メロンの追熟方法とは?熟すには何日必要? | ごろん小路。

メロンの追熟方法とは?熟すには何日必要?

「メロン」は高級フルーツの1つとして有名です。

そんなメロンですが、メロンの追熟方法についてよくわからず、悩む方は多いのではないでしょうか?

メロンはバナナなどと同じく追熟が必要な果物なので、食べ頃を逃さないようにしたいですよね。

そこで今回の記事では、

  • メロンの追熟方法とは?
  • メロンの追熟は何日必要?

これらの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク
  

メロンの追熟方法とは?

メロンを追熟させる場合、いくつかのポイントを抑えておけば確実に追熟させることができます。

具体的なポイントとしては、以下のようなものが挙げられます。

1・常温で追熟する
2・冷暗所にメロンを置く

以上です。

1番目の「常温で追熟する」とは、メロンを追熟させるための温度が「20~25℃」であることを指しています。

まず、メロンは自身から「エチレンガス」と呼ばれる植物ホルモンの一種を放出します。

このエチレンガスがメロンの状態を熟成へと近づかせるのですが、常温でないとうまく機能してくれません。

そのため、メロンを追熟させたい場合は冷蔵庫ではなく、「20~25℃」の常温が必要となるわけですね。

注意点としては、エチレンガスは他の野菜や果物にも影響を与えてしまうため、追熟させているメロンと同じ場所に野菜や果物を置いてしまうと早く傷んでしまいます。

ですので、追熟させたいメロンは、そのメロンだけで追熟する状態として置いておきましょう。


2番目の「冷暗所にメロンを置く」はそのままですね。

メロンを追熟させる場合、風通しが良く直射日光があたらない場所に置いておきましょう。

日光やクーラーなどが直接当たる場所だと、メロンが劣化してしまうので注意をしてください。

また、メロンは追熟が進むと独特な甘い香りを放つようになるので、香りにも気をつけておくと良いでしょう。

メロンの追熟は何日必要?

メロンの追熟が完了するには、「収穫から1週間ほど」が目安となります。

もちろん、個々のメロンによって多少さが生じることはありますが、この日数をとりあえずの目安として考え、メロンの追熟状態をチェックすることで対応できます。

メロンの追熟が十分な状態となった場合、特徴的な状態となるので、このわかりやすい特徴を把握しておけば大丈夫です。

スポンサーリンク

具体的なメロンの特徴には、以下のようなものが挙げられます。

1・ヘタが細く、萎れている
2・果皮がやや黄色い
3・均整の取れた丸くて左右対称の形
4・網目がくっきりと盛り上がっている
5・甘さを含んだ香りを放つ

以上です。

また、前章にもあるように、メロンを追熟させる場合は「エチレンガス」の発生に注意をしてください。

追熟しているメロンの近くにある他の野菜や果物に悪影響を与えてしまうからですね。

メロン 完熟 高級 徳秀A ※野菜ソムリエ監修メロン 熨斗対応可能 1玉 約1~1.3kg (クインシーメロン(赤肉))

メロンに関するその他の情報

メロンにカビが生えても食べられる?カビの原因とは?

メロンの追熟方法とは?熟すには何日必要?

メロンのアレルギー症状とは?対処方法は?

メロンの保存方法とは?半分の場合や常温保存はできる?

メロンの見分け方や選び方のコツとは?食べ頃はいつ?

メロンを切った後の賞味期限はいつまで?保存方法とは?

メロンの食べ頃が過ぎたものは食べられる?調べ方とは?

まとめ

メロンを追熟させる場合、いくつかのポイントを抑えておけば確実に追熟させることができます。

具体的なポイントとしては、以下のようなものが挙げられます。

1・常温で追熟する
2・冷暗所にメロンを置く

以上です。

1番目の「常温で追熟する」とは、メロンを追熟させるための温度が「20~25℃」であることを指しています。

2番目の「冷暗所にメロンを置く」は、風通しが良く直射日光があたらない場所のことです。

また、メロンの追熟が完了するには、「収穫から1週間ほど」が目安となります。

もちろん、個々のメロンによって多少さが生じることはありますが、この日数をとりあえずの目安として考え、メロンの追熟状態をチェックすることで対応できます。

メロンの追熟が十分な状態となった場合、特徴的な状態となるので、このわかりやすい特徴を把握しておけば大丈夫です。

具体的なメロンの特徴には、以下のようなものが挙げられます。

1・ヘタが細く、萎れている
2・果皮がやや黄色い
3・均整の取れた丸くて左右対称の形
4・網目がくっきりと盛り上がっている
5・甘さを含んだ香りを放つ

以上です。

スポンサーリンク