ポカリスエットを水筒に入れるのは危険!?どれが安全なのかも紹介 | ごろん小路。

ポカリスエットを水筒に入れるのは危険!?どれが安全なのかも紹介

「ポカリスエット」を熱中症対策に愛飲している方は多いかと思います。

そんなポカリスエットですが、水筒に入れると危険であるという話を聞くことがあります。

毎日飲むポカリスエットだからこそ、安全性に関わる部分はしっかりと把握しておきたいですよね。

そこで今回の記事では、

  • ポカリスエットを水筒に入れるのは危険!?
  • ポカリスエットを水筒に入れるならどれにすべきか?

これらのことをお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

ポカリスエットを水筒に入れるのは危険!?

結論から言えば、ポカリスエットを水筒に入れるのは危険です。

水筒の中には金属製の製品が多く、酸性の飲料であるポカリスエットは金属部分を溶かしてしまう可能性があるからですね。

大体の金属製の水筒はフッ素加工がされているため金属が溶ける心配はないのですが、経年劣化や衝撃などによってフッ素加工が取れた部分があれば問題となります。

溶けた金属がポカリスエットに混ざってしまい、その状態のまま飲んでしまうと中毒を起こす可能性があると言われています。

これは同じスポーツ飲料であるアクエリアスにも同様のことが言えます。


また、ポカリスエットによって水筒本体の劣化が進んでしまう危険があることにも注意をしておきましょう。

とくに、安物の水筒はフッ素加工が甘くなっている可能性があるため注意が必要です。

その他にも、水筒に糖分が多いポカリスエットを定期的に入れると、洗いきれない箇所に雑菌が繁殖することもあります。

そのため、金属中毒の危険性だけでなく衛生面でも水筒の使用はおすすめできません。

ポカリスエットを水筒に入れるならどれにすべきか?

仕事などの都合上、ポカリスエットをどうしても水筒に入れたい場合があるかと思います。

そういった時は、ポカリスエットを入れても大丈夫な特徴をもった水筒を選ぶと良いでしょう。

具体的には、

1・フッ素加工がしっかりとされているもの
2・金属以外の水筒
3・洗い残しが少ない水筒

以上です。

例えば、いわゆる「スポーツタイプ」の水筒ならポカリスエットを入れても大丈夫ですね。

構造上、飲み口が分解可能のため洗いやすかったり、フッ素加工が2重層であるため錆びにくいなどの特徴があるからですね。

スポンサーリンク

値段も4,000円以下のものが多く、長期間に渡り使用することを考えると、ポカリスエットを入れるための水筒を用意しておくと安心かと思います。


また、万が一、ポカリスエットを水筒から飲んだ時に苦味や金属の味がした場合は飲むのをやめましょう。

ポカリスエットの成分に何らかの異常が発生している可能性があるからです。

とくに、古い水筒や一部の海外製品には注意をする必要があります。

実際、過去には水筒の金属部分がポカリスエットによって溶け、それを飲んだ子どもたちが吐き気や頭痛などの体調不良に陥っています。

ちなみに、ポカリスエット以外ではオレンジジュースや乳酸菌飲料、炭酸飲料も水筒の金属部分を溶かす可能性があります。

そのため、これらの飲料を水筒には入れないようにしましょう。

大塚製薬 ポカリスエット 真空断熱スポーツボトル 1L用

タイガー 水筒 1リットル サハラ ステンレスボトル スポーツ 直飲み 広口 保冷専用 ブラック MME-F100KK

象印マホービン(ZOJIRUSHI) ミズノ 水筒 ステンレス クール スポーツ ボトル 直飲み 1.0L ワンタッチ オープン タイプ ブラック SD-FX10-BA

まとめ

ポカリスエットなどのスポーツ飲料を何も考えずん水筒に入れてしまうと、健康への被害が懸念されます。

そのため、水筒の使用を避けるか、スポーツ飲料を安全に入れることができる水筒を使いたいですね。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク