入れ歯安定剤が取れない時の対処方法はこのやり方で! | ごろん小路。

入れ歯安定剤が取れない時の対処方法はこのやり方で!

「入れ歯安定剤」は、入れ歯と歯ぐきをしっかりとフィットさせて入れ歯をずれにくくする効果があります。

しかし、この入れ歯安定剤が入れ歯に付着して上手く取れないことがあります。

快適かつ清潔に入れ歯を使用するためにも、余計な入れ歯安定剤は取り除きたいところです。

そこで今回の記事では、入れ歯安定剤が取れない時の対処方法について、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

入れ歯安定剤が取れない時の対処方法はこのやり方で!

1・入れ歯安定剤ふきとりドライシートを使う
ポリデントなどの入れ歯安定剤が入れ歯にしつこく残っている場合、入れ歯安定剤ふきとりドライシートを使うことで取り除くことができます。

入れ歯安定剤ふきとりドライシートとは、日常の入れ歯掃除の一部として使用することができるふきとりシートです。

破れにくい網目構造となっているため、入れ歯に残ったしつこい安定剤をしっかりと取り除くことができるわけですね。

掃除内容も「入れ歯の拭き掃除をする」だけなので、特別に手間ひまをかける必要がないことも良い点です。


2・入れ歯安定剤販売企業のサイトを確認する
入れ歯安定剤販を販売している企業のサイトには、入れ歯安定剤の使用方法などの情報が記載されています。

その情報の中には、入れ歯安定剤の取り除き方もあります。

そのため、この情報を閲覧して、入れ歯安定剤の適切な取り除き方を確認しておくと良いでしょう。

サイトによっては写真や動画などでわかりやすく紹介をしていることもありますからね。

ポリデントウェブサイト:よくある問い合わせ


3・入れ歯安定剤の用法と用量を守る
入れ歯安定剤が取れない原因の1つに、安定剤の用法・用量を守っていないことが挙げられます。

例えば、製品の定めている使用量を超える安定剤を使用しているなどですね。

こうなると、入れ歯に大量の安定剤が付着することになるため、取り除けないものが出てくる可能性があるわけです。

そのため、入れ歯安定剤の用法・用量はしっかりと守って使うようにしましょう。


4・入れ歯安定剤の種類を考える
入れ歯安定剤が入れ歯から取れない事態が度々発生する場合、使用している安定剤の種類を変えてみるというやり方もあります。

入れ歯安定剤には、「パウダータイプ」・「クリームタイプ」・「クッションタイプ」・「シートタイプ」などが販売されています。

スポンサーリンク

例えば、パウダータイプは粘着力があまり強くなく、また薄く着ける事が出来るため違和感が少ないことが特徴となります。

入れ歯安定剤が取れない原因の1つに、安定剤を使い慣れていないということが挙げられるからです。

そのため、「使用量が少なくても大丈夫なパウダータイプで練習をする」わけですね。

このように、入れ歯安定剤の特徴を理解した上で、自分に合ったものを使うことが、入れ歯安定剤が取れないといった事態を防ぐことにも繋がります。


5・熱湯を使わない
入れ歯安定剤が入れ歯から取れない時に、熱湯を使いたくなる人は多いかと思います。

しかし、入れ歯に熱湯をかけることは絶対にやめておきましょう。

熱によって入れ歯が変形してしまうことになるからですね。

入れ歯が口の中に合わなくなることはもちろん、入れ歯が複雑な形に変形してしまうと、入れ歯安定剤がさらに取り除きにくくなるからです。

そのため、入れ歯を洗う時はぬるま湯を使うようにしましょう。

ポリグリップ入れ歯安定剤 ラインアップ

入れ歯に関するその他の情報

入れ歯の掃除方法でおすすめのやり方はこれ!頻度についても紹介

入れ歯ケースはどこで売っているのか?携帯性が高いものを紹介

入れ歯に歯石が付くことがある!?除去方法についても紹介

入れ歯の寿命はどのくらいなのか?処分方法についても紹介

入れ歯安定剤が取れない時の対処方法はこのやり方で!

入れ歯掃除で超音波洗浄機は効果があるのか?おすすめの商品はどれ?

まとめ

入れ歯安定剤が上手に取れないと困ってしまいますよね。

そのような状態を改善するために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
Visited 7 times, 1 visit(s) today