自動車が家に突っ込んでくる事故の対策・防止方法はこれ!

交通事故は人や自動車などとの接触が多いです。

しかし、事故の中には自動車と家屋などとの接触事故が起こることがあります。

ニュースや新聞などで報道されることがありますが、「家屋に自動車が突っ込んできた!」という類です。

大事な我が家に車が突っ込んでくるなんてありえませんよね。

しかし、こういった事故を防止するための対策方法がわからず、悩むことがあるかと思います。

そこで今回の記事では、自動車が家に突っ込んでくる事故の対策・防止方法について、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

自動車が家に突っ込んでくる事故の対策・防止方法はこれ!

1・反射材を利用する
自動車が家や塀に突っ込んでくる原因の1つに、そこに家や塀があることに気が付かないことが挙げられます。

特に、夜間は視界が悪くなり、自動車の運転手の認識能力が昼間より落ちることが大きいですからね。

そこで活躍するのが「反射材」です。

「反射材」とは、再帰反射という性質をもつ素材のことを言います。

再帰反射という性質をもっていると、「光がどのような方向から当たっても光源に向かってそのまま反射する」ようになります。

この反射材を家の壁面や塀に取り付けることで、自動車のライトが当たった時に、運転手へその存在を認識しやすくさせることが出来るようになります。

ちなみに、反射材はインターネットなどでも販売さているため、入手が簡単であることもポイントですね。

スポンサーリンク

反射材販売専門ショップ「みんなのはんしゃ屋」


2・ポールを設置する
事故防止用のポールを設置することも効果的です。

ただ、ポールを設置することを検討する場合、「ここにポールがあることをアピールして事故を減らしたい」・「頑丈なポールで自動車が家に突っ込むことを食い止めたい」場合とでは、必要になるポールの種類がまったく異なります。

当たり前のことではありますが、自動車を食い止めたい場合のポールはとにかく頑丈である必要があります。

ポールを設置するときには、そのことを念頭に置いて計画を建てるようにしましょう。

また、設置費用などに関しても、後者の方が出費が多くなる可能異性が高いことに注意してください。


3・フェンスを設置、利用する
家の周辺にフェンスを設置して、上記にある反射材などと組み合わせる方法も事故防止に役立ちます。

一般的なフェンスには、自動車が家に突っ込むことを止める力ありません。

しかし、塀やポールを設置する場合よりも費用が安くなります。

そのため、単純に反射材を有効活用したいという理由であれば、フェンスを設置する方法が費用対効果に優れるでしょう。

また、極めて頑丈なフェンスであれば、低速で走行する車ならば止められる可能性もあります。

自宅が損壊するよりも、フェンスが損壊する方が被害が小さいことは間違いありません。

商品の具体的な性能をチェックしておくと良いでしょう。

まとめ

自動車が家に突っ込んでくる事故は本当に怖いですよね。

そういった事故を防ぐために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする