ドライヤーの正しい収納方法とは?熱いままで保管は大丈夫? | ごろん小路。

ドライヤーの正しい収納方法とは?熱いままで保管は大丈夫?

「ドライヤー」は毎日使う家電製品ですが、その収納方法に悩むことがあります。

とくに、ドライヤーを使用直後は非常に熱い状態ですから、家具などを傷めないか心配ですよね。

そこで今回の記事では、

  • ドライヤーの正しい収納方法とは?
  • ドライヤーを収納する時熱いままでも大丈夫?
  • ドライヤーの保管方法は?

これらの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク
  

ドライヤーの正しい収納方法とは?

ドライヤーを適切に収納したい場合、まずはドライヤーの取扱説明書を確認することをおすすめします。

多くの場合、取扱説明書には製品の使用方法や機能説明のほかに、取扱い上の注意事項や収納方法などが記載されているからですね。

製品の取扱説明書の収納方法が確認できれば、それが一番確実です。

あるいは、何らかの理由により、手元にドライヤーの取扱説明書がない可能性もあるかと思います。

そういった時は、メーカーがインターネット上に製品の取扱説明書を公開していることがあるので、それをチェックすれば大丈夫です。

ドライヤーのパーツ表面にメーカーの名前や型番が記載されている可能性があるので、そういった情報を元にインターネットで検索をすれば、製品の取扱説明書を見つけることができるかと思います。


また、一般的なドライヤーの収納方法では、以下のようなやり方が挙げられます。

1・フックを使ってドライヤーを引っ掛ける
2・ドライヤーホルダーを使って収納する
3・収納扉の内側に納める
4・カゴやボックスに入れる

以上です。

ほとんどのドライヤーには、フックに引っ掛けるためのパーツがあるので、それを活用するのが簡単かと思います。
あるいは、専用のドライヤーホルダーがあれば、それを使うやり方でも良いですね。

また、鏡の扉の裏や洗面台下などの収納部分にドライヤーを納めるという方法もあります。

ドライヤーの姿が見えても問題ないという方の場合は、カボやボックスにドライヤーをそのまま入れておくという方法もあります。


注意点としては、ドライヤーの電源コードを誤った方法で収納しないことです。

例えば、「ドライヤー本体にコードを巻きつける」・「コードをきつく結ぶ」などの収納方法は、コードを傷めてドライヤーの寿命を縮めてしまう可能性があります。

場合によっては発火などの危険も発生することもあるので、やめておきましょう。

ドライヤーを収納する時熱いままでも大丈夫?

ドライヤーを使い終わった直後は、吹出口付近やドライヤー本体に熱が残っています。

スポンサーリンク

とは言え、前章などにあるような収納方法であれば、熱されたドライヤーが他のものに当たることはあまりないでしょう。

また、心配であれば、タオルを間に挟んだりするなどで対処すれば大丈夫かと思います。

あるいは、高熱の影響で変形するおそれがある物がある場合は、ドライヤーが冷めてから納めるようにしましょう。

例えば、家族が連続してドライヤーを使うと、ドライヤー本体が非常に高温になりますからね。

気になる場合は、ドライヤーを冷風にしてしばらく使ってから電源を切ると良いでしょう。

ドライヤーの保管方法は?

何らかの理由によりドライヤーを長期間使用しない場合は、元々製品が収められていた箱に収納すれば大丈夫です。

また、取扱説明書にも、長期間使用しない場合の保管方法が記載されていることがありますので、確認をしておくことをおすすめします。

スタイリッシュ マイナスイオンヘアードライヤー

ドライヤーに関するその他の情報

ドライヤーで髪をどれくらい乾かすべきか?乾かしすぎるとどうなる?

ドライヤーの寿命は何年?長持ちさせる方法とは?

ドライヤーの音がうるさい原因とは?静かにする方法とは?

ドライヤーが故障する原因とは?症状や直し方は?

ドライヤーの正しい収納方法とは?熱いままで保管は大丈夫?

ドライヤーの寿命はどれくらい?焦げ臭いことや危険は?

ドライヤーが臭い原因とは?掃除方法は?

ドライヤーの風は汚い?掃除方法で簡単なやり方とは?

まとめ

ドライヤーを使った後は、適切な収納方法で管理したいですね。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク