もやしの保存方法で長持ちするやり方とは?保存期間はいつまで? | ごろん小路。

もやしの保存方法で長持ちするやり方とは?保存期間はいつまで?

「もやし」は一年中安価で手に入る野菜です。

そんなもやしですが、もやしの保存方法に悩む方は多いのではないでしょうか?

また、もやしを保存する際の期間も気になるところです。

そこで今回の記事では、

  • もやしの保存方法で長持ちするやり方とは?
  • もやしの保存期間はいつまで?

これらの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク
  

もやしの保存方法で長持ちするやり方とは?

もやしの保存方法で長持ちするやり方は、「もやしを冷凍保存する」という方法となります。

通常、もやしを冷蔵庫で冷蔵保存する場合は、「2~3日程度」しか保存することができません。

それに対して、もやしを冷凍保存する場合は、「約1ヶ月程度」の保存が可能となります。

もちろん、そのもやしの品質によって保存期間に差異が生じる可能性もありますが、冷蔵保存する場合よりもはるかに長く保存することができるようになるわけですね。

また、もやしを冷凍保存する場合は、以下のような方法で実行できます。

1・もやしを水洗いする
2・キッチンペーパーなどでしっかり水気を切る
3・ジッパー付きの保存袋にもやしを入れる
4・袋の中の空気をできるだけ抜く
5・そのまま冷凍庫で保存する

以上です。

ちなみに、もやしは他の多くの生鮮食品と同じく、冷凍庫の中で急速に冷凍するほど品質を維持できることもポイントです。

例えば、金属性のバットにもやしを載せる、急速冷凍機能を使うなど、もやしが凍るまでの時間を短くする工夫を行うことをおすすめします。

注意点としては、解凍後のもやしからはしゃきしゃきとした食感がほとんど損なわれてしまうことです。

スポンサーリンク

そのため、解凍後のもやしはスープの具材として使うなど、適切な調理方法を考えておくと良いでしょう。

もやしの保存期間はいつまで?

もやしの保存期間は、冷蔵保存であれば「2~3日程度」の期間となります。

あるいは、冷凍保存であれば「約1ヶ月程度」の長期保存が可能となります。

ただし、前章にもあるように解凍後のもやしからはしゃきしゃきとした食感がほとんど損なわれてしまうことに注意をしておきましょう。

冷凍したもやしは、スープや汁物の具材として使うなど、食感の劣化が気にならない調理方法をおすすめします。

また、冷凍したもやしから異臭がするといったことがありますが、これは冷凍する前の段階で傷んだもやしが混入していた可能性があります。

そのため、前章にある「もやしを水洗いする」段階で、そういった傷んだもやしを取り除いておくと良いでしょう。

ポラン広場の通販:緑豆もやし

まとめ

もやしの保存方法で長持ちするやり方は、「もやしを冷凍保存する」という方法となります。

もやしを冷凍保存する場合は、「約1ヶ月程度」の保存が可能となります。

そして、もやしを冷凍保存する場合は、以下のような方法で実行できます。

1・もやしを水洗いする
2・キッチンペーパーなどでしっかり水気を切る
3・ジッパー付きの保存袋にもやしを入れる
4・袋の中の空気をできるだけ抜く
5・そのまま冷凍庫で保存する

以上です。

また、もやしは他の多くの生鮮食品と同じく、冷凍庫の中で急速に冷凍するほど品質を維持できることもポイントです。

例えば、金属性のバットにもやしを載せる、急速冷凍機能を使うなど、もやしが凍るまでの時間を短くする工夫を行うことをおすすめします。

スポンサーリンク