深爪を予防するおすすめの方法はこれ! | ごろん小路。

深爪を予防するおすすめの方法はこれ!

「深爪」になると痛みが継続的に続いて不快ですよね。

深爪になることを予防したいものですが、具体的な方法がわからないと悩んでしまいます。

また、深爪予防に必要な道具なども知っておきたいところです。

そこで今回の記事では、深爪を予防するおすすめの方法について、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

深爪を予防するおすすめの方法はこれ!

1・正しい生活サイクルを構築する
爪に限らず、健康状態を維持するためには正しい生活サイクルを構築することが重要になります。

規則正しい睡眠時間と、栄養豊富な食事を安定して摂取するようにしましょう。

こうすることで、爪を健康な状態に維持して、深爪になりにくくすることができます。

女性の場合は、過度なダイエットなどによる爪への悪影響もある可能性も考えられます。

また、「ストレスによって爪を噛む」などの癖がある方の場合でも、生活環境を整えることでストレス軽減に繋がる可能性もあります。


2・正しい方法で爪を切る
爪切りで爪を切る場合、正しい方法で切らないと深爪の原因となることがあります。

例えば、爪の形全体が三角状になるように切ってしまうと、内側に巻いて巻爪になってしまうなどですね。

そのため、爪は正しい方法で切るようにしましょう。

爪の正しい切り方としては、

1・伸びた爪を正面からまっすぐ横にカット
2・その後、爪の両端を少しだけカット
3・爪が当たる部分が鋭利にならないよう、端を爪ヤスリでなめらかに整える
4・完成!

以上です。

また、爪を切る際はお風呂上がりが最適です。

温かいお湯によって爪が柔らかくなっているため、力を入れなくても切りやすいためですね。


3・爪を保湿ケアする
爪が乾燥した状態だと、爪の健康状態が悪くなり傷みやすくなってしまいます。

最悪、衝撃などにより爪が折れるといった事態も起こることが懸念されます。

そこで、爪の保湿ケアを行うことで、爪が綺麗に伸びやすい状態を作ることができるようになります。

この効果により、深爪になりにくい健康的な爪を育てることができるわけですね。

スポンサーリンク

具体的な方法としては、ネイルオイル(キューティクルオイル)、またはネイル美容液で爪の保湿をこまめに行っていきます。

また、その際の注意点としては、

1・爪の根元を保湿する
2・爪の裏側部分を保湿する
3・爪の表面を保湿する

以上のポイントに注意をして、保湿ケアを行っていくと良いでしょう。

2番目の「爪の裏側部分を保湿する」というのは、皮膚と爪の間のことを指しています。

指の先端側からオイルや美容液を垂らし込むようにすれば大丈夫です。


4・爪をコーティングする
爪の表面をベースコートでコーティングすることにより、爪を強化することができます。

コーティングにより爪が頑丈になるので、外部からの衝撃によって爪が割れにくくなるわけですね。

また、弱った爪の強化する専用のベースコートも販売されており、一般的なポリッシュを塗る前に使われるベースコートを使っても大丈夫です。

注意点としては、ベースコートを塗る前にティッシュなどで油分をしっかりと拭き取ることです。

こうすることでコーティングが行いやすくなります。


5・ジェルネイルで爪を保護する
もしも、深爪の理由が「噛み癖・むしり癖」である場合は、ジェルネイルを施すことでそういった癖を予防することができる可能性があります。

ジェルネイルを施した爪は厚みが増し、必然的に爪を噛みちぎったり、むしったりという行為が行いにくくなりますからね。

単純に爪を補強することもできるため、外部からの衝撃によって爪が割れにくくもなります。

注意点としては、ジェルネイルを施術する際は、自爪に疾患がない状態で行ってください。

すでに爪に炎症や変形などの症状がある場合は、専用の深爪矯正サロンや形成外科・皮膚科を受診するようにしましょう。

爪きり 新発想ツメキリ 爪きり 飛び散らない 収納ケース付き 爪きり やすり付き 爪切り セット「爪切りとヤスリが一体化したタイプではない」

深爪に関するその他の情報

深爪を予防するおすすめの方法はこれ!

猫の爪切りで血が出た時の対処方法はこれ!深爪予防方法も紹介

深爪の痛みを和らげるおすすめの方法はこれ!対策方法も紹介

深爪が痛い原因はこれ!対処方法も紹介

まとめ

深爪になると痛みが生じて仕事などが行いにくくなるので辛いですよね。

そんな深爪を予防するために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク