、こういった症状や何らかの異常を感じた場合は、いちごを食べることをすぐにやめてください。

そして、すぐに病院へ行って医師の診断を受けるようにしましょう。

いちごを食べ過ぎた時の対処法は?

いちごを食べ過ぎた時の対処方法としては、まず水分と電解質の補給が重要になります。

前章にもあるように、いちごを食べ過ぎると多くの場合腹痛や下痢などの症状が現れます。

これらの症状は体外へ水分を過剰に排出することに繋がるので脱水症状などが懸念されます。

そのため、経口補水液のような身体へ水分などを効率的に摂取するするようにしましょう。

また、アレルギー症状に関しては、多くの場合は軽度の症状が現れるだけかと思いますが、まれに重篤なアレルギー症状が出る場合があります。

呼吸困難やショック症状などが現れた時は、迷わずに救急車を呼んで治療を受けるようにしてください。

大塚製薬工場 Otsuka Pharmaceutical Factory オーエスワン PETボトル 500mL×24本 [経口補水液]

いちごに関するその他の情報

いちごのヘタは食べれる?栄養や雑菌はどうなの?

いちごの保存方法でおすすめのやり方とは?いつまで?冷凍保存は?

いちごの食べ過ぎは危険?症状や対処方法とは?

いちごの旬はいつから?旬だとなぜ美味しいの?

美味しいいちごの選び方とは?長持ちさせる保存方法は?

まとめ

いちごを食べ過ぎると健康上の被害が発生する恐れがあります。

いちごには人間の身体に良いとされる栄養素がたくさん含まれていますが、食べ過ぎてしまうとそれらが思わぬ副作用をもたらすことがあるからですね。

例えば、消化器系の不調やアレルギー症状などが発生することが懸念されます。

また、いちごを食べ過ぎた時の症状としては、以下のようなものが挙げられます。

1・腹痛、下痢
2・胃痛、嘔吐、吐き気
3・頻尿
4・肌荒れ
5・アレルギー反応

以上です。

最後に、いちごを食べ過ぎた時の対処方法としては、まず水分と電解質の補給が重要になります。

前章にもあるように、いちごを食べ過ぎると多くの場合腹痛や下痢などの症状が現れます。

これらの症状は体外へ水分を過剰に排出することに繋がるので脱水症状などが懸念されます。

そのため、経口補水液のような身体へ水分などを効率的に摂取するするようにしましょう。

スポンサーリンク