ブロッコリーの茹で時間はどのくらい?栄養が逃げない茹で方とは? | ごろん小路。

ブロッコリーの茹で時間はどのくらい?栄養が逃げない茹で方とは?

「ブロッコリー」を調理する際、茹でる時間や簡単な茹で方がわからずに困ることがあります。

また、ブロッコリーの栄養を逃さない茹で方も気になりますよね。

そこで今回の記事では、

  • ブロッコリーの茹で時間はどのくらい?
  • ブロッコリーの栄養が逃げない茹で方とは?

これらの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク
  

ブロッコリーの茹で時間はどのくらい?

結論から言えば、ブロッコリーの茹で時間は「2~3分」ほどになります。

ブロッコリーの茹で時間は茹でるブロッコリーの大きさによって多少異なり、ブロッコリーが小さめなら2分、大きめなら3分が目安となります。

ブロッコリーは少しの茹で時間の差で柔らかくなりすぎたり、芯が残ったままになるので、茹でる時間には注意をしておきたいですね。

また、ブロッコリーの茎は小房(カサの部分)より固く火が通りにくいので、やや長めの茹で時間が必要になることに注意をしてください。

例えば、茎の部分は小房より30~1分ほど早く鍋に投入し、茹で上がりが同時になるようにすると良いでしょう。

そして、ブロッコリーが茹で上がったら、そのまま常温で水切りをしましょう。

ザルなどの上にブロッコリーを置いておけば、自然と水切りができるのでおすすめです。

注意点としては、茹で上がったブロッコリーを水で洗うと、洗うための水分を吸収してしまい、食べた時に水っぽくなるので気をつけておきましょう。

ブロッコリーの栄養が逃げない茹で方とは?

ブロッコリーの栄養が逃げない茹で方には2種類のやり方があり、それぞれ「蒸し茹で」と「電子レンジ加熱」になります。

まず、「蒸し茹で」ですが、これはフライパンを使った茹で方になります。

具体的な茹で方の手順としては、

1・小房に分けたブロッコリーをフライパンに並べる
2・塩をひとつまみを振る
3・1カップ程度の水をフライパンに入れる
4・ふたをして強火で約3分加熱
5・完了!

以上です。

スポンサーリンク

フライパンの大きさにもよりますが、料理に使用するブロッコリーを栄養満点のまま素早く用意することができます。

また、蒸し茹でをした後は、前章にもあるように常温で水切りをしましょう。


次の「電子レンジ加熱」ですが、これはその名前の通り電子レンジを使った方法になります。

具体的な電子レンジ加熱の手順としては、

1・小房に分けたブロッコリーを耐熱皿や耐熱ボウルに入れる
2・水大さじ1~2をかける
3・600Wの電子レンジで3~4分加熱する
4・完了

以上です。

また、電子レンジの加熱時間を調整することで、ブロッコリーの食感を多少調整することができます。

ブロッコリーの加熱時間が3分であれば、適度に食感が残ることになります。

サラダのように野菜の食感を楽しむ場合におすすめですね。

ブロッコリーの加熱時間が4分であれば、上記のものよりも若干柔らかい状態となるため、小さい子どもが食べる場合などに役立ちます。

さらに、加熱時間が5分を超えれば、箸やスプーンを使って蕾の部分が簡単に潰せる程度に柔らかくなります。
離乳食のような柔らかい料理を作る際はおすすめです。

チータムソルト Cheetham Salt 南の極み 天日塩 さらさら小粒 500g [塩]

ブロッコリーに関するその他の情報

ブロッコリーの茹で時間はどのくらい?栄養が逃げない茹で方とは?

ブロッコリーの洗い方で簡単な方法とは?洗わないで茹でるのは大丈夫?

ブロッコリーの茹で方とは?茹でた後はどうする?

ブロッコリーには虫が大量にいる?落とし方とは?

ブロッコリーの見分け方や選び方とは?色の違いは?

まとめ

結論から言えば、ブロッコリーの茹で時間は「2~3分」ほどになります。

ブロッコリーの茹で時間は茹でるブロッコリーの大きさによって多少異なり、ブロッコリーが小さめなら2分、大きめなら3分が目安となります。

また、ブロッコリーの栄養が逃げない茹で方には2種類のやり方があり、それぞれ「蒸し茹で」と「電子レンジ加熱」になります。

スポンサーリンク