野良猫の糞の対策方法はこれ!必要な道具についてもくわしく紹介

「野良猫が庭に糞をしていった!」

こういった野良猫の被害を被った方は多いかと思います。

野良猫の糞はかなりの悪臭を放つため、日常生活においては無視できない不愉快な存在ですよね。

しかし、野良猫への具体的な対策が思いつかず、悩んでしまうことでしょう。

そこで今回の記事では、野良猫の糞の対策方法について、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

野良猫の糞の対策をする前に

野良猫の糞の対策をする前に注意しておくことがあります。

それは、野良猫が動物愛護法で「みだりに傷つけたり殺したりすること」が禁じられている動物だからです。

人が飼っている犬猫のようなペットはもちろん、飼い主がいない野良猫もこれに該当するわけですね。

自宅の庭などに、野良猫が糞尿をして迷惑しているとしても傷つけることは厳禁です。

最悪の場合、2年以下の懲役、または200万円以下の罰金に処せられる可能性があります。

そのため、野良猫の糞の対策をするのであれば、動物愛護法に違反しない方法を採用するようにしましょう。

環境省自然環境局ホームページ内「動物愛護管理法の概要」

野良猫の糞の対策方法はこれ!

野良猫の糞の対策は「野良猫を近寄らせない」・「野良猫を追い払う」ことが基本になります。

野良猫を傷つけることなく、これらを満たす方法は以下の通りになります。


1・野良猫が苦手な香りを使う
野良猫には数多くの苦手とする香りがあります。

それらの香りを上手く使うことで、野良猫を近寄らせない方法になります。

野良猫が苦手とする臭いには、

1・かんきつ類
2・お酢や木酢液
3・コーヒーかす
4・芳香剤やハーブ
5・ハッカ

などが挙げられます。

野良猫が糞をする場合、「柔らかい土・砂場・芝の上」が多いため、こういった場所の近くに上記の臭いを発するものを設置しておくと良いでしょう。

また、かんきつ類なら皮を、コーヒーならドリップした後のカスやインスタントコーヒーを散布しておくのも効果的ですね。

お酢や木酢液などは量を用意するのが比較的簡単なので、広い範囲をカバーするのにも役に立つでしょう。


2・光や音を発するものを使う
猫は突然の光や音を嫌うため、この習性を利用して猫を追い払うことが出来ます。

簡単なものであれば、水を入れたペットボトルを配置するなどの方法が有名でしょうか。

スポンサーリンク

また、お金をかけることが出来るのであれば、猫の動作を感知して光を発するフラッシュライトを設置するのも良いでしょう。

次に、猫が嫌う音ですが、これは超音波を発生させる機材が販売されています。

超音波は、人間には聞こえない周波数でも猫には聞こえるので、家族や隣近所の迷惑になることはありません。

こちらも多少の出費が必要になりますが、長期間に渡って猫を撃退できるという利点があります。

ユタカメイク GDX-M ガーデンバリア (ミニ) 【1年間の安心保証】


3・トゲトゲのシートを使う
猫は肉球へのチクチクとした感触を嫌います。

そのため、突起物があるシートなどを猫が入ってくる場所に置いておけばバリケードの効果を発揮します。

また、こういったバリケードはある程度の範囲をカバーするように配置するとより効果的です。

実際に設置するものは、猫を傷つけないようなものを選ぶと良いでしょう。

第一ビニール ここダメシート 10枚パック


4・猫のトイレを用意してみる
どうしても野良猫が糞をすることを阻止できない場合、こちらで猫用のトイレを用意して猫を誘導してみるのもありです。

花壇などで糞をされると困りますが、あらかじめ野良猫が糞をしても大丈夫である場所を作ってしまうわけですね。

可能であれば、猫の糞の臭いが付いた土をそこへ用意できれば完璧です。

野良猫に関するその他の情報

野良猫に関するその他の情報は、以下の記事にまとめてあります。

野良猫がベランダに入らないようにする対策はこれ!必要な道具も紹介

野良猫に噛まれた時の処置方法はこれ!病院の何科を受診すれば良いのかも紹介

野良猫への餌やりは違法なのか?禁止する条例についても紹介

野良猫の駆除方法はこれ!業者に依頼出来るのかなどもくわしく紹介

野良猫の糞の処理方法はこれ!必要な道具などもくわしく紹介

野良猫の糞尿対策はこれ!臭いを消臭するために必要な道具も紹介

野良猫にひっかかれた時の対処方法はこれ!病院に行くべきなのかも紹介

まとめ

野良猫の糞が花壇などにあると本当に不快ですよね。

そんな状況を解決するために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加