職場の義理チョコはあげない方が良い?本音や男性からの意見も紹介

2月14日のバレンタインは、もはや定番の大イベントですよね。

あなたの職場でも、義理チョコを配ったりする人がいらっしゃるのではないでしょうか?

義理チョコによって、職場の人間関係が円滑になるのならば実に良いことだと思います。

しかしこの義理チョコ、少なくない人が様々な理由により負担に思っていることをご存知でしょうか?

中には明確に「義理チョコは嫌い」という人もいらっしゃいます。

女性、男性問わず実際の本音を知りたいと思っている方も多いでしょう。

そこで今回の記事では、

  • 職場の義理チョコはあげない方が良い?
  • 職場の義理チョコに対する本音とは
  • 義理チョコに対する男性の本音について

これらのことについて書いてみました。

是非、参考にしてください。

スポンサーリンク
  

職場の義理チョコはあげない方が良い?

職場での義理チョコはあげるか、あげないかで悩む方が非常に多いと思います。

実際のところ、女性・男性い問わず「義理チョコを負担に思っている」という方は一定数いらっしゃいます。

女性よりも男性がこの比率が非常に大きいですね。


負担の理由の1つに、義理チョコにかかる費用があります。

仮に、500円のチョコレートを職場の同僚10人に配った場合は5,000円にもなります。

また、男性も「義理チョコのお返しが金銭的に辛い」「義理チョコは嬉しいけど、人数が多いと大変」という意見が非常に多いです。

特に、「義理チョコのお返しを倍返しで!」という場合もあるようで、「職場の人間関係に罅を入れたくないからお返しはするが、倍返しは正直辛いよ」と内心思っている人もいらっしゃるようです。

例えば、上司の方などは自分の部下から高価な品物を貰った場合、それ以上のお返しをしなくてはと意識する人もいますしね。

「自分の職場が義理チョコを配る習慣あるが、実は多くの人が嫌がっている」ということがあるかもしれません。


そもそも義理チョコを配る理由とは色恋沙汰ではなく、仕事上の感謝を相手に伝えるコミュニケーションの一環です。

つまり、義理チョコを人間関係が円滑になることを目的に用意するのなら、別に義理チョコに拘る必要はありません。

仲の良いグループ間でプライベートなパーティを開いて楽しんだり、女性陣がお金を出し合って職場の共有スペースにチョコレートを置き、誰でも自由に食べられるようにしている場合もあるようです。

これならチョコレートにかかる費用もあまり多くならずに、みんなで楽しくバレンタインを過ごせるのではないでしょうか?

個人に対する負担が大きくならないことは、義理チョコに対するハードルを下げてくれると思います。


ちなみに、職場の男女比率が著しく偏っている場合は、双方にとって負担が非常に大きくなるため歓迎されないこともあります。

義理チョコのお返しが貰えるとしても、金銭面の負担はやはり無視できない要素です。

スポンサーリンク

職場の義理チョコに対する本音とは

職場の女性たちの義理チョコに対する本音としては、「職場でお世話になっている人に感謝のために渡す」という方と「職場の人間関係を維持するために必要だから出費する」という2種類に別れています。

前者は非常にわかりやすいですね。

純粋に職場でお世話になっている人へのお礼です。


問題は後者で、「職場の皆がやっているから仕方なく」「義理チョコを配らないと、すでに配っている女性から文句を言われる」「義理チョコをあげないと拗ねる人がいる・嫌味を言ってくる人がいる」などが理由として挙げられます。

アルバイトのように、簡単にやめることが出来るならともかく、長い年月を務める職場での人間関係が拗れるようなことがないようにするための費用だと考えている人はかなり多いです。

中には「人間関係を義理チョコで買ってると考えると、安い」という人もいらっしゃいます。

しかし、ここまで来ると「仕事上の感謝を相手に伝えるコミュニケーションの一貫」ではなく、惰性で行われる負担ばかりが目立つ嫌な行事になってしまっています。

ツイッターなどで、「職場での義理チョコを配る習慣を思い切って廃止した。」という声も聞くことがあります。

頼りになる先輩や上司の方がいらっしゃるなら、思い切って相談してみるのも良いかもしれませんね。

義理チョコに対する男性の本音について

職場での義理チョコに対する男性の本音としては、半数以上が面倒くさいと考えています。

義理チョコを貰って嬉しいと思う反面、女性と同じようにお返しのための金銭面での負担が大きく辛いという方が多いようですね。

「義理チョコを貰うのは嬉しいけど、お返しをするのは面倒くさい」という、女性からすれば「ふざけんなよ」と言いたくなるような有様です。


ただ男性の場合、金銭面での悩みは珍しくありませんが、特定の女性から貰ったチョコに対する文句や不満などは出にくい傾向にあります。

「チョコ貰っただけど、これ安物すぎるだろ」とかですね。

ですので、女性の方が金額を抑えて安いチョコを配っても文句が出ることは本当に稀です。

そういう意味では、義理チョコに対するハードルが多少は下がるかもしれませんね。

バレンタインに関するその他の情報

バレンタインに関するその他の情報は、以下の記事にまとめています。

バレンタインで手作りチョコは嫌!?彼氏との仲を壊さないためには?

バレンタインでやってはいけないNG行為はこれ!彼氏が嫌がることを紹介

バレンタインでチョコ以外のプレゼントのおすすめや予算についてくわしく紹介

義理チョコの相場は職場だとどのくらいなのかや渡し方と注意点について

まとめ

所詮義理チョコではありますが、職場での人間関係を拗らせないように、義理チョコに対する認識を先輩に話を聞いておくと良いかもしれませんね。

お財布の負担になるばかりの行事にはしたくないものです。

スポンサーリンク