年賀状の書き方やマナーとは?例文や上司の方へ出す場合は?

新年といえば年賀状を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

本来は、直接会って年始の挨拶をするのが良いのですが、多忙である現代の日本人にとっては難しいと思います。

そこで年始の挨拶をするのが年賀状になるというわけですね。

最近では、メールなどで年始の挨拶をすませる人も増えてきていますが、会社の上司や恩師の方にはきちんと年賀状を出すべきだと思います。

とはいえ、友人に対して送るような内容の年賀状ではトラブルを引き起こす可能性があります。

目上の方へ送る年賀状は、どんなことに注意すればいいのか?

そこで今回の記事では、

  • 年賀状の書き方やマナーとは?
  • 年賀状の書き方やマナーを例文で確認する
  • 年賀状の書き方で上司の方へ出す場合は?

こういったことを書いてみました。

是非、参考にしてください。

スポンサーリンク
  

年賀状の書き方やマナーとは?

ここではまず、年賀状を書く際に、マナーや注意すべき点についてご紹介させていただきます。


  • 年賀状を書く際はボールペンでも問題なし
昔はボールペンは使わない方が良いとされていましたが、最近では印字による年賀状が多いため、手書きでボールペンを使用してもそこまで問題ではなくなってきています。

ただ、ボールペンで書く文字は細くなるため、事務的な印象を相手の方に与えるかと思います。

そこで、年賀状を書く際は筆ペンや油性のフェルトペンを使うと良いでしょう。

これらのペンを使えば、文字が太くなり見栄えがとても良くなります。


  • 年賀状に句読点は使わない
年賀状の文章には句読点を使いません。

これは、昔の日本で書かれていた手紙には句読点を使わないことが由来となっています。

句読点がないと文章が読みにくくなるかと思いますが、改行を上手く使えばこれを軽減できます。

ただ、句読点を絶対に使ってはダメというわけでもないので、どうしても上手く書けない方は句読点を使っても良いかと思います。

句読点を使わないことよりも、相手の方にスムーズに年始の挨拶をすることが大切だからです。


  • 誤字脱字の修正について
年賀状の誤字脱字を修正するために、修正液や修正テープ、二重線などを使うのはやめておきましょう。

基本的に、年賀状は間違えてしまった場合、面倒だと思いますが書き直すようにしましょう。

年始の挨拶をするために送る年賀状に修正液や修正テープが使われていたら、相手の方も不快だと感じると思います。


  • 縁起の悪い言葉は使わないように注意
「去る」「衰える」「病む」など、縁起の悪い言葉は年賀状に使わないようにしましょう。

新年早々、相手の方を不安にさせたりしなように年賀状には明るい言葉のみを使うよう気をつけましょう。


  • 元旦に届くように送る
当たり前かと思われるかもしれませんが、見落とす部分でもあります。

郵便局が定めた日までに投函するようにしましょう。


  • 年賀状に印刷するイラストについて
年賀状に、特定のキャラクターや画像を印刷する場合があるかと思います。

こういった場合は著作権法に違反しないように注意しましょう。

年賀状にそういったイラストを印刷し、多数の人に配ることは著作権法で定める「私的使用の範囲」を逸脱する可能性があるからです。

基本的に、イラストを年賀状に印刷する場合はフリーの素材を使うか、市販されているはがきを使うようにしましょう。


また、イラストを印刷する場合は、最低でも一言は手書きで文章を付け加えるのが常識です。

スポンサーリンク

イラストだけ印刷して終わり、ということがないようにしましょう。

年賀状の書き方やマナーを例文で確認する

次は、具体的にどういった文章を書けばいいのかについてです。

年賀状の文章は、

  1. 「明けましておめでとうございます」などの言葉
    例:謹賀新年
  2. 昨年、お世話になったお礼の言葉
    例:昨年は大変お世話になりました
  3. 新年のお付き合いをお願いする言葉
    例:年頭にあたり 本年も変わらぬご指導をお願いいたします
  4. 相手の方の幸せや健康をお祈りする言葉
    例:ご家族の皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます
  5. 日付……元旦の日付
    例:令和○○年 元旦

以上のことを組み合わせて作成します。

また、上司の方へ出す年賀状の例文として1例を作ってみました。

是非、参考にしてください。

上司の方へ出す年賀状の例文

謹賀新年
昨年は大変お世話になりました
年頭にあたり 本年も変わらぬご指導をお願いいたしますとともに
ご家族の皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます

令和○○年 元旦


年賀状の書き方で上司の方へ出す場合にやったら良いこと

お世話になった上司の方へ年賀状を出す場合は、失礼のないように気を使いますよね。

そこで年賀状をいきなり書くのではなく、下書きをすると良いかと思います。

特に、文字の大きさや間隔などを、しっかりと把握してから本番を書けばミスが大きく減るでしょう。

また、最近は印字が非常に多いですが、一言でも良いので絶対に手書きの文章を加えましょう。

手書きの文章があることで、その温かさが相手の方に伝わると思います。

年賀状で重要なのは昨年の感謝と新年の挨拶を伝えることなので、字が汚い方(私もです)でも丁寧に手書きをすれば大丈夫ですよ。

年賀状に関するその他の情報

年賀状の余りはどうするべきなのか?書き損じたものの処分方法とは?

年賀状が盗まれる!?個人情報流出を防ぐ対策方法を紹介

年賀状をやめる方法で適切なものはこれ!挨拶文の文例も紹介

年賀状はいつからいつまでに出すべきなのか?出し忘れた時の対処方法も紹介

お年玉切手シートってなに?交換するには何が必要になるのか?

新年の挨拶のメールを社外に送る!いつまでに出すべきかや例文も紹介

新年の挨拶をメールで上司に送るのは大丈夫なのか?注意点や例文について

喪中に年賀状を受け取った場合はこれ!返事の例分や時期について

喪中の方は年賀状を出すべきか?喪中はがきの書き方や返事について

年賀状の書き方やマナーとは?例文や上司の方へ出す場合は?

まとめ

年賀状は、普段お世話になっている上司の方へ感謝の気持ちを伝える良い機会です。

そのために、この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加