歯石を自分で取るのは大丈夫?安全な取り方とは? | ごろん小路。

歯石を自分で取るのは大丈夫?安全な取り方とは?

「歯石」は毎日歯磨きをしていても、いつの間にかこびりついているものです。

歯石は非常に硬いため、柔らかい歯ブラシでは取り除くことはできません。

そのため、歯石除去用の道具が販売されているわけですが、歯石を自分で取り除いても大丈夫なのかと悩むことがあります。

そこで今回の記事では、

  • 歯石を自分で取るのは大丈夫?
  • 歯石の安全な取り方とは?

これらのことをお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

歯石を自分で取るのは大丈夫?

結論から言えば、歯石を自分で取るのはリスクが伴います。

というのも、歯石は「細菌の化石」と呼ばれることがあるほど固いものです。

これは歯の表面にできた細菌の塊(プラーク=歯垢)が、唾液中のミネラル分とくっついて石のように硬くなった(石灰化)からですね。

そのため、歯磨きで使う歯ブラシのような柔らかいものでは歯石を取り除くことはできません。

ではどうするのかと言うと、スケーラーといった金属製の道具を使用することになります。

スケーラーは刃物であり、固い歯石を歯から削り落とすことを可能とします。

しかし、歯医者さんのようにスケーラーの使用に習熟している人間であれば良いのですが、そうでない素人だと歯や歯茎を傷つける・出血させる可能性が高いです。

歯そのものに傷がついてしまうと、当然様々なトラブルの原因となるため、注意をする必要があります。

歯石の安全な取り方とは?

歯石の安全な取り方とは「歯医者を受診すること」になります。

前章にもあるように、歯石を取るためには専用の道具が必要となるため、そういった道具を扱いなれていない人間が歯石を取ることはリスクを伴うからです。

その他にも、中途半端に残った歯石は凸凹した表面となるため、さらに歯石が付着しやすい状態となることもあります。

スポンサーリンク

そのため、歯石除去に習熟した技術と知識、道具を揃えることができる歯医者を受診することが安全というわけですね。

また、歯石を取り除くことができる道具として市販されている「スケーラー」ですが、歯医者さんによっては超音波タイプのスケーラーが存在する場合もあります。

超音波スケーラーは、キーンという音と同時に水が出る機械のことですね。

機械(超音波)の力で歯石を取っていくため効率が良く、人力では届かない部分までしっかり歯石を取ることができます。

こちらの機材を使った歯石除去だと、歯に傷が付きにくいという特徴もあります。

ちなみに、歯石の付着量などによっては通院が数回必要になることもあります。

ですので、受診する歯医者さんとしっかりと相談・確認を行うようにしてください。

NONIO(ノニオ) [医薬部外品] マウスウォッシュ クリアハーブミント 洗口液 セット 600ml +ミニリンス80ml

クリアクリーン デンタルリンス ホワイトニング アップルミント 薬用液体ハミガキ 600ml [医薬部外品]

歯石に関するその他の情報

歯石は口臭の原因になる?除去すれば改善するのか?

歯に歯石ができやすい人の特徴とは?できやすい場所も紹介

歯石取りの頻度はどのくらい?痛いのかや取れた後に起こる変化とは?

歯石を自分で取るのは大丈夫?安全な取り方とは?

歯石と歯垢の違いとは?歯磨き粉を使って自分で取れるのか?

歯石ができる原因とは?対策方法や除去についても紹介

歯石とは何か?放置するとどうなる?

まとめ

歯石を自分で取り除くことは様々なリスクを伴います。

歯の健康は一生のものですから、安全に配慮して歯医者さんを利用した方が無難でしょう。

スポンサーリンク