歯石と歯垢の違いとは?歯磨き粉を使って自分で取れるのか? | ごろん小路。

歯石と歯垢の違いとは?歯磨き粉を使って自分で取れるのか?

「歯石と歯垢の違って何?」

歯石や歯垢という単語は見聞きする機会は多いですが、その違いについてはよくわからない方が多いのではないでしょうか?

また、歯石を歯磨き粉などを使って自力でとれるかどうかも気になりますよね。

そこで今回の記事では、

  • 歯石と歯垢の違いとは?
  • 歯石除去が歯磨き粉で可能なのか?
  • 歯石は自分でとれるのか?

これらのことをお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

歯石と歯垢の違いとは?

「歯石」とは、歯にたまったプラーク(細菌の塊)が唾液の中に含まれるカルシウムやリンなどの無機物によって石灰化し、非常に固く石のように沈着したもののことを指しています。

歯石が「細菌の化石」と呼ばれるのは、この石灰化によって固くなるからですね。

また、歯石自体はプラークのように酸や毒素を出すということはありませんが、歯石の表面は荒れているため、新たに細菌が付着・増殖しやすい状態となってしまいます。

その結果、その菌が歯周病や口臭などの原因となる可能性が高くなるので注意をしておきましょう。


次に「歯垢」ですが、これは別名「プラーク」とも呼ばれます。

歯の表面や歯と歯茎の境目、歯と歯の間に付着している細菌の塊のことを指します。

歯に挟まった食べカスなどは口をすすげば落とすことができますが、歯垢は粘度が高いため、歯ブラシを使った歯磨きでなければ取り除くことができません。

また、その性質上歯垢にはたくさんの細菌が住み着いています。

これらの細菌の中には虫歯や歯周病の原因となる菌が存在しているため、歯の健康を守る上で非常に厄介な存在だと言えます。

歯石除去が歯磨き粉で可能なのか?

結論から言えば、歯石除去は歯磨き粉ではできません。

というのも、歯磨き粉には歯石を落とすことに直接効果のある成分が含まれていないからです。

さらに、前章にもあるように、歯石は非常に固い状態となっているため、歯ブラシのような柔らかいものではまったく歯が立たないことも大きいです。

そのため、歯石が発生する前の段階である歯垢の状態で歯磨きをしっかりと行うことで、歯石を予防することができます。

また、歯石を取り除きたいと考えているのであれば、歯医者さんを受診すれば歯石を除去してもらえます。

スポンサーリンク

固い歯石を取り除くためには、スケーラーといった道具が必要となるため、こういった道具の扱いに習熟している専門家に任せれば確実です。

歯石は自分でとれるのか?

歯石を自分でとれるかというと、とることはできます。

しかし、前章にもあるように、歯石は非常に固いため、歯ブラシのような柔らかいものではまったく歯が立ちません。

そのため、固い歯石を取り除くためには「スケーラー」といった道具が必要となります。

ただ、スケーラーを使った自力での歯石除去は、歯石の位置などの問題があるため、非常に難しいです。

多くの場合、歯石は下顎の前歯の裏側や歯ブラシが届かないような奥歯などに発生するからです。

こういった場所の歯石をスケーラーで取ろうとすると、誤って歯や歯茎を傷つける危険があります。

歯の傷は様々な病気の原因となる可能性があるため、安全面を考慮すると、道具を扱いなれている歯医者を受診することをおすすめします。

NONIO(ノニオ) [医薬部外品] マウスウォッシュ クリアハーブミント 洗口液 セット 600ml +ミニリンス80ml

クリアクリーン デンタルリンス ホワイトニング アップルミント 薬用液体ハミガキ 600ml [医薬部外品]

歯石に関するその他の情報

歯石は口臭の原因になる?除去すれば改善するのか?

歯に歯石ができやすい人の特徴とは?できやすい場所も紹介

歯石取りの頻度はどのくらい?痛いのかや取れた後に起こる変化とは?

歯石を自分で取るのは大丈夫?安全な取り方とは?

歯石と歯垢の違いとは?歯磨き粉を使って自分で取れるのか?

歯石ができる原因とは?対策方法や除去についても紹介

歯石とは何か?放置するとどうなる?

まとめ

歯石と歯垢は、歯に悪影響を与えるという共通点はありますが、多くの面で異なります。

対処方法も違うので、適切に取り除いて歯の健康を守りたいですね。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク