大根の選び方や見分け方とは?半分の場合は? | ごろん小路。

大根の選び方や見分け方とは?半分の場合は?

寒い季節になると「大根」が美味しいですよね。

そんな大根ですが、スーパーなどで大根を購入する際に美味しいものを見分ける方法が気になるところです。

せっかく買うのであれば、美味しい大根を買いたいですからね。

そこで今回の記事では、

  • 大根の選び方や見分け方とは?
  • 大根の選び方で半分の場合は?

これらの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク
  

大根の選び方や見分け方とは?

美味しい大根を選び方には、いくつかのポイントがあります。

このポイントを押さえておくことで、スーパーなどで大根を購入する際の失敗するを避けることができます。

具体的なポイントとしては、以下のようなものが挙げられます。

1・葉つきの大根である
2・葉や茎が鮮やかな緑色で変色、乾燥していない
3・重い大根である
4・表面が綺麗でシワやデコボコがない
5・形が全体的に均等で真っ直ぐに伸びている
6・葉に近い部分の色がほどほどの緑色になっている
7・大根のひげが伸びていない

以上です。

1番目の「葉つきの大根である」はそのままですね。

大根の葉は、大根の鮮度をよく表している部位だからです。

そのため、大根の葉がついたままであるものの方が、美味しい・鮮度が良い大根であるかを判別しやすくなります。

2番目の「葉や茎が鮮やかな緑色で変色、乾燥していない」も同様ですね。

大根の葉は時間が経つにつれて黄色に変わり、さらに乾燥していくので、ここを見れば大根の鮮度を簡単に見分けることができます。

また、葉の中心部分にある芽が茎まで伸びているのは、成長し過ぎており美味しくありません。


3番目の「重い大根である」もそのままですね。

重い大根は水分が豊富で鮮度が高いものになります。

逆に、時間が経過して鮮度が落ちている大根は、内部の水分が徐々に失われていくので重量が軽くなっていきます。

シナシナに干からびている大根が軽いのはそのためですね。

ですので、大根を購入する際には重さをチェックすると良いでしょう。


4番目の「表面が綺麗でシワやデコボコがない」とは、その大根が適切な環境で成長したという証拠です。

つまり、表面がツヤツヤしていてハリのある方が美味しい大根であるわけですね。

逆に、表面に穴が多くデコボコしているものは、生育環境にストレス要因があり上手く育たなかった大根です。

そのため、こういった大根は避けた方が無難でしょう。

5番目の「形が全体的に均等で真っ直ぐに伸びている」も同様です。


6番目の「葉に近い部分の色がほどほどの緑色になっている」とは、この部分に「す」が入っているかのチェックです。

大根の葉元の部分は緑色になっていますが、緑色というよりも黒ずんでしまっているものは「す」が入っている可能性があります。

「す」が入ると、大根のみずみずしさが損なわれ、繊維質でパサパサの食感に変化してしまいます。

スポンサーリンク

そのため、美味しい大根を選ぶ場合は、大根の葉元の部分の色をチェックすると良いでしょう。


最後の「大根のひげが伸びていない」はそのままですね。

収穫した直後の大根はひげが少ないですが、時間経過とともにひげが伸びていきます。

そのため、ひげが長いものほど鮮度が落ちていると言えます。

また、大根のひげが真っ直ぐに並んでいるものは、適切な栄養を取り入れられた大根なので甘みも強いです。

ですので、ひげが均等に真っ直ぐ並んでいるものを選ぶことをおすすめします。

大根の選び方で半分の場合は?

スーパーなどでは半分にカットされた大根が販売されていることがあります。

この場合、美味しい大根を選び方は前章のポイントに加えて「切り口が白い」かをチェックしましょう。

断面の様子がなめらかで白いものが、新鮮で美味しい大根です。

大根はカットされて時間が経過すると、カットされた断面が茶色や黒色に変色していきます。

そのため、断面が綺麗な状態ではない大根は鮮度が落ちている可能性が高いです。

また、断面が青っぽくなってるものは「青あざ症」と呼ばれる症状で、食べられはしますが味が落ちていることに注意をしてあげてください。

食べチョク:大根の通販 産地直送お取り寄せ商品

大根に関するその他の情報

大根おろしの冷凍保存方法とは?期間はいつまで?解凍方法は?

大根おろしの保存方法とは?保存期間はいつまで?冷凍保存は?

大根おろしが辛い原因とは?対処方法や辛いのはどっち?

大根のトウ立ちの原因とは?時期はいつ?見分け方は?

大根の保存でおすすめの方法とは?保存期間はいつまで?切った後は?

大根の選び方や見分け方とは?半分の場合は?

大根は1日どれくらい食べられる?食べ過ぎた時の症状とは?

大根を食べ過ぎるとどうなる?気持ち悪い時の対処法とは?

まとめ

美味しい大根を選び方には、いくつかのポイントがあります。

このポイントを押さえておくことで、スーパーなどで大根を購入する際の失敗するを避けることができます。

1・葉つきの大根である
2・葉や茎が鮮やかな緑色で変色、乾燥していない
3・重い大根である
4・表面が綺麗でシワやデコボコがない
5・形が全体的に均等で真っ直ぐに伸びている
6・葉に近い部分の色がほどほどの緑色になっている
7・大根のひげが伸びていない

以上です。

また、スーパーなどでは半分にカットされた大根が販売されていることがあります。

この場合、美味しい大根を選び方は前章のポイントに加えて「切り口が白い」かをチェックしましょう。

断面の様子がなめらかで白いものが、新鮮で美味しい大根です。

スポンサーリンク
Visited 1 times, 1 visit(s) today