メロンのアレルギー症状とは?対処方法は? | ごろん小路。

メロンのアレルギー症状とは?対処方法は?

「メロン」を食べた時に何らかの異常が身体に現れることがあります。

それはメロンを食べたことによるアレルギー症状である可能性があります。

また、アレルギー症状であれば、メロンのアレルギー症状への対処方法を知っておきたいですよね。

そこで今回の記事では、

  • メロンのアレルギー症状とは?
  • メロンのアレルギー症状への対処方法とは?

これらの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク
  

メロンのアレルギー症状とは?

メロンに限らず、食物アレルギーの症状のほとんどは「皮膚症状」になります。

じんましんやかゆみなどがわかりやすいかと思います。

例えば、メロンを食べた後で口の中や喉がかゆいといった症状ですね。

アレルギー症状の多くは、食後2時間以内に現れるとされているので、メロンを食べた後でこういった皮膚症状が現れた場合は、アレルギーであることが懸念されます。

また、皮膚症状以外では、くしゃみ・鼻水・咳などの呼吸器症状、下痢・腹痛・吐き気などの消化器症状、目の充血や腫れなどの粘膜症状といった様々な症状が現れる可能性があります。

重篤なものになると、呼吸困難・血圧低下・意識障害など、命に関わる症状が現れることがあります。

一般にアナフィラキシーショックと呼ばれる状態の際は、救急搬送などの適切な処置が必要であることが珍しくありません。

そのため、メロンを食べた後で体調がどうにもおかしいと判断できる場合は、最寄りの病院へ連絡をすることを考慮してください。

あるいは、劇的な症状が現れている場合は、迷わず救急車を呼ぶべきです。

ちなみに、唇・舌・喉などの口周辺に起こるかゆみといった症状をもたらす、口腔アレルギー症候群は、花粉症患者に多くみられることで知られています。

これは、花粉と果物のアレルギーの原因であるアレルゲンの構造が似ていることが原因だとされています。

そのため、花粉症の方で、メロンなどの果物を食べた後で違和感や異常が生じる場合は、医師による診察を受けることをおすすめします。

メロンのアレルギー症状への対処方法とは?

メロンのアレルギー症状への対処方法としては、やはりアレルギーの原因であるメロンを食べないことが基本となります。

スポンサーリンク

あるいは、食品をしっかり加熱することで症状が出なくなることもあります。

これは、果物は加熱によってアレルゲンが壊れやすい構造をしているためで、実際に加熱された果物であれば症状が出なくなる人も多いです。

例えば、りんごアレルギーの人だと、アップルパイやジャム、果物を砂糖やワインを使って煮るデザートなどだとアレルギー症状が現れない場合があります。

また、メロンアレルギーの方が誤ってメロンを食べた場合、「食べた後すぐの運動は控える」ことが必要なアレルギー症状もあります。

食物依存性運動誘発アナフィラキシーという、食後2~4時間以内に運動を行うと症状が出る場合ですね。

運動がきっかけでアレルギー症状が現れる場合には、食後の運動を控えることで症状を回避できる可能性があります。

ただ、何らかの異常を感じた場合は、迷わず最寄りの病院を受診するようにしてください。

天神橋みやたけクリニック:果物アレルギー・野菜アレルギー

メロンに関するその他の情報

メロンにカビが生えても食べられる?カビの原因とは?

メロンの追熟方法とは?熟すには何日必要?

メロンのアレルギー症状とは?対処方法は?

メロンの保存方法とは?半分の場合や常温保存はできる?

メロンの見分け方や選び方のコツとは?食べ頃はいつ?

メロンを切った後の賞味期限はいつまで?保存方法とは?

メロンの食べ頃が過ぎたものは食べられる?調べ方とは?

まとめ

メロンに限らず、食物アレルギーの症状のほとんどは「皮膚症状」になります。

じんましんやかゆみなどがわかりやすいかと思います。

例えば、メロンを食べた後で口の中や喉がかゆいといった症状ですね。

また、メロンのアレルギー症状への対処方法としては、やはりアレルギーの原因であるメロンを食べないことが基本となります。

あるいは、食品をしっかり加熱することで症状が出なくなることもあります。

スポンサーリンク
Visited 1 times, 1 visit(s) today