夏バテから犬を守る対策はこれ!犬からの夏バテサインについても紹介

全身が体毛で覆われている犬は夏バテになりやすいです。

最近の日本では猛暑が続いているため、特に注意が必要になります。

しかし、愛犬を夏バテから守るにしても、具体的な対策がわからず悩んでしまいますよね。

また、犬が夏バテになった時のサインを見逃さないようにもしたいところです。

そこで今回の記事では、

  • 夏バテから犬を守る対策はこれ!
  • 犬が夏バテになった時のサインとは?

これらのことについて、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

夏バテから犬を守る対策はこれ!

犬は人間とは違い汗を出すための汗腺がないため、汗で体温調整することができません。

さらに、分厚い被毛に覆われていることから、身体に熱がこもりやすい特徴をもっています。

猛暑の夏にておいは、愛犬が夏バテにならないように飼い主側で守って上げる必要があるわけですね。

そして、夏バテから愛犬を守るための具体的な方法としては、以下のようなやり方があります。


1・適切な環境を整える
上記にもあるように、犬は高温多湿の環境にとても弱いです。

そのため、愛犬を夏バテから守るためには高温多湿の環境を変えるようにするのが良いでしょう。

一般的に、犬にとって適切であるとされる環境は、「室温25℃~27℃」・「湿度50%以下」だとされています。

この2つの条件をクリアするためには、エアコンや除湿機などを使って室内を涼しくするのが一番簡単ですね。

タオルで巻いた保冷剤などを、寝床に置いてあげるのも効果的です。

ちなみに、扇風機は犬の体温を下げる効果が得られないことに注意してください。

肉球などの極一部分しか汗をかかない犬には、扇風機の風を当てるだけでは効果がないからですね。

また、屋外で愛犬を飼育している場合は、直射日光をさえぎる「すだれ」や「ビニールシート」などを小屋周辺に設置しましょう。

あるいは、暑さが酷い季節の間は、愛犬を室内へ避難させてあげるのも方法の1つです。


2・飲み水を切らさない
夏バテ対策にはこまめな水分補給が不可欠になります。

愛犬がいつでも新鮮な水が飲めるように、飲み水を切らさないようにしましょう。

犬小屋などの屋外で愛犬を飼育している場合は、高温により水が短時間で蒸発して無くなってしまいます。

そのため、2~3時間程度を目安として、犬の飲水を確認しておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

ちなみに、犬によっては水をあまり飲みたがらない場合があります。

こういった時は、愛犬に与えるエサの水分を多めにするなどの工夫をすると良いでしょう。

例えば、ドライフードよりもウェットフードを愛犬に与えるようにするなどですね。


3・被毛を減らす
犬種にもよりますが、被毛が厚いと体内にある熱を上手く放出することが出来なくなってしまいます。

人間で言うと、真夏に防寒着を分厚く着込んでいる状態のようなものなので、愛犬が快適に過ごすためにもサマーカットを施してあげると良いでしょう。

ただ、被毛をあまりにも短くしてしまうと、今度は日光が直接肌に当たるようになるため、体温が上がりやすくなる他、皮膚ガンなどの原因になってしまいます。

愛犬にサマーカットをしてあげる場合、素人がするよりも専門家の方に依頼した方が無難でしょう。

犬が夏バテになった時のサインとは?

愛犬が夏バテになった場合、様々な症状が現れます。

夏バテは重篤化すると命に関わる危険もあるため、初期段階で容態を改善しておきたいところです。

夏バテの初期症状としては、

1・呼吸が荒い
2・呼びかけへの反応が鈍い
3・愛犬が床にうずくまる
4・食欲が低下した
5・嘔吐や下痢

以上のような症状が挙げられます。

愛犬がこのような状態であるならば、夏バテになってしまっている可能性を疑うべきです。

前章の対策を施したり、動物病院に連れて行くなどの必要な処置を取るようにしましょう。

また、太っている犬は特に注意が必要になります。

脂肪に熱がこもりやすいため、症状が酷くなりやすいからですね。

夏バテに関するその他の情報

夏バテに関するその他の情報は、以下の記事にまとめてあります。

夏バテ予防に必要な栄養素はこれ!食材などもくわしく紹介

夏バテで食欲がない時の栄養補給はこの方法で!栄養ドリンクのおすすめも紹介

夏バテで子供への対策はこれ!食欲不振になった場合の対処方法も紹介

夏バテの原因はこれ!症状や対策が簡単に出来るやり方をくわしく紹介

猫を夏バテから守る対策はこれ!見分け方についてもくわしく紹介

夏バテで食欲がない時にはどうすれば良いのか?対処方法をくわしく紹介

夏バテ予防になる食べ物のおすすめとは?具体的な食品をくわしく紹介

まとめ

夏バテから愛犬を守るために、しっかりとした対策を施したいですね。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする