七五三における3歳の女の子の着物について。洋服を着る場合や髪型は?

最近になって知ったのですが、昔は七五三は数え年で行うことが一般的だったようですが、今では満年齢でも良いようです。

どちらでもいいとのことなので、お子さんに無理のない時期に行いたいですね。

ところで、七五三のイメージと言えば着物をまず挙げる方も多いと思います。

日常生活で着物などの和服を着る機会の少ない現代人にとって、3歳の七五三の着物選びは大変ではないでしょうか?

小さなお子さんだと着物の良さというものが分からないこともあるでしょうし、窮屈で脱ぎたいと泣いてしまうこともあるかもしれません。

  • どんな着物を着せるのか?
  • 子どもが嫌がって着ないのではないか?
  • 洋服を着るのは駄目なのか?
  • 髪型はどうするのか?

と悩んでしまう方も少なくないと思います。
そこで今回は、お子さんが着物を着るのに慣れやすくするための方法や、髪型についてなどをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
  

七五三における3歳の女の子の着物について

ここではまず、七五三だからと言って必ず着物で参拝しなければいけない、ということはないことを知っておいて頂きたいのです。

というのも、そもそも七五三というのは「子どもの健やかな成長を神様にお祈りする」ものであるからです。

つまり、神様にお参りするのにきちんとした服装なら着物でなくても良いということです。


さて、まずご紹介するのは着物の上から着る「被布」についてです。

この被布は簡潔に言えば着物の上に着る羽織、ベストのような物のことです。

七五三以外でも初詣などの際に着ることがあるので、見たことがあるかもしれません。

普通の帯を使用すると「窮屈で嫌がる」「後ろに重くなってつらい」ということが起き、お子さんが嫌がることがあると思います。

大人でも着物を着るというのは大変ですし、小さなお子さんならなおさらでしょう。

そこで、この被布を着る利点としましては、

スポンサーリンク
「着付けを短時間で行える」
「帯を使わないのでお子さんへの負担が小さい」

ということが挙げられ、帯を使う際に起きる問題を解決することが出来ます。


また、お子さんを着物に慣れさせるために、2週間くらい前から目に付くところに被布を飾っておき、時々試着させるというのもいいかもしれません。

着物をレンタルする場合は、カタログをお子さんと一緒に見ることで着物に興味を持ってもらえるかもしれませんね。

七五三における3歳の女の子の洋服とは

着物が窮屈でどうしても嫌だと泣くお子さんもいるかと思います。

窮屈な着物を着て歩き回るのは大きなストレスが掛かりますし、家族全員が疲れきってしまうということもあるでしょう。

そこでここでは、七五三の際に着ても問題のない洋服についてお話をさせていただきたいと思います。

まず、七五三に洋服を着ていくということはまったく問題ありません。

先に述べましたが、「神様にお参りするのにきちんとした服装」なら洋服でも良いのです。

では、どんな洋服がよいのかですが、主に「ドレス」や「ワンピース」がおすすめです。

これらを着る方は思ったよりも多いようで、違和感が少なくなると思います。

また、洋服を購入することを検討していらっしゃる方もいるかと思います。

その場合は、七五三だけで終わらせるのはもったいないので、お子さんの成長を考慮した上で購入されると良いでしょう。

ちなみに、ドレスは着物と同じようにレンタルが出来ますので、そちらも考えてはいかがでしょうか?

七五三における3歳の女の子の髪型について

七五三では髪を結ぶことが多いですが、3歳くらいのお子さんだとまだ髪の毛が薄い場合もあるでしょう。

髪の毛が薄いとうまく髪が結べずに悩むかと思います。

そういった時は、髪の毛が薄い子でもつけることが出来る「パッチンどめ」と「カチューシャ」がおすすめです。

パッチンどめ、カチューシャともに種類が豊富であるため、合うものがないということはまずないでしょう。

また、お子さんが触ってずれてしまっても簡単に直すことができるので手間がかかりません。

普段からこれらをつけて慣れさせておくと、当日もスムーズにつけてくれることが期待できます。

まとめ

3歳の七五三はほんとうに楽しみだと思います。そんな七五三の着物や髪型に関する悩みが少しでも解決できれば幸いです。

かわいいお子さんと素敵な七五三を過ごしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加