ドライヤーの音がうるさい原因とは?静かにする方法とは? | ごろん小路。

ドライヤーの音がうるさい原因とは?静かにする方法とは?

「ドライヤー」は必須と言える家電製品の1つです。

そんなドライヤーですが、ドライヤー使用時の音がうるさいと悩む方は多いのではないでしょうか?

騒音問題は大きなトラブルに繋がる可能性があるため、不安になってしまいますよね。

そこで今回の記事では、

  • ドライヤーの音がうるさい原因とは?
  • ドライヤーの音を静かにする方法とは?

これらの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク
  

ドライヤーの音がうるさい原因とは?

ドライヤーの音がうるさい原因には、いくつかの可能性が考えられます。

具体的な原因としては、

1・パーツが劣化している
2・ゴミが溜まっている
3・実は異音、うるさい音ではない

以上です。

1番目の「パーツが劣化している」とは、ドライヤーのモーターなどのパーツが経年劣化や外部からの衝撃で破損していることを指しています。

ドライヤーは毎日使う家電製品であるため、それそのものが消耗品になります。

そのため、送風するためのモーターなどは使用に伴って劣化しますし、床に落とすなどして外部から強い衝撃を受けると、それがパーツを破損させることもあります。

そうすると、ドライヤーのパーツが正常に稼働しなくなり、異常な騒音を発生させることがあるわけですね。

また、一般的に、ドライヤーの寿命は「3~4年」ほどだとされています。

この期間を超えると、経年劣化によるパーツの損耗による影響が大きくなるので、異常な騒音などの問題が発生しやすくなると言えます。


2番目の「ゴミが溜まっている」とは、ドライヤーの内部に埃や髪の毛などが溜まってしまっている状態のことです。
一般的に、ドライヤーは本体後部にある「吸込口」から空気を吸込み、ヒーターの発熱を利用して温風を「吹出口」から送風する仕組みとなっています。

この仕組のため、空気を吸込む際に空気中の埃なども一緒に吸込んでしまいやすいのです。

日常的に使う頻度が高いドライヤーは内部に埃や髪の毛などが溜まりやすく、なおかつ掃除の方法がわからないとそのまま放置してしまうことが多いということも珍しくありません。

その結果、ゴミによって送風がうまく行われず、ドライヤーから異常な騒音が発生することがあります。


最後の「実は異音、うるさい音ではない」とは、ドライヤー製品の中には、異音を発生させる機能があるタイプがあります。

スポンサーリンク

そういったドライヤーの場合、イオンを発生させる際にジーという放電音が聞こえることがあります。

そのため、実は異音や騒音ではないという可能性があるわけですね。

ドライヤーの音を静かにする方法とは?

残念ながら、ドライヤーの音そのものを静かにすることは難しいです。

そのため、防音性が高い部屋でドライヤーを使ったり、静音性能が高いドライヤーを購入したりといった方法になるかと思います。

あるいは、壁に貼り付けるタイプの防音シートが役立つかもしれません。

また、ドライヤーの音が異常に大きいなどの症状が現れている場合は、寿命である可能性があるため、買い替えを検討した方が良いでしょう。

ドライヤーが不調のまま使い続けると、煙を吐いたり、発火したりといったことが懸念されるからですね。

大建工業(Daiken) 遮音用下地シート 遮音シート940SS GB03053 本体: 奥行1000cm 本体: 高さ0.12cm 本体: 幅94cm

ドライヤーに関するその他の情報

ドライヤーで髪をどれくらい乾かすべきか?乾かしすぎるとどうなる?

ドライヤーの寿命は何年?長持ちさせる方法とは?

ドライヤーの音がうるさい原因とは?静かにする方法とは?

ドライヤーが故障する原因とは?症状や直し方は?

ドライヤーの正しい収納方法とは?熱いままで保管は大丈夫?

ドライヤーの寿命はどれくらい?焦げ臭いことや危険は?

ドライヤーが臭い原因とは?掃除方法は?

ドライヤーの風は汚い?掃除方法で簡単なやり方とは?

まとめ

ドライヤーの音が異様にうるさい場合、何らかの異常が生じていることが懸念されます。

安全面などからも、それ以上の使用はやめておいた方が無難かと思います。

スポンサーリンク