りんごは皮ごと食べられる?農薬やワックスはどうする? | ごろん小路。

りんごは皮ごと食べられる?農薬やワックスはどうする?

「りんご」を食べる時に皮ごと食べることがあります。

その際に気になるのが、リンゴを皮ごと食べても大丈夫かという疑問です。

りんごの皮には残留農薬やワックスが存在することが考えられるので、健康への影響が気になりますよね。

そこで今回の記事では、

  • りんごは皮ごと食べられる?
  • りんごの皮の農薬やワックスはどうする?

これらの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク
  

りんごは皮ごと食べられる?

結論から言えば、りんごは皮ごと食べることができる果物です。

りんごは皮を剥いて食べるのが一般的ではありますが、この皮部分には多くの栄養が含まれており、りんごを皮ごと食べることで様々な健康効果が期待できます。

例えば、りんごには様々なポリフェノールが含まれており、老化を促進させる活性酸素の抑制、生活習慣によって生じる様々な不調のケアなどに役立つとされています。

そして、りんごのポリフェノールは果肉部分よりも皮に多く含まれています。

そのため、ポリフェノールを効率的に摂取したいのであれば、りんごは皮付きのまま食べることがおすすめです。

また、品種によりますが、サンふじなどのりんごは皮ごと食べるとパリッとした食感がいいアクセントとなり、普段とは違うりんごを楽しむことができます。

逆に、あるいは、食感が気になる方は焼リンゴにして食感を変える方法もあります。

さらに、りんごは皮と実の間の部分が糖度が高いという特徴があるため、甘いりんごを食べたいという場合は、皮付きのものを食べると良いでしょう。

りんごの皮の農薬やワックスはどうする?

りんごは皮ごと食べる場合、りんごの表面のベタベタが気になるという方は多いかと思います。

このベタベタは農薬やワックスを思い浮かべる方がいらっしゃるかと思いますが、実は国産のりんごにはワックスは使われていません。

逆に、アメリカやニュージーランドなどの輸入品のりんごにはワックスが塗られていることがあります。

そのため、ワックスの有無を気にするのであれば、国産表記のりんごを購入すると良いでしょう。


また、国産のりんごでも皮の表面がベタつくことがありますが、これは農薬でも人工的なワックスでもありません。

このベタベタの正体は、りんご自身が出す天然のワックスになります。

まず、りんごの表皮は、透明で滑らかなろう物質の膜で覆われています。

そして、りんごが熟するにつれて表皮細胞からリノール酸やオレイン酸という脂肪酸が分泌されるのですが、これらの脂肪酸が、そのろう物質を溶かすために表面が光りベタベタした状態になります。

ですので、国産りんごのベタベタは自然由来のものなので、人体に対して害はありません。

スポンサーリンク

この現象を「油あがり」と言うそうです。

さらに、りんごの天然のワックスは、完熟の証でもあり、りんご自身を乾燥や外からの刺激から自らを守り、鮮度を維持する機能もあります。

ちなみに、油上がりは品種によって差があり、特に「つがる」・「ジョナゴールド」などによく見られる傾向があります。

こういった品種のりんごを食べる際は、表面のベタベタは油あがりと考えて良いでしょう。


最後に、りんごの表面に残った農薬についてですが、これは水で洗えば落とすことができます。

りんごが国産である場合、皮についた農薬は水溶性であるからですね。

また、国産りんごは残留農薬の基準がとても厳しく設定されており、その厳しさは世界一と言われているほどです。

収穫した後の農薬の散布も行われていないので、健康への影響はほとんどありません。

そのため、流水の下で手を使ってりんごの表面をしっかりと洗い流せば、そのまま問題なく食べることができます。

山形県産 ご家庭用 りんご サンふじ 10kg (訳あり/26玉~46玉入り/生食可) 青森県 リンゴ 果物 フルーツ お取り寄せ

りんごに関するその他の情報

りんごは皮ごと食べられる?農薬やワックスはどうする?

りんごの健康効果とは?1日何個まで食べられる?

りんごが青いものは食べられる?追熟方法とは?

りんごは1日何個まで食べられる?食べ過ぎるとどうなる?

りんごを朝と夜に食べる効果とは?注意すべきポイントは?

美味しいりんごの選び方とは?注意すべきポイントはこれ!

りんごの黒い斑点の正体とは?原因や斑点があっても食べられる?

りんごの芯にカビが生える原因とは?食べられるの?

りんごの保存でおすすめの方法とは?切った後のものはどうする?

まとめ

結論から言えば、りんごは皮ごと食べることができる果物です。

りんごは皮を剥いて食べるのが一般的ではありますが、この皮部分には多くの栄養が含まれており、りんごを皮ごと食べることで様々な健康効果が期待できます。

また、国産りんごの皮のベタベタは自然由来のものなので、人体に対して害はありません。

農薬についても、流水の下で手を使ってりんごの表面をしっかりと洗い流せば、そのまま問題なく食べることができます。

スポンサーリンク