えいようかんとは何なのか?栄養成分やどこで買えるのかも紹介 | ごろん小路。

えいようかんとは何なのか?栄養成分やどこで買えるのかも紹介

「えいようかんって何?」

防災関係の情報を見聞きしていると、えいようかんという単語を知る機会があります。

しかし、えいようかんとは実際にどんなものなのか、よくわかりませんよね。

また、何処で買えるのかについても知っておきたいところです。

そこで今回の記事では、

  • えいようかんとは何なのか?
  • えいようかんの栄養成分はこれ!
  • えいようかんはどこで買えるのか?

これらのことをお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

えいようかんとは何なのか?

「えいようかん」とは、文字通り羊羹のことですね。

ただ、普通の羊羹とは違い、賞味期限が非常に長く、栄養価の高い羊羹になります。

あずきバーを作っていることで有名な井村屋が販売しており、長期保存が可能な保存食としても、羊羹としても美味しい商品です。

5年以上の長期保存にも耐えることができるから驚きですよね。

原材料は砂糖・生あん・水あめ・寒天と非常にシンプルなものとなっており、登山やスポーツ時のカロリー補給や災害時の保存食として最適です。

とくに、えいようかん1本・60グラムでカロリーは171kcalもあるため、手軽にカロリー補給ができる羊羹というわけです。


また、通常のえいようかんとは別に、チョコレートの風味の「チョコえいようかん」も販売されています。

こちらは賞味期限が3年3ヶ月と短いですが(それでも長い!)、1本あたりのカロリーは200kcalとなっているほか、カルシウムやブドウ糖も含まれているため、スポーツのときの栄養補給に最適なものとなっています。

えいようかんの栄養成分はこれ!

通常のえいようかんの栄養成分は、以下のようなものとなっています。

えいようかん1本60gあたり
1・エネルギー……171kcal
2・タンパク質……1.9g
3・脂質……0.1g
4・炭水化物……40.7g
5・ナトリウム……2mg

以上です。

スポンサーリンク

前章にもあるように、原材料は砂糖・生あん・水あめ・寒天とシンプルなものとなっています。

また、えいようかんはアレルギー対応非常食でもあります。

特定原材料等27品目不使用となっているため、食物アレルギーの方でも食べやすい製品だと言えるでしょう。

そのため、災害時などの緊急事態では食べられるものが限定されてしまうため、えいようかんが非常に便利な保存食として使用することができます。

えいようかんはどこで買えるのか?

「えいようかんが買いたいけど、どこで売っているの?」と思う方は多いのではないでしょうか?

実際、筆者はよく行くスーパーやコンビニでえいようかんを見かけたことはありません。

えいようかんを販売している可能性が高い店舗としては、災害時の非常食といった防災用品を販売しているお店です。

例えば、東急ハンズなどですね。

注意点としては、お店の規模によっては、えいようかんの在庫が切れていることもあるので、あらかじめ電話で確認をしておくと良いでしょう。

あるいは、インターネット上においては、井村屋のオンラインショップやAmazonなどで購入可能となっています。

「家の近くに東急ハンズがない!」といった方の場合は、通販を利用した方が便利かと思います。

えいようかんを探してあちこちスーパーやドラッグストアを回るのは無駄が多いですしね。

井村屋えいようかん販売ページ

Amazon:井村屋 えいようかん

まとめ

災害発生時といった非常事態のような状況には、非常食などの備蓄があると安心できますよね。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク