高齢者が交通事故の被害に合うことを防止する対策方法はこれ!

「高齢者が歩行中に車にはねられてしまう」という事故は多く発生しています。

交通事故は被害者やその家族だけでなく、周囲の人々やまでも不幸にしてしまいます。

しかし、高齢者が事故に合わないための具体的な対策方法がわからないと、事故防止は難しいですよね。

そこで今回の記事では、高齢者が交通事故の被害に合うことを防止する対策方法について、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

高齢者が交通事故の被害に合うことを防止する対策方法はこれ!

社会全体における高齢者の割合が増えていることもあり、高齢者が交通事故に合う件数は増大しています。

そして、高齢者の交通事故死者の内訳をみると、最も多いのが歩行中の事故死です。

これがほぼ半数を占めており、高齢者が交通事故に合うことを防止するのであれば、歩行者として事故に合わないようにすることが効果的だというわけですね。

そこで、歩行中の高齢者が交通事故に合わないようにする方法をお伝えさせていただきます。


1・夜間に出歩かない
高齢者が巻き込まれた交通事故において、死亡事故が発生した時間帯をみると、夜間の歩行中に交通事故に遭って亡くなった高齢者数は昼間の2倍近くにもなります。

具体的には、夕暮れ時である「17時以降」の時間帯が危険域だとされています。

そのため、買い物などの用事は昼間の間に行い、夕暮れ以降の時間帯に外出しないようにしましょう。

また、夜間の外出は犯罪などの事件に巻き込まれる可能性もあるので、防犯目的としても効果的です。


2・交通ルールを守る
歩行者用の信号や道路標識を無視するといった、交通ルールを無視する行為は交通事故の原因になります。

特に、自宅周辺の歩き慣れた道だと、信号のない道路で安全確認をしないというケースが多いです。

歩行者の死者数は自宅周辺が非常に多いことからも、交通ルールを遵守することは非常に重要だとわかります。

また、歩行者が注意すべき交通ルールは、以下のようなページで確認することが出来ます。

歩行者が意外と知らない交通ルール


3・身体機能の変化を認識する
年を取るにつれ、若い頃と比べて運動能力や身体機能が低下します。

当たり前のことではあるのですが、これが実際の認識に至ることはなかなか難しいものです。

例えば、「以前は5秒で道路を渡れたのに、今は10秒もかかる」といった明確な数字を提示するとわかりやすくなりますが、実際にその違いを体感で理解できるかどうかとは別です。

スポンサーリンク

そのため、横断歩道などを渡る時などは「待つ」ことを意識して、無理をせずに余裕を持って行動するようにしましょう。

余裕ある行動は、「自分の認識では大丈夫でも、身体がついていかない」などの事態を防ぐことが出来ますからね。


4・反射材を身につける
「反射材」とは、再帰反射という性質をもつ素材のことを言います。

再帰反射という性質をもっていると、「光がどのような方向から当たっても光源に向かってそのまま反射する」ようになります。

反射材を身に着けていると、自動車の運転手から見て50メートル離れていても歩行者を認識することが出来るようになり、これは白い服のような明るい色の服装を着ている時以上の効果を発揮します。

上記にもあるように、交通事故の多くが夕暮れ時などの暗い時間帯に発生しているので、運転手に自分の存在を教えることに大いに役立ちます。


5・自動車の死角に入らない
信号に従って横断歩道を渡っていても、必ずしも安全ではありません。

例えば、信号の変わり目で無理矢理交差点に進入してくる車、横断中の歩行者に気がついていない車などがあるかもしれません。

特に、自分が自動車に隠れる形になっている状態から、その外へ出る時などが危険です。

多くの場合、別の自動車の運転手からは、自動車の影にいる歩行者の姿は認識することが難しいからです。

運転手が歩行者を警戒して車を停止させればよいですが、そうでなければ事故が起こってしまいます。

そのため、車の位置や交通量などによっては、横断歩道を渡ることを待った方が良いでしょう。

交通事故に関するその他の情報

交通事故で自転車の場合の原因はこれ!対策方法もくわしく紹介

交通事故対策で歩行者が注意すべきポイントはこれ!

子どもを交通事故から守る対策方法はこれ!

高齢者が交通事故の被害に合うことを防止する対策方法はこれ!

交通事故で夜間に歩行者がすべき対策はこれ!

猫との交通事故の対応方法はこれ!

猫の交通事故を防止する対策方法はこれ!

自動車が家に突っ込んでくる事故の対策・防止方法はこれ!

まとめ

交通事故は本当に怖いですよね。
高齢者の場合、大怪我は後の人生に大きな悪影響を与える可能性が高いです。

交通事故を未然に防ぐために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加