七五三で雨が降った時の着物への対処や延期する場合と写真撮影について紹介

七五三を楽しみにしていたのに、当日に雨が降ってしまうことがありますよね。

レンタルしている着物のことや当日の予約など様々なことが不安でたまらないと思います。

特に、レンタルしている着物を汚してしまうとクリーニング代が怖いですよね。

ですので、七五三当日に雨が降っても大丈夫なように備える必要があります。

そこで今回の記事では、

  • 七五三で雨が降った時の着物への対処方法
  • 七五三で雨が降った場合は延期すべき?
  • 七五三で雨が降った場合の写真撮影について

これらのことをお伝えさせていただきます。

ぜひ、参考にして下さい。

スポンサーリンク
  

七五三で雨が降った時の着物への対処方法

七五三で雨が降った際の着物への対処方法はいくつか存在します。

これらの方法・道具を使って、スムーズに七五三を行いたいですね。

雨合羽やポンチョを使用する

雨を凌ぐために傘を使うことが真っ先に思い浮かぶかと思いますが、それだけでは不十分なことが多いです。

雨水が地面に当たって跳ね返ると一緒に泥を含むため、着物が汚れてしまうからですね。

また、着物を着慣れていない子どもが、さらに傘を持って移動すると負担が大きくなることも挙げられます。

そのため、全身を覆うことが出来る雨合羽やポンチョは非常に便利です。

長靴を履く

足元が濡れないようにするためには足袋カバーがあります。

しかし、子どもとしては普段履きなれないものを履いて歩くのは大きなストレスになることでしょう。

万が一、転んでしまうと大変なことになりますからね。

そこで、移動の時は普段履きなれている長靴を履くと良いでしょう。

写真撮影時や目的地についてから草履に履き替えるわけですね。

また、長靴を一時的に入れておくビニール袋なども用意しておくと便利ですよ。

洗濯ばさみやクリップなどを用意する

子どもの着物の形状や大きさにもよりますが、上記の雨合羽・ポンチョ・長靴を利用しても汚れが心配である場合は、裾や袖などを洗濯ばさみやクリップで止めてしまいましょう。

単純に汚れにくくなりますし、子どもも動きやすくなるので、転んでしまうことが減るかもしれませんしね。

スポンサーリンク
タオル・バスタオルを用意する

濡れた部分を拭くためのタオル・バスタオルはあれば非常に便利です。

着物はもちろん、荷物や顔などが濡れた場合でも活躍するでしょう。

ただし、濡れた着物に対してタオル・バスタオルを使う場合は注意すべきことがあります。

それは「拭く時は軽く抑えるようにして、水分をタオル・バスタオルに移す程度の力加減にすること」です。

というのも、タオルで着物をグイグイと強い力で拭くと、生地が毛羽だち酷いことになってしまうことがあるからです。

濡れた着物をタオル・バスタオルで拭く時は、丁寧に優しく扱いましょう。

sea-maid マイクロファイバー バスタオル 大判 4枚セット 超吸水速乾 75×140cm 肌触り抜群 洗濯袋付

七五三で雨が降った場合は延期すべき?

七五三で雨が降った場合は延期すべきかどうかの判断ですが、これは難しいです。

例えば、レンタルしている品はお店にもよりますがキャンセル料が必要になります。

また、家族や祖父母との予定を再調整することも必要になるでしょう。

「七五三を延期した方が楽だ」という場合なら問題ありませんが、親戚周りをするなどの予定がある場合は、関係者全員の予定を再調整しなければいけなくなります。

延期するかどうかは、この点をよくよく考えてから決めた方が良いでしょう。

七五三で雨が降った場合の写真撮影について

七五三の写真撮影時、屋外で写真を取る場合は普段よりカメラの感度を上げて撮影するようにしましょう。

撮影時の天候が雨だと日光が十分ではないため、普段通りに写真を取ってしまうと暗い印象を与える写真になってしまうからです。

カメラのISO感度の数値を調整し、撮影した写真を確認しながら撮影作業を行うと良いでしょう。

また、撮影時に傘を子どもに持たせる場合は、白や薄い色のピンクなどの傘を用意すると、子どもの顔を明るく写すことが出来ます。

何故こうなるのかというと、これらの色の傘が光を反射するレフ板の効果を発揮するからですね。

逆に、親や祖父母の方はビニール傘のような透明な傘を使用すると、子どもへ傘の影が指しにくくなるのでおすすめです。

まとめ

七五三当日に雨が降ると「どうしよう!?」と不安になってしまいますよね。

その不安を解消するためにも、しっかりと準備をしておきたいですね。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加