雪かきの道具のおすすめはこれ!選び方などもくわしく紹介

雪かきは大変な重労働です。

特に雪国では、延々と降り積もる雪にうんざりする方は多いことでしょう。

そんな雪かきですが、効率化を図るためにも使いやすい道具が欲しいですよね。

また、自分に良い道具の選び方も知っておいきたいところです。

そこで今回の記事では、

  • 雪かきの道具のおすすめはこれ!
  • 雪かきの道具の選び方とは?

これらのことについて、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

雪かきの道具のおすすめはこれ!

1:箒・ブラシ
積雪量が5cm程度であれば、箒やブラシでの雪かきが可能です。

その場合は、耐水性があり頑丈な箒やブラシを使うと良いでしょう。

また、箒やブラシの柄の長さを伸縮できる商品もあるので、自分が使いやすい長さに調整しやすいのも良いですね。

柄を短くすれば、収納時にスペースを取らないという利点もあります。

千吉 伸縮園芸ホーキ 大 SGPB-3(1コ入) 日用品 掃除用品 掃除道具 [簡易パッケージ品] k1-4977292683616-ak


2:軽いプラスチック製のスコップ
この種類のスコップは、降り積もったばかりの新雪を取り除くのに効果を発揮します。

スコップ本体が軽いので、女性が使っても疲れにくいのが良い点ですね。

同じスコップを長く使いたい場合は、スコップの先端部分に金属カバーがあるものなど、耐久性に優れた商品がおすすめです。

また、プラスチックのスコップは様々な機能がある場合が多く、収納性や多機能性に優れるため、自分の環境に合わせたものを選びやすいのも特徴です。

例えば、分解・伸縮して収納しやすくしたり、車輪を付けて運搬を楽にしたりなどが挙げられます。

コンパル カルスコ 635


3:金属製のスコップ
プラスチック製のスコップは柔らかい新雪に適していますが、凍結して硬くなった雪には使いづらいです。

そこで役に立つのが金属製のスコップです。

スコップ本体の重さで硬い雪を削り取ることが出来るからですね。

「金属製のスコップは重いから使うのに抵抗がある」という方でも、スコップの材質に気をつければ大丈夫です。

例えば、アルミ製のスコップなら硬い雪を削り取る性能と軽量化を両立できます。

また、先端が尖っているタイプと平たくなっているタイプのスコップがありますが、これらは雪の質で使い分けると良いでしょう。

先端が尖っているタイプのスコップであれば、雪がガチガチに硬くても削り取る作業が楽になります。

平たくなっているタイプのスコップであれば、上記の雪よりも柔らかい場合に使うと作業が効率化出来ます。

朱鷺 アルミ角スコップ (角スコ)

高儀 Mr.sunshine 軽量ホームショベル 剣型


4:つるはし
雪があまりにも硬く、スコップで削り取るのが難しい場合はつるはしが便利です。

つるはしはスコップと違い、先端部分で力を加えやすいため、硬い雪を簡単に削り取ることが出来ます。

ただし注意点として、あまり勢い良くつるはしを振り下ろすと、雪の下にあるタイルなどを傷つける可能性があります。

スポンサーリンク

ですので、つるはしを使い祭は少しずつ力を強くして振るっていくと良いでしょう。


5・プッシャーラッセル
プッシャーラッセルはスコップとは違い、横幅が広く多くの雪を押せるような形状になっています。

スコップだと雪を持ち上げる動作が必要になりますが、プッシャーラッセルならそのまま雪を押して移動させることが出来るわけですね。

身体全体で雪を移動させるので、負担が少なく疲れにくいのも素晴らしいです。

また、スコップのように雪を掬うことも出来るので、状況によって使い方を変えることも出来ます。

カチ割りプッシャー


6・スノーダンプ
大雪が降る地方で特に活躍するのがこのスノーダンプです。

大きな塵取りを押しやすくしたような形状をしており、大量の雪を効率よく運ぶことに適しています。

身体全体でスノーダンプを押せば負担を軽減でき、かつ短時間で大量の雪を運搬できることでしょう。

また、一般的なプラスチック製のスノーダンプ以外にも、ポリカーポネイト製などの商品も販売されています。

プラスチック製のスノーダンプよりも耐久性に優るため、長期間に渡り使用する予定であればこちらを使った方が長持ちするでしょう。

グリーンパル ママさんダンプ(大)

グリーンパル ママさんダンプ(小)

雪かきの道具の選び方とは?

雪かきの道具を選ぶ際は「自分が扱いやすい道具にする」・「雪かきをする環境にあった道具にする」ことに注意しましょう。

例えば、便利な機能を備えていても、あまりにも重い道具は扱いに困ってしまいます。

あるいは、雪があまり積もらない地域であれば、スノーダンプのような大量の雪を運搬する道具は活躍する機会自体が無いでしょう。

逆に、雪が大量に降り積もるような地域なら何度も雪かきをすることになる可能性が高いです。

そのため、雪かきに使う道具の耐久性なども考慮しておく必要があります。

このように、雪かきの道具を購入する前にその道具が自分の環境に合うかどうかを考えておくと、道具選びで失敗することが減ります。

雪かきに関するその他の情報

雪かきで起こる筋肉痛を効果的に治す方法はこれ!

雪かきで雪をお湯で溶かすことが駄目な理由は何なのか?

雪かきで怪我を防止するための対策方法はこれ!

雪かきで屋根の場合におすすめの道具はこれ!準備の手順も紹介

雪かきで階段や玄関のやり方はこれ!注意点などもくわしく紹介

雪かきで雪を捨てる場所がない時の対処方法はこれ!捨てては駄目な場所も紹介

雪かきで道路の場合はどこまでやれば良いのか?注意点もくわしく紹介

雪かきの注意点はこれ!事故や怪我を防ぐ具体的な方法をくわしく紹介

雪かきのコツはこれ!注意点も具体的にくわしく紹介

雪かきで車の上にある雪の対処方法はこれ!道具や傷つかないやり方を紹介

雪かきはいつするのか?何時までやった方が良いのかについても紹介

雪かきの道具のおすすめはこれ!選び方などもくわしく紹介

まとめ

雪かきは本当に重労働ですよね。

そんな雪かきを効率的に行うには、作業に適した道具が必要になります。

そのため、自分に合った道具を見つけるためにこの記事がお役に立てれば幸いです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加