安眠をとる方法で簡単なものは? 食べ物や音楽についても紹介

普段から寝付きが悪く、日中眠くて仕事に集中できない。
次の日に大切な仕事がある……緊張して眠れない。
眠ろうと思って布団に入っているが、眠れなくてイライラする。

こんな経験がある方は多いのではないでしょうか?

現代の日本人は多忙を極めており、休める時に休むことができないと本当に辛いですよね。

特に、睡眠はその最たるものです。

睡眠時間が十分でないと、簡単な作業でもミスを引き起こしかねません。

自動車の運転などでは大きな事故につながりかねないため、怖いですよね。

しかし、「早く寝なければ!」と気負うほど眠れないという悪循環に陥る方も少なくないかと思います。

そこで今回の記事では、

  • 安眠をとる方法で簡単なものは?
  • 安眠方法に関係する食べ物とは?
  • 安眠をとる方法は音楽を聞くこと?

これらのことについて書いてみました。

是非、参考にしてください。

スポンサーリンク
  

安眠をとる方法で簡単なものは?

ここでは、お金をあまり使わなくてすむ方法をご紹介させていただきます。

家の中で簡単にできるものが多いので、眠れない方はすぐに試すことができますよ。


  • 規則正しい生活をする
睡眠のサイクルが狂ってしまっているのでは、気持ちよく寝ることは難しいと思います。

朝起きて夜に寝るという生活サイクルは基本的なことですが、とても大切なことです。

また、朝の時間に太陽光に当るのも、体内時計を調整するのに効果があります。

身体にいつ起きるのか、いつ寝るのかを教えるわけですね。

ちなみに、運動不足も睡眠を妨げる要因になります。

適度に身体を動かさないと、疲れていないため寝付きが悪くなるといったことが起こるからです。


  • 照明を調整する
明るい環境では寝付きが悪くなります。

「明かりがないと落ち着かない」という方は、時間をかけて徐々に照明の明るさを落としていくと良いと思います。

また、外部からの光(車のライトや建物からの光)にも気をつけましょう。

筆者の家は車の交通量が多い場所にあるので、夜は車のライトが眩しいです(2階まで光がしっかり届く)。

遮光性の高いカーテンを使うなど、外部からの光にも気を配ると良いと思います。


  • 寝る直前にゲームやパソコンをしない
これは有名ですね。いろいろな情報媒体で取り上げられていると思います。

ゲームやパソコンは身体に与える刺激が強いため、内容に意識が集中したり強く興奮したりします。

何かに集中していると人間の脳の働きは活発になりますが、その状態から落ち着くためには時間がかかります。

そのため、寝る直前までこれらのことをしているとなかなか寝付けない、ということが起こります。


  • 激しい運動や音楽をしない聞かない
激しい運動や音楽もゲームやパソコンと同じです。

興奮状態になると寝付けなくなるため、寝る直前にこれらのことは避けた方が良いでしょう。


  • 軽い体操をする
本格的なストレッチをする方もいらっしゃるかと思いますが、あまり量の多いものを毎日こなすのは大変だと思います。

スポンサーリンク

筆者が行っている体操は、

  1. 両手を真上に伸ばし、そのままぐぐっと背伸びをする。
  2. そのまま手を頭の上で組んで、左右に身体を倒したり捻ったりする。
  3. アキレス腱を伸ばす(走る人が準備体操にしているアレです)。

このような簡単なものです。

基本的に背中など、身体の裏側の筋肉をほぐすことを目的としています。


  • 足浴をする
身体が冷えていると眠れない場合があります。

しかし、お風呂に入る時間がとれないこともあるのではないでしょうか?

そんな時は足浴をすると良いかと思います。

以下に足浴の方法を記述します。

  1. まず、洗面器などにお風呂より少し熱めの湯(40℃強くらい)を入れる。
  2. 足のくるぶしあたりまでをお湯の中に浸す。
  3. これを10分くらい続ける。
  4. 終了後タオルなどでよく拭く。その際に足の裏全体を包むようにして、マッサージするようにしながら拭くと効果的。

安眠方法に関係する食べ物とは?

寝る前にホットミルクやココア、白湯やお味噌汁を飲むことにより、身体を温めると安眠に効果があります。

また、夕食に納豆、バナナを食べるのも良いでしょう。

納豆、バナナにはトリプトファンと呼ばれるアミノ酸の一種が含まれており、これは体内でセロトニンというホルモンに変わります。

さらにセロトニンはメラトニンというホルモンを合成し、これが体内時計を整える力があります。

つまり、トリプトファンを含む食品を食べることにより、体内時計を整え、夜寝やすくする効果が期待できるというわけですね。


逆に、寝る前にはコーヒー、緑茶などカフェインが入った物やアルコール・タバコは控えた方が良いでしょう。

これらには目を覚まさせる作用(覚醒作用)があるため、寝る前に摂取すると安眠を妨げます。

安眠をとる方法は音楽を聞くこと?

安眠のためにはリラックスした精神状態が必要になります。

明日の仕事はちゃんとできるかな……といたように、強い不安やストレスは安眠を妨げます。

そこで、精神をリラックスさせるために神経を落ち着かせる音楽を聞くと良いでしょう。

小さい音量にしたクラシックやヒーリング系の音楽が代表的だと思います。

筆者は、自然の音(特に雨の音や水の流れる音)が好きなのでそれを聞いています。

水の流れる柔らかい音は、精神を鎮めてくれるのがよくわかります。


また、冷え性の人は安眠できないことがあります

冷え性改善のための情報をまとめた記事をご紹介させていただきます。

冷え性の人が安眠するには? 布団が寒い場合や寝るときのレッグウォーマーについて
冷え性を改善する食べ物や飲み物とは? 運動やお風呂を使った方法も
冷え性を改善する入浴剤とは?入浴方法やお風呂で注意すべきこととは?

まとめ

しっかりとした睡眠は生活の基礎です。

毎日を快適に過ごせるように、記事に書いたことを試してみてはいかがでしょうか?

この記事があなたの安眠のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加