ダニの駆除でソファの場合はどうするのかや革の場合についてくわしく紹介 | ごろん小路。

ダニの駆除でソファの場合はどうするのかや革の場合についてくわしく紹介

ソファに座って本を読んでいると、虫刺されで太ももがかゆくなることがあります。

ダニに刺されてしまったわけですね。

ダニといえば布団などの寝具や畳にいるイメージが強いですが、ソファもダニの温床になってしまうことがあります。

ソファでゆっくりとくつろぐためにも、早急にダニを駆除する必要がありますが、具体的な駆除方法がわからなくて困ってしまうことがありますよね。

そこで今回の記事では、

  • ダニの駆除でソファの場合はどんな方法があるのか?
  • ダニがいるソファが革の場合の対処方法とは?

これらのことをお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

ダニの駆除でソファの場合はどんな方法があるのか?

ダニは何故ソファで大量発生するのか?

ダニがソファで大量発生する理由は主に2つあります。

つまり、

1・高温多湿である
2・ダニのエサがある

以上になります。

1番目の「高温多湿である」というのは、ダニは高温多湿を好む習性があり、梅雨から夏にかけて繁殖スピードが加速していきます。

そのため、この条件を満たしやすい屋内は、ダニにとって非常に都合が良い環境だと言えます。

現代日本の家屋は気密性や断熱性に非常に優れるため、通気性が悪くなりがちであり、湿度の調整が難しいことが多いからですね。

そして、ソファは保湿性があり、直接日光が当たらない・壁際などの通気性が悪い場所に配置されることが多いです。

また、ソファは掃除機などで掃除をされにくいこともあり、ダニの温床になってしまうというわけです。


2番目は文字通りですね。

ダニは人間のフケや髪の毛などを、エサとして食べることで成長します。
そのため、フケや髪の毛がそのまま残るような場所はダニの温床になり得ます。

ソファは枕などの次にそうなりやすいと言えるでしょう。

また、エサが豊富で隠れる場所が多いソファは、ダニが繁殖する上で卵を産みやすい場所にもなります。

ダニをソファから駆除する

ダニをソファから駆除するためには、

1・スチームアイロンや水洗い、駆除剤を使いダニを駆除する
2・「高温多湿である」「ダニのエサがある」を改善する
3・ダニがソファに寄り付かないように防虫する

といった方法があります。

ダニは60℃以上の高熱に弱いため、ソファのダニを駆除する際はスチームアイロンを使った方法が効果的です。

スチームアイロンを使用する際はアイロンをソファに直接当てず、薄いタオルなどで「当て布」をするように注意してください。

アイロンをソファに直接当ててしまうと、傷や変色の原因になることがあるからですね。

あるいは、ソファに使用されている素材が水に濡れることで劣化してしまうものもあります。

スチームアイロンを使用する前にチェックしておくと良いでしょう。

ソファ全体にスチームアイロンをかけ終えたら、ダニの死骸やフンなどを掃除機で吸い取りましょう。

ダニを吸い取る際は「ゆっくりと掃除機をかける」「一定方向に前後させる」ことがポイントになります。

スポンサーリンク

ちなみに、ソファ本体は無理でしょうが、クッションなどの取り外しができる部分は水洗いをすることが出来るものがあります。

その場合は丸洗いするなどして、一気にソファのダニを駆除することが出来ます。

次に、駆除剤を使ってソファのダニを駆除する時は、用法用量を守って使用するように注意してください。

ソファなどの家具は直接肌が触れることが多いため、場合によっては予期せぬ問題が発生する可能性があるからです。

また、駆除剤を使う場合の掃除手順としては、駆除剤を使用しダニを死滅させた後で掃除機をかけると良いでしょう。

あらかじめ駆除剤でダニを死滅させることで、掃除機に吸い取らせやすくなります。

フマキラー ダニ用スプレー ダニブロッカー 本体 250ml


2番めの「高温多湿である」は、天気が良い乾燥した日に屋内を換気するようにしましょう。

特に梅雨や夏場は湿気が溜まりやすいので、換気を意識して行うと効果があります。

そして、フケや髪の毛などといった「ダニのエサがある」状態の改善ですが、これは掃除機を定期的に掃除をするようにしましょう。

掃除機でソファなどを掃除するための専用のノズルなどもあれば、積極的に使っていくと効率が良いかと思います。


3番目の「ダニがソファに寄り付かないように防虫する」は、防虫効果のある薬剤を使用します。

ただ、上記にもありますが、用法用量を守って使用するように注意してください。

ダニがいなくなるスプレー 駆除・防止 ソープの香り 300mL (畳・寝具・ソファーに)

ダニがいるソファが革の場合の対処方法とは?

ソファが革製である場合、水に弱いためスチームアイロンを使ったダニの駆除方法は使えません。

ただ、革製のソファはファブリック性のものとは違い、ソファそのものにはダニは住み着きません。

革製のソファの場合は、ソファに積もった埃がダニの温床になります。

そのため、この埃を掃除機で吸い取るようにすれば大丈夫です。

また、本革ではなく合成皮革のソファである場合は、中性洗剤で気軽に掃除をすることが出来ます。

ダニに関するその他の情報

ダニを犬から取る取り方や予防方法についてくわしく紹介

ダニ対策で布団の場合はどんな対処方法があるのか?くわしく紹介

ダニ対策で部屋の場合はどうするのかや駆除方法についてくわしく紹介

ダニに刺されてかゆい場合の対処方法やいつからいつまで症状があるのかを紹介

まとめ

ソファがダニの温床になってしまうなんて本当に嫌ですよね。

そうならないためにも、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク