爪が割れることを予防する食べ物はこれ! | ごろん小路。

爪が割れることを予防する食べ物はこれ!

「爪が割れやすい」ことには食生活が関係していることをご存知でしょうか?

毎日の食事で必要な栄養を補給出来ない状態が続くと、爪の色が悪くなったり、脆くなってしまいます。

しかし、爪が割れることを防ぐためには、どういった食べ物を食べれば良いのか、よくわかりませんよね。

そこで今回の記事では、爪が割れることを予防する食べ物について、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

爪が割れることを予防する食べ物はこれ!

1・タンパク質を含む食材
人間の爪は皮膚が角質化したものです。

そのため、皮膚の健康に良い食べ物を食べることが、そのまま爪が割れることを予防することに繋がります。

その中でも最も効果が大きいのがタンパク質です。

爪はタンパク質で出来ているため、良質なタンパク質を摂取することで爪の健康を維持することが出来るわけですね。

また、タンパク質には「動物性」と「植物性」で含まれる栄養素が違うため、「動物性タンパク質」と「植物性タンパク質」の双方をバランスよく摂るのが理想的です。

タンパク質を含む食べ物としては、以下のものなどが挙げられます。

動物性タンパク質
牛肉・鳥肉・豚肉・卵・乳製品・アジ・イワシ・鮭

植物性タンパク質
大豆・大豆製品(豆腐・納豆など)・とうもろこし・枝豆

以上です。


2・ビタミンA、B群を多く含む食べ物
ビタミンAは、肌や爪の乾燥を防いでくれる栄養素です。

ビタミンB群は、摂取することにより細胞を活発化させる効果があるため、丈夫で健康な爪を育てることが出来ます。

また、ビタミンB群は水溶性ビタミンなので、尿と一緒に排出されやすいという特徴があります。

爪の健康維持に限らず、普段の食事でも積極的に摂取しておきたい栄養素ですね。

ビタミンA、B群を多く含む食べ物には、以下のようなものが挙げられます。

ビタミンA
人参やほうれん草などの緑黄色野菜・鶏レバー・豚レバー・ウナギ

スポンサーリンク

ビタミンB群
豚肉・豚レバー・ウナギ・玄米・ニンニク・ザクロ・人参やほうれん草などの緑黄色野菜

以上です。


3・亜鉛
亜鉛には、タンパク質の合成を助け、新陳代謝を活発にする効果があります。

新陳代謝が活発になることで爪が伸びやすくなるため、爪の健康維持に必要な栄養素になります。

また、亜鉛は現代日本人が不足しがちであり、さらに体内で保つことが出来ない栄養素であるため、亜鉛が多く含まれている食材を意識して摂取したいですね。

亜鉛を多く含む食べ物には、以下のようなものが挙げられます。

カシューナッツ・牡蠣・牛もも肉・豚肩ロース・パルメザンチーズ

以上です。


4・カルシウム
カルシウムには、メラニンを生成するメラノサイトを活性化させる働きがあります。

そして、メラニンは爪を艶のある丈夫な爪にしてくれる効果があります。

また、亜鉛と同じようにカルシウムは現代日本人が不足しがちな栄養なので、意識して摂取しておきたいですね。

カルシウムを多く含む食べ物には、以下のようなものが挙げられます。

乳製品・魚介類・大豆製品

以上です。

爪に関するその他の情報

爪が割れることを予防する食べ物はこれ!

子供の爪が割れやすい原因はこれ!応急処置方法も紹介

爪が割れやすい原因はこれ!予防する方法も紹介

爪が割れた時の対処方法で足の場合はこのやり方で!必要な道具も紹介

爪が割れた時の対処方法でおすすめのやり方はこれ!

まとめ

爪が割れてしまうと、仕事や日常生活に支障が出てしまうので本当に辛いですよね。

そのような状態を予防するために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク