ネズミの侵入経路を見つける方法はこれ!侵入防止のためのやり方も紹介

ネズミは何処からともなく現れ家に住み着きます。

ネズミが家に住み着いてしまうと、糞尿やダニなどの被害に悩まされるため、早急に対策を講じたいところです。

そこで問題になるのがネズミの侵入経路です。

何処から家に入ってくるのかを特定しないと、いつまで経ってもネズミがいなくならないですからね。

そこで今回の記事では、

  • ネズミの侵入経路を見つける方法はこれ!
  • ネズミの侵入を防止するやり方とは?

これらのことについて、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

ネズミの侵入経路を見つける方法はこれ!

1・ラットサインを発見する
「ラットサイン」とは、ネズミが通路にしてる場所に残されたフンや尿といった、ネズミが通った後に残る痕跡のことを指しています。

ネズミが通った通路上にはフンや尿が残されることが多く、また、ネズミは壁に沿って隅を移動する習性があるため、体表の汚れや油が壁や家財に残っていることがあります。

そのため、このラットサインを発見すれば、「ネズミが頻繁にその場所を移動していること」や「ネズミが家の中でよく活動している」ことを知ることが出来るわけですね。

もちろん、ネズミが家の中へ入る際の侵入経路を特定することにも繋がります。


2・ネズミの侵入経路を調べる
上記のラットサインを発見したら、次はラットサインを辿ってみてください。

ネズミが侵入してくる入り口や巣の場所を特定する必要があるからですね。

ちなみに、ネズミが侵入口としやすい場所としては、以下のような場所が挙げられます。

1・災害などで生じた建物の隙間
2・床下や屋根の通風口
3・屋根の隙間
4・下水管や排水口
5・ブレーカーや配電盤の周囲にある隙間
6・台所の換気扇
7・エアコンの配管の隙間

以上になります。

また、ネズミが侵入することが出来る隙間の大きさは、500円玉ほどの大きさがあれば家の中へ入ってきます。

ネズミの種類によっては1cm程度でも侵入してくることがあります。

そのため、ラットサインがあるこれらの場所にちょっとした隙間がある場合、そこからネズミが侵入している可能性があるわけですね。

ネズミの侵入を防止するやり方とは?

ネズミの侵入を防止するやり方には、大きく分けて3つの方法があります。

スポンサーリンク

つまり、「ネズミの侵入口を塞ぐ」・「ネズミの手が届く場所に食料を置かない」・「巣の材料となるものを取り除く」の3つですね。


1・ネズミの侵入口を塞ぐ
前章にあったラットサイン近辺にある隙間などを塞いで、ネズミが家に入ってこれなくしてしまいましょう。

金属製のタワシや金網、ネズミ侵入防止用のパテなどで隙間を塞ぐのが効果的です。

注意点としては、ネズミは硬いものでも齧って削り取ってしまうことです。

例えば、家の建材をはじめ、電線やガス管、通信ケーブルなども齧って破損させてしまいます。

そのため、ネズミの侵入口を塞ぐためには、ネズミが齧っても穴があかない材質のものを選ぶ必要があるわけですね。


2・ネズミの手が届く場所に食料を置かない
ネズミはかなりの大食漢です。

そのため、常に餌となるものを探し回っており、食料が大量にある場所を見つけると、そこを餌場だと覚えてしまいます。

家の中にあるネズミの餌になるもの、例えば、

1・キッチンの三角コーナーやゴミ箱の生ゴミ
2・ペットフードの食べかす
3・空き缶に残ったジュースやビール

以上のようなものがネズミの餌になりやすいですね。

こういったネズミの餌になるものを家の中から排除してしまいましょう。


3・巣の材料となるものを取り除く
布・ビニール・新聞紙・木材・ダンボールなどはネズミの巣材になってしまいます。

ネズミが家の中に巣を作る原因の1つになってしまうので、こまめに処分するように注意してください。

また、家の断熱材などが巣材として使われることがあります。

そのため、天井裏や壁の中などにネズミが出入りしているようであれば、巣がある可能性があります。

ネズミに関するその他の情報について

ネズミに関するその他の情報については、以下の記事にまとめています。

ネズミが原因でアレルギーになる理由はこれ!

ネズミが床下にいる場合の駆除方法はこれ!侵入出来なくなる対策方法も紹介

ネズミが天井裏にいる時の駆除方法はこれ!侵入防止のための対策も紹介

ネズミの巣の見つけ方はこれ!駆除方法についてもくわしく紹介

ネズミのフンの掃除方法はこれ!臭いを消すやり方もくわしく紹介

物置のネズミ対策はこの方法で!必要な道具もくわしく紹介

ネズミ駆除で家の中の場合はこの方法で!必要な道具もくわしく紹介

まとめ

ネズミの侵入経路を見つけてすばやく駆除してしまいたいですよね。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加