ブルーベリーは冷凍してそのまま食べる?効果や効能とは? | ごろん小路。

ブルーベリーは冷凍してそのまま食べる?効果や効能とは?

「ブルーベリー」の保存方法の1つに冷凍保存がありますが、この冷凍したブルーベリーをそのまま食べても大丈夫なのか疑問に思うことがありますよね。

また、ブルーベリーを冷凍した際の効果や効能も気になるところです。

そこで今回の記事では、

  • ブルーベリーは冷凍してそのまま食べる?
  • ブルーベリーを冷凍する効果とは?
  • ブルーベリーの効能とは?

これらの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク
  

ブルーベリーは冷凍してそのまま食べる?

結論から言えば、ブルーベリーは冷凍してそのまま食べることができます。

通常ブルーベリーは常温保存には向かず、長期間の保存が難しい果物なのですが、冷凍保存をすることで長期保存が可能となります。

もちろん、冷凍したブルーベリーを解凍して、それを美味しく食べることができます。

注意点としては、冷凍したブルーベリーは解凍するとどうしても色素が出てきたり、ぶよぶよした食感になってしまいます。

そのため、ケーキのトッピングなどには使えなくなってしまいますが、ジャムやスムージーに使うのであれば問題ありません。

ブルーベリーを冷凍する場合は、使用用途も考えておくと後からのトラブルを避けることができます。

また、ブルーベリーを冷凍保存する方法としては、以下のようなやり方になります。

1・傷んだ粒が入っていないかを確認し、もしあれば取り除く
2・ブルーベリーを水で洗う
3・キッチンペーパーでしっかりと水気を取る
4・小分けにして冷凍用保存袋に入れる
5・アルミトレーなどにのせて出来るだけ早く凍らせる
6・完了!

以上です。

冷凍庫内におけるブルーベリーは、温度変化による影響を避けるために「奥」の方で冷凍すると良いでしょう。

ブルーベリーを冷凍する効果とは?

前章にもあるように、ブルーベリーは長期間の保存が難しい果物なのですが、冷凍保存をすることで長期保存が可能となります。

一般的な冷蔵保存の期間が「7~10日程度」であるのに対して、冷凍保存の場合は「3~6ヶ月」とかなりの長期間にわたり保存が可能となります。

もちろん、個々のブルーベリーの品質にも影響されますが、「ブルーベリーを買ったけど食べ切れない」・「使うタイミングが難しい」といった時に冷凍保存をすると効果的ですね。

また、冷凍保存中は栄養価が長期間キープされるとう特徴があります。

ブルーベリーは冷凍のものでも、生のものと栄養価は大きく変わらないと考えて良いでしょう。

ブルーベリーの効能とは?

ブルーベリーには、人間の身体に良い効能がたくさんあります。

具体的には、以下のようなものが挙げられます。

1・視覚機能の働きを助ける
2・血流を良くする
3・腸内環境を整える
4・美肌効果がある

以上です。

1番目の「視覚機能の働きを助ける」は有名ですね。

ブルーベリーが目に良いと言われるのは、ポリフェノール成分である「アントシアニン」が含まれているからです。

人間は目で見たものを脳で「見える」と認識させるために、たんぱく質「ロドプシン」の分解・合成を繰り返して脳へ電気信号を発しています。

スポンサーリンク

そして、アントシアニンはこのロドプシンの再合成に関わっており、視覚の働きを助けるとされているわけです。

ロドプシンは疲れや加齢に伴って再合成力が衰えるため、ブルーベリー食べることで目の調子を良くすることが期待できます。


2番目の「血流を良くする」とは、上記のアントシアニンには高血圧の改善や血液をさらさらにするなど、血流をスムーズにする働きがあるとされます。

研究段階ではあるものの、血糖値上昇を防ぐ効果やコレステロール値の改善など、生活習慣病に関する効果も期待されています。


3番目の「腸内環境を整える」とは、ブルーベリーに含まれている不溶性食物繊維の効果によるものです。

不溶性食物繊維は便秘予防に効果があると言われており、これは不溶性食物繊維が水分を吸収すると、数倍にカサが増し腸を刺激することで排便が促進されるためです。

また、腸内に存在する善玉菌が活性化する作用もあり、お腹の調子を良く整えることが期待できます。


最後の「美肌効果がある」はそのままですね。

ブルーベリーには抗酸化作用が強いビタミンEが豊富に含まれています。

抗酸化作用があるビタミンEは老化防止に役立つため、その効果が美肌効果にも繋がるというわけですね。

また、ビタミンE以外では、ブルーベリーに含まれる鉄や亜鉛は、疲労感・倦怠感・免疫力低下といった症状の改善に効果があるとされています。

ルクール 冷凍ブルーベリー 1kg 山形産 完熟 ブルーベリー 冷凍 フルーツ お菓子作り 様々なレシピで大活躍

ブルーベリーに関するその他の情報

ブルーベリーを犬は食べられるのか?何個まで食べられる?

ブルーベリーは冷蔵庫で何日保存できる?保存する時のやり方とは?

ブルーベリーの育て方とは?植える時期はいつ?

ブルーベリージャムにカビが生える原因とは?予防方法や食べられるのか?

ブルーベリーのアレルギー症状とは?食物アレルギーの対処方法とは?

ブルーベリーを食べ過ぎるとどうなる?1日の摂取量とは?

ブルーベリーは冷凍してそのまま食べる?効果や効能とは?

ブルーベリーは冷凍保存できる?解凍方法やぶよぶよにならない?

ブルーベリーの保存方法とは?冷蔵庫での保存や保存期間は?

まとめ

ブルーベリーは冷凍してそのまま食べることができます。

ブルーベリーを冷凍保存する方法としては、以下のようなやり方になります。

1・傷んだ粒が入っていないかを確認し、もしあれば取り除く
2・ブルーベリーを水で洗う
3・キッチンペーパーでしっかりと水気を取る
4・小分けにして冷凍用保存袋に入れる
5・アルミトレーなどにのせて出来るだけ早く凍らせる
6・完了!

以上です。

冷凍庫内におけるブルーベリーは、温度変化による影響を避けるために「奥」の方で冷凍すると良いでしょう。

また、ブルーベリーには、人間の身体に良い効能がたくさんあります。

具体的には、以下のようなものが挙げられます。

1・視覚機能の働きを助ける
2・血流を良くする
3・腸内環境を整える
4・美肌効果がある

以上です。

スポンサーリンク