大掃除のゴミが大量に出た時の対処法とは?紙類や衣類、業者について

年末に行う大掃除ではゴミが大量に出てしまうことがあるかと思います。

買い換えるために不要になった品、壊れてしまった品、大きいために処分に困る品など、一気にゴミなってしまうので本当に大変ですよね。

後で処分しようと思っていたら、次々に出てくるゴミで部屋が埋もれてしまうという方もいらっしゃるかもしれません。

年末という忙しい時期ですし、余裕がなくて右も左もわからなくなる事態は避けたいところです。

そこで今回の記事では、

  • 大掃除のゴミが大量に出た時の対処法とは?
  • 大掃除における紙類や衣類の再利用について
  • 大掃除で業者に依頼する際の注意点

これらのことについて書いてみました。

是非、参考にしてください。

スポンサーリンク
  

大掃除のゴミが大量に出た時の対処法とは?

まず気をつけるべきことは、ゴミを出す際は計画的に捨てるようにすることです。

たくさんのゴミ袋を一度に出すと、路上や収集所に溢れてしまい近隣住民の方の迷惑になる可能性があります。

あらかじめ、何をいつ捨てるか決めておき、各収集日に小分けにして適度な量を出していくなどの工夫をしましょう。

また、燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミなど自治体が回収するゴミの場合は、その地域のルールに従って捨てるようにしましょう。


次に、あまりにもゴミが大量でどうしようもない場合は、ゴミ焼却場などに直接搬入する方法があります。

この方法ならゴミの収集日まで待つ必要がなく、短時間でゴミを大量に処分することが出来ます。

ただ、地域によってゴミ焼却場にも様々な違いがあるかと思いますので、市町村役場のゴミ担当課に連絡し、しっかりと詳細を確認してください。


最後に、リサイクルショップを利用することも検討してみてください。

衣類、本、時計、家具などまだ使用に耐えるものであればリサイクルショップで売却し、僅かではありますがお金にすることが出来ます。

そうでなくも、無料で引き取ってくれることもありますので、是非、試してみてください。


ちなみに、ご家庭で出たゴミをコンビニ、スーパーや駅へ持ち込む人がいますが、これは絶対にやめましょう。

こういった場所にあるゴミ箱は、その施設を利用したときに発生したゴミを出すためのものです。

その施設はもちろん、たくさんの人の迷惑になる行為ですので気をつけましょう。

大掃除における紙類や衣類の再利用について

大掃除においてゴミが大量に出た場合、一部のゴミはご家庭内で再利用可能なものがあります。

ここでは主に、紙類と衣類のことについてご紹介させていただきます。


  • 紙類
紙類の中でも、古新聞紙は様々な用途に使うことが出来ます。

生ゴミを捨てる際に、新聞紙で包んでビニール袋などに入れると水気と臭いの両方を抑えることが出来ます。

スポンサーリンク

他にも、油作業で汚れた手を、小さく切っておいた新聞紙で拭うといった使用方法もあります。

また、大掃除の際に窓拭きに使うことも可能で、水に浸して絞ってから窓をこすると洗剤を使わずきれいにすることが出来るでしょう。

大掃除で荷物を大量に整理したりする場合は、梱包材料のクッションとするのも良いかと思います。


  • 衣類
綿の衣類については雑巾などとして使うことが出来ます。

適当な大きさに切ったものを籠などに入れておき、ふきん代わりにしたり雑巾として使います。

大掃除だと、雑巾の消費が激しいかと思いますので、新しい雑巾を用意するという意味でも有用かと思います。

特に、油汚れを筆頭に、いくら雑巾を洗っても汚れが落ちない場所を掃除する際は、使ったらそのまま捨てるという使い方が出来るので大掃除が楽になるでしょう。

大掃除で業者に依頼する際の注意点

ここでは、大掃除のゴミを大量に処分してもらうため業者に依頼する際の注意点をご紹介させていただきます。


  • 「一般廃棄物収集運搬許可」を得ている業者かどうか確認する
ご家庭から出るゴミを業者が処理する場合、その業者は「一般廃棄物収集運搬許可」という許可を得ている必要があります。

「一般廃棄物収集運搬許可」とは、市町村長などが定める一定の要件を満たした業者に与えられる許可です。

無許可はもちろん、古物商許可などで一般廃棄物の処分を請け負うことは法律で禁止されています。

トラブルを避けるために、必ず「一般廃棄物収集運搬許可」の有無を確認しましょう。

「一般廃棄物収集運搬許可」を確認したい場合は、その業者のホームページ見ることや市町村役場に連絡をすれば間違いないと思います。


  • 会社の所在地がしっかりとした業者を選ぼう
「不用品を無料回収する」などと、軽トラックなどで宣伝してまわる業者のことを聞くかと思いますが、最近ではこういった業者との金銭的なトラブルが増えています。

上記にもある「一般廃棄物収集運搬許可」のこともありますし、どこに会社があるのかよくわからないような業者にゴミの処分を依頼することはやめましょう。


  • 見積もりをしっかりと出してもらう
金銭的なトラブルを避けるため、見積もりをしっかりと出しておきましょう。

複数の業者に見積もりを出してもらい、金銭面はもちろん、対応の仕方などが良い業者を選ぶことがトラブルを避けるコツです。


また、大掃除を効率的に行うための情報をまとめた記事はこちら。
大掃除のコツやその順番 リストの活用や部屋の掃除のやり方について

まとめ

大掃除に出るゴミは本当に大量ですよね。

ゴミの処理を計画的に行うことにより、作業が大幅に楽になるかと思います。

そのために、この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする