メロンを切った後の賞味期限はいつまで?保存方法とは? | ごろん小路。

メロンを切った後の賞味期限はいつまで?保存方法とは?

「メロン」は夏が旬の果物ですが、丸々一個を一度に食べることは難しいですよね。

そうなるとメロンを切ることになるのですが、切った後の賞味期限がいつまでなのか気になるところです。

また、メロンを切った後の保存方法も同様です。

そこで今回の記事では、

  • メロンを切った後の賞味期限はいつまで?
  • メロンを切った後の保存方法とは?

これらの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク
  

メロンを切った後の賞味期限はいつまで?

結論から言えば、切ったメロンの賞味期限は「冷蔵庫で保存して2~3日」程度になります。

しかし、メロンに限らず、切った果物は急激に品質が劣化していきます。

そのため、「2~3日はもつから大丈夫」とは考えず、できるだけ早く食べるようにした方が良いでしょう。

また、メロンを冷凍することでさらに長い期間日持ちさせることができますが、風味や味が落ちてしまうのであまりおすすめできません。

どうしても、メロンを短期間のうちに食べることが難しい場合のみ、冷凍保存をすると良いかと思います。

ちなみに、切った後のメロンを追熟させることが難しい点に注意をしておきましょう。

一般的に、メロンを追熟させたい場合は、丸ごと切らないそのままの状態で追熟させるという形になります。

メロンを切った後の保存方法とは?

メロンを切った後の保存方法としては、以下のようなものが挙げられます。

1・メロンの種と接触していた果肉部分を薄く取り除く
2・メロンをしっかりとラップで包む
3・お皿などに載せて、冷蔵庫に入れる
4・完了

以上です。

この状態のメロンであれば、前章にあるように「2~3日」程度の保存が可能になります。

ただ、メロンがたくさん余っていて、2~3日ではとても食べ切れないという場合もあるかと思います。

そういった時は、メロンを冷凍保存することで対処できます。

メロンを冷凍保存する場合、以下のような方法があります。

スポンサーリンク
1・メロンの種と皮を取り除く
2・メロンを食べやすい大きさに切る
3・切ったメロンをフリーザーバッグに入れる
4・フリーザーバッグを冷凍庫へ入れる
5・完了

以上です。

コツとしては、フリーザーバッグになるべく空気を入れない、そしてメロンがバラバラになりやすいように広げておくことです。

冷凍状態のメロンであれば、3週間ほどは保存することが可能となります。

また、メロンを解凍する場合は、冷凍庫から取り出して10~30分ほど常温の場所に置きましょう。

これでメロンが丁度良い固さ、半解凍状態になります。

ただ、夏のように気温が高い環境だと、この時間が早くなることもあるため、そこは適宜様子を見るようにしてください。

あるいは、冷蔵庫内でゆっくりと解凍させるという方法もあります。

ジップロック Ziploc フリーザーバッグ M 大容量品 45枚入

メロンに関するその他の情報

メロンにカビが生えても食べられる?カビの原因とは?

メロンの追熟方法とは?熟すには何日必要?

メロンのアレルギー症状とは?対処方法は?

メロンの保存方法とは?半分の場合や常温保存はできる?

メロンの見分け方や選び方のコツとは?食べ頃はいつ?

メロンを切った後の賞味期限はいつまで?保存方法とは?

メロンの食べ頃が過ぎたものは食べられる?調べ方とは?

まとめ

メロンを切った後の保存方法としては、以下のようなものが挙げられます。

1・メロンの種と接触していた果肉部分を薄く取り除く
2・メロンをしっかりとラップで包む
3・お皿などに載せて、冷蔵庫に入れる
4・完了

以上です。

また、メロンの量が多い場合は冷凍保存がおすすめです。

メロンを冷凍保存する場合、以下のような方法があります。

1・メロンの種と皮を取り除く
2・メロンを食べやすい大きさに切る
3・切ったメロンをフリーザーバッグに入れる
4・フリーザーバッグを冷凍庫へ入れる
5・完了

以上です。

スポンサーリンク
Visited 5 times, 1 visit(s) today