ブルーベリーのアレルギー症状とは?食物アレルギーの対処方法とは? | ごろん小路。

ブルーベリーのアレルギー症状とは?食物アレルギーの対処方法とは?

「ブルーベリー」を食べていると口の中が痒くなることがあります。

もしかしたら、それはブルーベリーのアレルギー症状かもしれません。

食物アレルギーは卵や牛乳、小麦粉などで有名ですが、ブルーベリーの場合はよくわかりませんよね。

そこで今回の記事では、

  • ブルーベリーのアレルギー症状とは?
  • 食物アレルギーの対処方法とは?

これらの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク
  

ブルーベリーのアレルギー症状とは?

ブルーベリーのアレルギー症状としては、唇や口の中にかゆみや腫れ、痛みなどが現れる可能性があります。

あるいは、目や鼻にも痒みが出て花粉症のような症状になる場合もあります。

また、これらの症状は、軽い場合はブルーベリーを食べておよそ15分以内に症状が出ることが多いと言われております。

また、皮膚にアレルギー症状が出ることもあり、蕁麻疹(じんましん)として出て強い痒みが襲ってきます。

重い症状になると、吐き気や腹痛として症状が出ることもあり、ブルーベリーのアレルギー症状は様々なものがあります。


ちなみに、ブルーベリーアレルギーは、ブルーベリーそのものにアレルギーを持っている場合と、直接ブルーベリーがアレルゲンではないのに起こる「口腔アレルギー症候群」があります。

例えば、花粉症の症状が現れる人の場合は、その花粉症のアレルゲンである植物とブルーベリーの構造が似ています。

そのため、身体の免疫システムがブルーベリーもアレルゲンの花粉と同じものとして判断し、その結果、口の中がかゆくなるといったアレルギー反応が起こる可能性があります。

実際、ブルーベリーそのものがアレルゲンになることはほとんどなく、免疫システムがブルーベリーをアレルゲンと間違えてしまい起こることが多いと言われています。

食物アレルギーの対処方法とは?

食物アレルギーの対処方法としては、アレルゲンとなる食べ物を食べないことが基本となります。

加工食品にはアレルギー発症頻度の多い食物である卵・牛乳・小麦・エビ・カニ・そば・ピーナッツは、これらが商品に含まれていることが表示されているので、食べることを未然に防ぐことに役立ちます。

あるいは、栄養バランスを崩さないよう代替食品を考慮すると良いでしょう。

また、食品をしっかり加熱することで症状が出なくなることもあります。

これは、アレルゲンとなる食べ物が「果物」である場合に起こります。

スポンサーリンク

果物は加熱によってアレルゲンが壊れやすい構造をしているので、実際に加熱された果物であれば症状が出なくなる人も多いです。

例えば、りんごアレルギーの人だと、アップルパイやジャム、果物を砂糖やワインを使って煮るデザートなどだとアレルギー症状が現れない場合があります。

くわしくは、病院で医師の方とアレルゲンの種類や症状などについて相談の上、考えるようにしてください。

例えば、鶏卵とイクラなどの魚卵に含まれるアレルゲンタンパク質は別物なので、鶏卵アレルギーがあっても魚卵を除去する必要はないなどの特徴があります。

スドージャム 感動素材 JASブルーベリー 830g

ブルーベリーに関するその他の情報

ブルーベリーを犬は食べられるのか?何個まで食べられる?

ブルーベリーは冷蔵庫で何日保存できる?保存する時のやり方とは?

ブルーベリーの育て方とは?植える時期はいつ?

ブルーベリージャムにカビが生える原因とは?予防方法や食べられるのか?

ブルーベリーのアレルギー症状とは?食物アレルギーの対処方法とは?

ブルーベリーを食べ過ぎるとどうなる?1日の摂取量とは?

ブルーベリーは冷凍してそのまま食べる?効果や効能とは?

ブルーベリーは冷凍保存できる?解凍方法やぶよぶよにならない?

ブルーベリーの保存方法とは?冷蔵庫での保存や保存期間は?

まとめ

ブルーベリーのアレルギー症状としては、唇や口の中にかゆみや腫れ、痛みなどが現れる可能性があります。

あるいは、目や鼻にも痒みが出て花粉症のような症状になる場合もあります。

これらの症状は、軽い場合はブルーベリーを食べておよそ15分以内に症状が出ることが多いと言われております。

また、ブルーベリーアレルギーは、ブルーベリーそのものにアレルギーを持っている場合と、直接ブルーベリーがアレルゲンではないのに起こる「口腔アレルギー症候群」があります。

そして、食物アレルギーの対処方法としては、アレルゲンとなる食べ物を食べないことが基本となります。

スポンサーリンク