野良猫に噛まれた時の処置方法はこれ!病院の何科を受診すれば良いのかも紹介

「野良猫に手足を噛まれた!」

近所に野良猫がいるとこんな被害を被ることがあります。

しかし、野良猫に噛まれた際の処置方法なんてよくわかりませんよね。

また、病院の何科を受信すれば良いのかも悩んでしまうことでしょう。

「野良猫に噛まれた場所を水で洗っておけば大丈夫」と考える方がいらっしゃるかもしれませんが、野良猫に噛まれた場合は命の危険が生じることもあるんです!

そこで今回の記事では、

  • 野良猫に噛まれた時の処置方法はこれ!
  • 野良猫に噛まれた時は病院の何科を受診すれば良いのか?

これらのことについて、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

野良猫に噛まれた時の処置方法はこれ!

野良猫に噛まれた場合の処置方法は「病院に行くこと」です。

野良猫に噛まれると感染症に疾患する可能性があるためですね。

例えば、噛まれた箇所の激痛や腫れといった症状が現れる「パスツレラ症」、筋肉のこわばりやけいれん、発熱などの症状が現れる「破傷風」などが挙げられます。

感染症の種類や重篤度によっては命の危険も伴いので、「野良猫に噛まれた場所を水で洗っておけば大丈夫」などとは考えず、きちんと病院に行くようにしましょう。

良猫に噛まれた時の応急処置は?

野良猫に噛まれた場合、病院に行くまでに応急処置をしておくと感染症のリスクを抑えることが出来ます。

仮に、野良猫に噛まれた傷が大したことがなかったとしても、応急処置をしっかりとしておくべきです。

具体的な応急処置の方法としては、「傷口をよく洗う」・「傷口をしっかりと消毒する」ことの2つを行いましょう。

1つ目の「傷口をよく洗う」ですが、これは野良猫に噛まれた傷口に存在する菌やウイルスを洗い流すために行います。

綺麗な水道水で傷口をしっかりと洗い流すようにしましょう。

多少、染みますが食塩水や石鹸を使用するのも効果的です。

スポンサーリンク

屋外のように、水道が利用できない環境であれば、コンビニなどで飲水などを購入して代替することが出来ます。

2つ目の「傷口をしっかりと消毒する」ですが、マキロンやオロナインなどの傷専用市販薬、あるいはアルコールなどを傷口に塗っておきましょう。

これらの消毒液が手元にない場合は、石鹸で傷口を丁寧に洗うことでも効果があります。

また、野良猫に噛まれた傷口が深く、穴が空いている状態の場合、消毒後にガーゼを当てて包帯を巻いておくか、絆創膏を使って傷口を覆っておきましょう。

野良猫に噛まれた時は病院の何科を受診すれば良いのか?

野良猫に噛まれた時は病院で「外科」を受診して下さい。

噛まれた傷の程度によっては皮膚科と迷うかもしれませんが、検査などの関係上「外科」を受診するのが最適です。

「噛まれただけだから、飲み薬を貰って終わりかな?」と思われるかもしれませんが、点滴や傷口の定期的な消毒などが必要になることが多いようです。

もちろん、飲み薬も出されることになるでしょう。

また、症状によっては何度か通院する必要があるので、余裕があれば自分が通いやすい場所にある病院を選ぶと良いでしょう。

野良猫に関するその他の情報

野良猫に関するその他の情報は、以下の記事にまとめてあります。

野良猫がベランダに入らないようにする対策はこれ!必要な道具も紹介

野良猫への餌やりは違法なのか?禁止する条例についても紹介

野良猫の駆除方法はこれ!業者に依頼出来るのかなどもくわしく紹介

野良猫の糞の対策方法はこれ!必要な道具についてもくわしく紹介

野良猫の糞の処理方法はこれ!必要な道具などもくわしく紹介

野良猫の糞尿対策はこれ!臭いを消臭するために必要な道具も紹介

野良猫にひっかかれた時の対処方法はこれ!病院に行くべきなのかも紹介

まとめ

野良猫に噛まれた場合は、様々な感染症に疾患する危険性があります。

そんな状態にならないためにも、しっかりと処置をして病院へ行くようにしましょう。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加