入れ歯の寿命はどのくらいなのか?処分方法についても紹介 | ごろん小路。

入れ歯の寿命はどのくらいなのか?処分方法についても紹介

「入れ歯」は毎日の食事を美味しく食べるために必要な器具です。

そんな入れ歯ですが、自然歯とは違い寿命が存在します。

しかし、具体的に入れ歯の寿命はどの程度なのか、よくわかりませんよね。

また、寿命が過ぎた入れ歯を処分する方法についても知っておきたいところです。

そこで今回の記事では、

  • 入れ歯の寿命はどのくらいなのか?
  • 入れ歯の処分方法とは?

これらのことをお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

入れ歯の寿命はどのくらいなのか?

入れ歯の寿命は、「おおよそ3年から5年」ほどだとされてます。

これは、入れ歯の基礎をとなっている「床(しょう)」を構成している「レジン(歯科用プラスティック)」が、食べ物の熱や衝撃などによって経年劣化を起こしてしまうからですね。

もちろん、入れ歯の種類や使用状態、毎日のお手入れなどによって差が生じますが、目安としては3年から5年が基準となります。

毎日しっかりと入れ歯の手入れをしても、使っているうちに噛む面が擦り減って平らになっていくため、噛み合わせが悪くなるなどの悪影響が懸念されます。

そのため、入れ歯に不具合を感じていなくても、10年も20年も同じ入れ歯を使い続けることは止めた方が無難です。

あるいは、すでに何らかの問題が発生している場合は、すぐに歯科医院などを受診するようにしてください。

また、人間の口の中は加齢によって変化していくため、入れ歯に支障がなくても何らかの問題が生じる可能性もありますからね。

ですので、まだ残っている健康な歯や口周りの安全のためにも、寿命を超えてしまったり、違和感を感じる入れ歯は新しいものと交換するようにしましょう。

自力での判断が難しい場合は、歯科医院などに相談をすると良いでしょう。

入れ歯の処分方法とは?

使わなくなった入れ歯を処分する場合、適切な方法で処分する必要があります。

そのため、入れ歯を捨てる前に、その処分方法が正しいかを考えることが大切です。


1・自治体の回収に出す
不要になった入れ歯を自治体のゴミ回収に出す場合、まずは各自治体のゴミの捨て方に関するルールを確認するようにしてください。

スポンサーリンク

例えば、可燃ゴミに分別するところもあれば、不燃ゴミに分別するところもありますからね。

また、入れ歯には様々な種類の素材が使われているため、分解してからでないとゴミとして処分できない自治体もあることに注意をしてください。

こういった問題を回避するためにも、まずはルールを確認するようにしましょう。

ルール確認後は、そのルールに従って入れ歯を処分すれば大丈夫です。


2・回収ボックスに入れる
自治体にもよりますが、入れ歯の回収ボックスを設置しているところがあります。

ボックスまで入れ歯を持っていけば、そのまま入れ歯を入れて処分することができるわけですね。

注意点としては、「金属のついていない入れ歯は回収できない」などのルールが存在する可能性があることです。

入れ歯を処分する前に、そういったルールの確認をしておくようにしましょう。


3・寄付する
実は、入れ歯は寄付することで処分することもできます。

入れ歯には様々な金属が使用されており、これらの金属を寄付する形になるわけですね。

入れ歯の寄付は、主にNPO法人などが行っているため、こういった団体に電話相談をしてみると良いでしょう。

NPO法人 日本入れ歯リサイクル協会

入れ歯に関するその他の情報

入れ歯の掃除方法でおすすめのやり方はこれ!頻度についても紹介

入れ歯ケースはどこで売っているのか?携帯性が高いものを紹介

入れ歯に歯石が付くことがある!?除去方法についても紹介

入れ歯の寿命はどのくらいなのか?処分方法についても紹介

入れ歯安定剤が取れない時の対処方法はこのやり方で!

入れ歯掃除で超音波洗浄機は効果があるのか?おすすめの商品はどれ?

まとめ

入れ歯を処分する際は、正しい方法で処分したいところです。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク