大根のトウ立ちの原因とは?時期はいつ?見分け方は? | ごろん小路。

大根のトウ立ちの原因とは?時期はいつ?見分け方は?

「大根」がトウ立ちしていて食べにくくなることがありますよね。

そんな大根のトウ立ちですが、なぜトウ立ちが起こるのか原因がよくわからないかと思います。

また、トウ立ちする時期や見分け方も知っておきたいところです。

そこで今回の記事では、

  • 大根のトウ立ちの原因とは?
  • 大根がトウ立ちする時期はいつ?
  • 大根がトウ立ちしている時の見分け方とは?

これらの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク
  

大根のトウ立ちの原因とは?

大根の「トウ立ち」とは、茎を伸ばして花を咲かせた状態のことを指しています。

ここで言うトウ(薹)とは「花茎」のことで、トウが立つとは蕾が出てきたり、花茎が伸びて花が咲いた状態のことになります。

つまり、大根のトウ立ちは植物が子孫を残そうとする植物の働きであるわけですね。

トウが立つと、野菜の場合は繊維が硬くなったり筋張ったりして、食感がとても悪くなってしまいます。

また、単純に味が落ちるだけでなく、エグみや苦味が出てくるため食べることが難しくなることもあります。

大根のトウが立つということは、その野菜の食べごろを過ぎてしまったということを意味するわけですね。


ちなみに、大根の場合、トウが立つと花茎が伸びて蕾が出てきます。

そのままの状態で放置すると白い花が咲きます。

この段階まで進むと、食用部分であるダイコンの根は繊維が硬くなり、筋張ってしまうため食用には適さなくなります。

さらに、大根の中心部分に空洞ができ、いわゆる「スが入った」状態にもなります。

大根がトウ立ちする時期はいつ?

大根がトウ立ちする条件は「0~5℃の低温に一定期間当たること」になります。

つまり、この条件を満たす時期であれば、大根がトウ立ちをする可能性が高くなるわけですね。

その地方にもよりますが、「12月~3月」あたりまでの時期が該当するかと思います。

注意点としては、大根の品種によってトウ立ちの時期などが微妙に異なる点です。

例えば、「晩抽性」と書かれている品種はトウ立ちの時期が遅いので、その分大根が育てやすいと言えます。

また、大根を保存する際は低温に長期間さらされないように注意をしておきましょう。

あるいは、大根を冷凍保存するというやり方もあるので、大根を長期保存したい場合は検討してみても良いかと思います。

大根の保存方法については、以下の記事に情報をまとめています。

大根の保存でおすすめの方法とは?保存期間はいつまで?切った後は?

スポンサーリンク

大根がトウ立ちしている時の見分け方とは?

大根がトウ立ちしている時の見分け方としては、大根の茎が大きく伸びることがまず挙げられます。

前章にもあるよに、「トウ立ち」とは、茎を伸ばして花を咲かせた状態のことを指しています。

そのため、大根の葉が伸びている中央部分から大きく茎が伸びているとトウ立ちしていると言えるでしょう。

また、基本的には大根がトウ立ちする前に調理して食べてしまうことが大切です。

大根は比較的長く保存が効く野菜ですが、早めに食べてしまうにこしたことはありません。

もちろん、長期間の保存が必要であれば、冷凍保存をするなどの工夫をすると良いでしょう。

大和物産 DAIWA BUSSAN Wジッパーフリーザーパック S 20枚 [保存用パック]

大根に関するその他の情報

大根おろしの冷凍保存方法とは?期間はいつまで?解凍方法は?

大根おろしの保存方法とは?保存期間はいつまで?冷凍保存は?

大根おろしが辛い原因とは?対処方法や辛いのはどっち?

大根のトウ立ちの原因とは?時期はいつ?見分け方は?

大根の保存でおすすめの方法とは?保存期間はいつまで?切った後は?

大根の選び方や見分け方とは?半分の場合は?

大根は1日どれくらい食べられる?食べ過ぎた時の症状とは?

大根を食べ過ぎるとどうなる?気持ち悪い時の対処法とは?

まとめ

大根の「トウ立ち」とは、茎を伸ばして花を咲かせた状態のことを指しています。

ここで言うトウ(薹)とは「花茎」のことで、トウが立つとは蕾が出てきたり、花茎が伸びて花が咲いた状態のことになります。

つまり、大根のトウ立ちは植物が子孫を残そうとする植物の働きであるわけですね。

トウが立つと、野菜の場合は繊維が硬くなったり筋張ったりして、食感がとても悪くなってしまいます。

また、単純に味が落ちるだけでなく、エグみや苦味が出てくるため食べることが難しくなることもあります。

大根のトウが立つということは、その野菜の食べごろを過ぎてしまったということを意味するわけですね。


大根がトウ立ちする条件は「0~5℃の低温に一定期間当たること」になります。

つまり、この条件を満たす時期であれば、大根がトウ立ちをする可能性が高くなるわけですね。

その地方にもよりますが、「12月~3月」あたりまでの時期が該当するかと思います。


最後に、大根がトウ立ちしている時の見分け方としては、大根の茎が大きく伸びることがまず挙げられます。

前章にもあるよに、「トウ立ち」とは、茎を伸ばして花を咲かせた状態のことを指しています。

そのため、大根の葉が伸びている中央部分から大きく茎が伸びているとトウ立ちしていると言えるでしょう。

スポンサーリンク
Visited 3 times, 1 visit(s) today