大根は1日どれくらい食べられる?食べ過ぎた時の症状とは? | ごろん小路。

大根は1日どれくらい食べられる?食べ過ぎた時の症状とは?

「大根」は美味しい野菜ですので、ついついたくさん食べてしまう方は多いのではないでしょうか?

そんな大根ですが、1日にどれくらい食べられるのか、よくわかりませんよね。

また、大根を食べ過ぎた時の症状についても同様です。

そこで今回の記事では、

  • 大根は1日どれくらい食べられる?
  • 大根を食べ過ぎた時の症状とは?

これらの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク
  

大根は1日どれくらい食べられる?

大根の1日どれくらい食べられるかの目安としては「80~100グラム」が良いかと思います。

というのも、国民の健康づくりを目的とする国の施策「健康日本21」では、野菜を1日に350グラム以上を食べるように推奨しています。

そして、このうち緑黄色野菜は120グラム以上摂るようにとされています。

大根は葉以外の部分は淡色野菜に分類されるので、緑黄色野菜以外の230グラムの中で食べる大根の量を考える必要があるわけですね。

しかし、230グラムのうち大根だけでこの量を食べるのは難しく、また栄養も偏るので他の野菜も合わせて摂ることを考えると「80~100グラム」が丁度良い目安になるかと思います。

あるいは、刺激が強い大根おろしのような状態で食べる場合は、摂取量はさらに少なく「30~40グラム」ほどが良いでしょう。

注意点としては、上記にもあるように大根だけで野菜の必要量を確保するのではなく、様々な種類の野菜を幅広く食べることがバランスの上で重要になります。

また、大根には食物繊維が多く含まれていることや身体を冷やす働きもあるため、食べ過ぎには気をつけておきましょう。

次章では、大根を食べ過ぎた時の症状について情報をまとめています。

大根を食べ過ぎた時の症状とは?

大根を食べ過ぎた時の症状としては、以下のようなものが挙げられます。

1・胃痛
2・腹痛や下痢
3・消化不良

以上です。

1番目の「胃痛」とは、大根に含まれるイソチオシアネートが刺激性のある成分であるためです。

例えば、大根おろしを大量に食べるなどしてイソチオシアネートをたくさん摂取すると、胃腸に強い刺激を与えることになるので胃痛が発生する恐れがあります。

2番目の「腹痛や下痢」も、過度な刺激が発生すると胃腸が弱い方の場合は、消化不良による胃痛・腹痛・下痢の症状が現れることがあります。

スポンサーリンク

さらに、大根は多くの水分を含んでいるため身体を冷やす作用があります。

胃腸への刺激と身体が冷える作用によってお腹を壊すことが懸念されます。

最後の「消化不良」とは、大根には大量の食物繊維が含まれていることが関係しています。

通常、食物繊維を摂取することはお通じの改善効果が期待できるのですが、食物繊維は消化のできない栄養素であるため、大量に摂取してしまうと消化不良になる恐れがあります。

また、便通が良くなりすぎ下痢になってしまう場合もあります。

食べチョク:大根の通販 産地直送お取り寄せ商品

大根に関するその他の情報

大根おろしの冷凍保存方法とは?期間はいつまで?解凍方法は?

大根おろしの保存方法とは?保存期間はいつまで?冷凍保存は?

大根おろしが辛い原因とは?対処方法や辛いのはどっち?

大根のトウ立ちの原因とは?時期はいつ?見分け方は?

大根の保存でおすすめの方法とは?保存期間はいつまで?切った後は?

大根の選び方や見分け方とは?半分の場合は?

大根は1日どれくらい食べられる?食べ過ぎた時の症状とは?

大根を食べ過ぎるとどうなる?気持ち悪い時の対処法とは?

まとめ

大根の1日どれくらい食べられるかの目安としては「80~100グラム」が良いかと思います。

あるいは、刺激が強い大根おろしのような状態で食べる場合は、摂取量はさらに少なく「30~40グラム」ほどが良いでしょう。

注意点としては、上記にもあるように大根だけで野菜の必要量を確保するのではなく、様々な種類の野菜を幅広く食べることがバランスの上で重要になります。

ちなみに、大根には食物繊維が多く含まれていることや身体を冷やす働きもあるため、食べ過ぎには気をつけておきましょう。

大根を食べ過ぎた時の症状としては、以下のようなものが挙げられます。

1・胃痛
2・腹痛や下痢
3・消化不良

以上です。

スポンサーリンク
Visited 1 times, 1 visit(s) today