卒業式に赤ちゃんを連れて行っても大丈夫なのか?

卒業する子どもとは別に、下の子がまだ小さな赤ちゃんだったりすることがあります。

卒業式に出席するにあたり、赤ちゃんをどうすべきか悩む方は多いことでしょう。

卒業する他の子ども達や保護者の方に迷惑がかからないか心配ですよね。

そこで今回の記事では、卒業式に赤ちゃんを連れて行っても大丈夫なのかについて、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

卒業式に赤ちゃんを連れて行っても大丈夫なのか?

まずは学校側に、「卒業式に赤ちゃんを連れて行っても大丈夫なのか?」の確認を取ることをおすすめします。

学校によっては、赤ちゃんを連れての卒業式の出席を禁止しているところもあるからです。

この場合は卒業式に赤ちゃんを連れて行くことは不可能ですね。

また、連絡用紙などに、赤ちゃんに対する記載が無い場合でも、念の為学校側に確認をしておいた方が無難です。

卒業式当日に、「赤ちゃんを連れていたから、卒業式の会場に入ることが出来なかった!」という事態は避けたいところです。


次に、学校側が卒業式に赤ちゃんを連れて行くことを禁止していない場合です。

卒業式は厳かな雰囲気で行われるものであるため、赤ちゃんを連れて出席する場合は注意が必要になります。

例えば、いきなり赤ちゃんが大声で泣いたり、ぐずりだしたりしたら他の参加者の方に迷惑がかかります。

そのため、赤ちゃんが泣き始めるなどした場合、すぐに席を立って会場の外へ出るようにしましょう。

移動しやすいように、座る席は端の方の椅子にしておくと無難です。

また、赤ちゃんが泣きそうになったら、泣く前に移動をすることも大切です。

赤ちゃんが大きな声で泣いたり騒いだりするのは自然なことですが、親はそんな赤ちゃんに対してしっかりと対処する必要がありますからね。

卒業式に赤ちゃんを連れて行く場合の服装とは?

1・抱っこひも
服装ではありませんが、抱っこひもがあると非常に便利です。

スポンサーリンク

卒業式当日は、ご両親の服装はフォーマルな装いをするかと思いますが、抱っこひもがあるとそれだけで大きな違いになります。

なかなか眠れない赤ちゃんでも、抱っこひもでゆすると眠ってくれることもありますしね。

また、赤ちゃんが泣き始めた時に移動する負担を減らすことが出来ます。

咄嗟の時にスムーズに動けるのは本当にありがたいことです。


2・防寒対策をしっかりとする
卒業式が行われる季節はまだまだ肌寒いものです。

卒業式の会場はおおよそ体育館などですが、人がいっぱいいてもすごく冷えます。

そんな状態で長時間座り続ける必要があるため、お母さんも赤ちゃんも防寒対策をしっかりしておかないと体調を崩す原因となることがあります。

しかし、コートやダウンを着てしまうと抱っこやおんぶがしづらくなってしまうのが気がかりですよね。

そこで役立つのが「ママコート」です。

ママコートとは、抱っこ紐やおんぶ紐に対応しているコートで、大人のコートに子供用のベビーコートを接続できるものもあります。

卒業式などのフォーマルな場所に行く場合でも、服装の雰囲気が損なわれないものもあるため、積極的に利用していくと良いでしょう。

また、ひざ掛けも防寒対策として大変効果的です。

椅子に座っている時間が長いのですから、そのままの状態で寒さを防ぐひざ掛けは非常に便利です。

Sweet Mommy パフスリーブ 丸襟2WAY ママコート おんぶ 抱っこ対応 ダッカー付き バックリボン フェミニン フォーマル 大人可愛い マタニティ 産前産後 襟取り外し可 M ホワイト

まとめ

卒業式に赤ちゃんを連れて出席する場合は、様々なことに注意をしておく必要があります。

卒業式当日にトラブルが起きないために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加