おみくじを引いたその後どうするのか?持ち帰る場合についても紹介

初詣で神社などを訪れた時に「おみくじ」を引きますよね。

おみくじには神様からの様々な助言が書かれており、私たちの生活を助けてくれます。

そんなおみくじですが引いた後にどうするのかよくわからず、困ってしまうことがあります。

また、おみくじを持ち帰っても良いのかも気になりますよね。

そこで今回の記事では、

  • おみくじを引いたその後どうするのか?
  • おみくじを持ち帰る場合は?

これらのことについて、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

おみくじを引いたその後どうするのか?

おみくじを引いたその後にすべきことは、「おみくじの内容をしっかりと確認すること」です。

「何を当たり前のことを!」と思う方がいらっしゃるでしょうが、実はこれがきちんと出来ていないことがあるからです。

そもそも、おみくじとは神様からのメッセージであり、私たちがよりよく生活するための助言です。

ですので、重要なのは大吉であったか、凶であったかではなく、それらの事柄に対しての助言であるわけですね。

例えば、おみくじで凶を引いたとして、そのおみくじには悪い事柄に対する解決方法などの助言が記載されています。

そのため、まずはおみくじに書かれている文章をよく読む必要があります。

ただ、このおみくじに書かれている助言は、おみくじの裏側などに書かれていることがあるので注意してください。

念のため、おみくじの裏表両方をチェックしておきましょう。


おみくじの内容をしっかりと確認したら、次はおみくじを神社やお寺の木に結びましょう。

これは、おみくじを木に結ぶことにより、困難な行いを達成したと認められ凶が吉に転じるという説が元となっています。

スポンサーリンク

ただ、おみくじを木に結ぶ上で注意すべきことがあります。

それは、おみくじを直接木に結ぶと木々の生育を妨げてしまう可能性があることです。

これがあるため、神社やお寺ではおみくじを木に結ぶことを禁止しているところもあります。

他の人がおみくじを木に結んでいても、それが問題ないかは別なので、おみくじを結ぶ前に確認するようにしますよう。

また、おみくじを木に結ぶことが禁止されている場合、神社やお寺側がおみくじを結ぶ紐を別途用意・設置していることが多いです。

そのため、まずはこれらの存在の有無を確認しておくとトラブルを回避できます。

おみくじを持ち帰る場合は?

おみくじの内容が悪い結果であった場合の対処方法は前章でお伝えしました。

では、おみくじが大吉などのように良い結果であった場合に、持ち帰ることについてお伝えしたいと思います。

まず、おみくじを家に持ってかえることは何も問題はありません。

例えば、おみくじを引いた時に、その内容をしっかりと読んでいても日数が経過すると忘れてしまうことがあります。

おみくじは神様からのメッセージですので、大切なメッセージを忘れないようにするためにおみくじを持って帰る方は多いでしょう。

あるいは、「おみくじの内容が気に入った!」という方もいらっしゃるかと思います。

また、おみくじを一度家に持って帰り、その後、月日が経過した後に木に結ぶということも出来ます。

「おみくじを持ち帰ると木に結べない」ということはありませんし、役目を果たしたおみくじを処分する際は、自宅で処分することも出来ます。

そのため、おみくじを持って帰って問題となることはないので、自分の思うようにおみくじを大切に扱いましょう。

まとめ

おみくじを引いて、その内容が悪い結果だとショックですよね。

しかし、この記事に書かれているように対処すれば大丈夫です!

また、おみくじを持ち帰って大切に保管してあげるのも良いでしょう。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする