登山中に野生の猿と遭遇した時の対処方法はこれ! | ごろん小路。

登山中に野生の猿と遭遇した時の対処方法はこれ!

「登山中に野生の猿」と出会ったらびっくりしてしまいます。

猿は人間を襲うこともあるため、対応を間違えると酷いことになってしまいます。

しかし、野生の猿へどういった対処をすれば良いのか、よくわかりませんよね。

そこで今回の記事では、登山中に野生の猿と遭遇した時の対処方法について、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

登山中に野生の猿と遭遇した時の対処方法はこれ!

1・冷静になる
いきなり野生の猿に遭遇してしまうと、恐怖心などからパニックになる場合があります。

しかし、あからさまに猿に怯えている態度をとってしまうと、猿に「こいつは自分よりも弱い」と判断される危険があります。

そうなると、猿が人間の手荷物などを奪うために襲いかかってくるなどの可能性が考えられます。

また、恐怖心からの行動は転倒や転落などの被害が生じる危険もありますからね。

そのため、まずは心を落ち着かせて冷静になり、猿に対して恐怖心を見せないよう堂々としていましょう。


2・猿を刺激しない
野生の猿と遭遇した時に大きな悲鳴を上げたり、背中を見せながら走って逃げることは絶対にやめましょう。

これらの行動は猿を強く刺激することになり、興奮させてしまいます。

場合によっては猿の攻撃目標と認識され、襲われる可能性もあります。

そのため、野生の猿と出会っても、大声を出したり、急いで逃げるなどの行動はやめておきましょう。

また、不用意に猿に近寄ることもやめておきましょう。

もちろん、猿を追い払うために石を投げたり、棒状のもので威嚇するなどの行為も厳禁です。


3・猿と目を合わせない
野生の猿と目を合わせることは危険です。

野生の猿は目を合わせると「威嚇された!」と考えるため、非常に攻撃的になってしまうからですね。

熊やイノシシなどと遭遇した場合、相手と目をそらさないことを推奨していますが、野生の猿の場合は逆効果になるので注意をしてください。

また、目を合わせることで威嚇されたと猿に認識されると、人が目線をそらしたときに不意に襲われることも起こります。

猿の動きは非常に素早いため、ほんの少しの隙きに攻撃を受けることが考えられます。

スポンサーリンク

その他にも、猿は群れで行動する生物であるため、登山中であれば複数の猿に同時に襲われる危険もあります。

そのため、猿とは目を合わせずに、背中を見せないようにして静かに、堂々と後ずさりしてその場から離れるようにしましょう。

猿を刺激せず、同時に「猿を恐れていない」という態度をとることが重要です。


4・猿を追いかけない
登山中にはあまりないことかと思いますが、野生の猿を興味本位で追いかけることはやめておきましょう。

猿が敵に追われていると認識し、人間へ攻撃を仕掛けてくる危険があるからですね。

上記にもあるように、群れでの攻撃を受ける可能性もあるので絶対にやめましょう。

もちろん、猿を威嚇したり、意思を投げたりなどの行為も厳禁です。

また、野生の猿は「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」によって守られていることに注意をしてください。

猿をいたずらに傷つけることは絶対にやめておきましょう。


5・猿にエサを与えない
野生の猿が物珍しいからと言って、手持ちの食料を与えることは絶対にやめてください。

というのも、猿は非常に賢い動物であるため、「袋などから食べ物が現れた」ことを見ていると、「袋を持っている人間は食べ物を持っている」と学習するからです。

その結果、猿がエサを求めて人間を襲撃するようになる可能性も考えられます。

また、猿の習性の中には「弱いモノが強いモノにエサを渡す制度」があります。

そのため、野生の猿に食べ物を与えると、自分は猿よりも弱いことを証明してしまうことになり、攻撃を受けやすくなってしまうことに注意をしてください。

登山中に出会ったらどうする?覚えておきたい猿の生態クイズ!

野生の猿に関するその他の情報

野生の猿から畑を守る対策方法はこれ!必要な道具も紹介

登山中に野生の猿と遭遇した時の対処方法はこれ!

野生の猿が家の近くに出没する時の対処方法はこれ!

野生の猿に遭遇した時の対処方法はこれ!

まとめ

登山中に野生の猿と遭遇してしまうと、本当に驚いてしまいますよね。

そのような事態を適切に解決するために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク