メロンの食べ頃が過ぎたものは食べられる?調べ方とは? | ごろん小路。

メロンの食べ頃が過ぎたものは食べられる?調べ方とは?

「メロン」を購入した時に食べ頃がよく分からず、困ることがありますよね。

メロンはバナナなどと同じく追熟を必要とする果物なので、一番美味しい状態で食べたいものです。

そのためには、メロンの食べ頃を把握するための調べ方が必要になります。

そこで今回の記事では、

  • メロンの食べ頃が過ぎたものは食べられる?
  • メロンの食べ頃の調べ方とは?

これらの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク
  

メロンの食べ頃が過ぎたものは食べられる?

食べ頃が過ぎたメロンが食べられるかどうかは、腐ったメロンに現れる特徴をチェックすれば大丈夫です。

つまり、メロンが腐っていなければ食べても大丈夫であるわけですね。

メロンが腐ると、以下のような特徴が現れる可能性があるのでチェックをしておきましょう。

1・腐敗臭がする
2・果肉がどろどろに溶けている
3・種が黒く変色している
4・酸っぱい味がしたり、舌がピリピリと痺れる

以上です。

1番目の「腐敗臭がする」はそのままですね。

メロンをはじめ、食べ物が腐ると生ゴミのような腐敗臭が発生します。

そのため、まずはメロンから発せられる異臭の有無が、問題なく食べられるかどうかの判別材料となるわけですね。

メロンの外観に変化が少なくても、この腐敗臭でわかるという場合は多いので役に立つかと思います。


2番目の「果肉がどろどろに溶けている」とは、指で押すとメロンの皮が大きく変形するほど柔らかくなっていることを指しています。

メロンは熟していくと柔らかくなっていく果物なのですが、この熟成が進みすぎると腐敗となってしまいます。

例えば、バナナなどがわかりやすいですが、熟しているけれど腐るまで後一歩という果物の状態は珍しくありません。

そのため、切ったメロンの果肉がどろどろに溶けている、指で押すとメロンの皮が大きく変形するほど柔らかくなっている場合は、そのメロンを食べることは避けた方が良いでしょう。


3番目の「種が黒く変色している」とは、メロンの傷み方に理由があります。

メロンの種は傷み始めると黒く変色するという特徴があり、その後、上記にあるように果肉が柔らかくなりどろどろの状態となっていきます。

そのため、メロンを切った時に種の状態を確認しておくと、そのメロンが傷んでいるかどうかを知ることができます。


最後の「酸っぱい味がしたり、舌がピリピリと痺れる」はそのままですね。

メロンに限らず、食べ物が腐ると味が大きく変わることが多いです。

その中でも酸っぱい味がする場合は、その食べ物が傷んできている可能性が高いです。

スポンサーリンク

また、腐りつつある果物は自らを守るために二酸化炭素を排出することがあるそうで、これが舌がピリピリと痺れることの正体だと言われています。

そのため、通常では考えにくいような味のメロンを食べることは避けた方が無難でしょう。

メロンの食べ頃の調べ方とは?

メロンの食べ頃を調べる場合、いくつかのポイントを把握しておけば大丈夫です。

具体的なポイントとしては、以下のようなものが挙げられます。

1・ヘタが細く、萎れている
2・果皮がやや黄色い
3・おしりが指でヘコむ様な柔らかさである
4・メロンを叩くとくもったような鈍い音がする
5・甘さを含んだ香りを放つ

以上です。

これらの特徴が当てはまるメロンであれば、丁度良い食べ頃となっている状態です。

また、スーパーなどの店頭でそのメロンが食べ頃かどうかを判断する場合は、全体の色のバランスが取れているかをチェックすると良いでしょう。

メロン全体が均整の取れた色合いであれば、そのメロンは食べ頃と判断できます。

メロン 完熟 高級 徳秀A ※野菜ソムリエ監修メロン 熨斗対応可能 1玉 約1~1.3kg (クインシーメロン(赤肉))

メロンに関するその他の情報

メロンにカビが生えても食べられる?カビの原因とは?

メロンの追熟方法とは?熟すには何日必要?

メロンのアレルギー症状とは?対処方法は?

メロンの保存方法とは?半分の場合や常温保存はできる?

メロンの見分け方や選び方のコツとは?食べ頃はいつ?

メロンを切った後の賞味期限はいつまで?保存方法とは?

メロンの食べ頃が過ぎたものは食べられる?調べ方とは?

まとめ

食べ頃が過ぎたメロンが食べられるかどうかは、腐ったメロンに現れる特徴をチェックすれば大丈夫です。

メロンが腐ると、以下のような特徴が現れる可能性があるのでチェックをしておきましょう。

1・腐敗臭がする
2・果肉がどろどろに溶けている
3・種が黒く変色している
4・酸っぱい味がしたり、舌がピリピリと痺れる

以上です。

また、メロンの食べ頃を調べる場合、いくつかのポイントを把握しておけば大丈夫です。

具体的なポイントとしては、以下のようなものが挙げられます。

1・ヘタが細く、萎れている
2・果皮がやや黄色い
3・おしりが指でヘコむ様な柔らかさである
4・メロンを叩くとくもったような鈍い音がする
5・甘さを含んだ香りを放つ

以上です。

スポンサーリンク