自転車のヘルメット義務化はいつから?罰則はいつから? | ごろん小路。

自転車のヘルメット義務化はいつから?罰則はいつから?

「自転車のヘルメット」が義務化されるという話を聞くことがあります。

道路交通法改正の施行により、全国の都道府県で自転車のヘルメット着用が努力義務化するわけですね。

しかし、ヘルメットの着用義務化は具体的にいつからなのか、罰則があるのかなどがよくわからないかと思います。

そこで今回の記事では、

  • 自転車のヘルメット義務化はいつから?
  • 自転車のヘルメット義務化は罰則がある?
  • 自転車のヘルメット義務化で罰則はいつから?

これらの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク
  

自転車のヘルメット義務化はいつから?

結論から言えば、自転車のヘルメット義務化は「2023年4月から」になります。

道路交通法改正の施行により、全国の都道府県で自転車のヘルメット着用が努力義務となったわけですね。

これまでは各自治体などで対応が異なっていた場合でも、この法改正によって統一される形になります。

今後は年齢などに関わらず、すべての人間が自転車利用時にヘルメットの着用に努めなければなりません。

くわしくは、道路交通法の第六十三条の十一に記載されています。

道路交通法 (自転車の運転者等の遵守事項)

第63条の11 第1項
自転車の運転者は、乗車用ヘルメットをかぶるよう努めなければならない

第2項
自転車の運転者は、他人を当該自転車に乗車させるときは、当該他人に乗車用ヘルメットをかぶらせるよう努めなければならない。

第3項
児童又は幼児を保護する責任のある者は、児童又は幼児が自転車を運転するときは、当該児童又は幼児に乗車用ヘルメットをかぶらせるよう努めなければならない。

引用元:道路交通法 第六十三条の十一

また、今後の予想ですが、自転車利用時のヘルメット着用は段階的に完全義務化される可能性も考えられます。

そのため、今のうちから自転車に乗る際のヘルメット着用を習慣化して、すぐに対応できるようにしておくと良いかと思います。

自転車のヘルメット義務化は罰則がある?

結論から言えば、自転車のヘルメット義務化に対して罰則は存在しません。

少なくとも、2024年現在では、自転車を利用する際にヘルメットの着用をしなくても罰則は発生しません。

ただ、前章にもあるように、自転車利用時のヘルメット着用は段階的に完全義務化される可能性が考えられます。

また、自転車事故による死亡例を見ると、その約7割が頭部に致命的な外傷を負ったことが原因だとされています。

そのため、ヘルメット義務化に対する罰則はないのですが、命を守るためにヘルメットは着用した方が良いのは間違いありません。

自転車のヘルメット義務化で罰則はいつから?

前章にもあるように、自転車のヘルメット義務化による罰則はありません。

また、2024年現在ではいつから罰則が定められるかはわからない状態となっています。

スポンサーリンク

ただ、警察庁は自転車の悪質な交通違反が後を絶たないことから、反則金を課すいわゆる「青切符」による取締りを導入する方針を固めました。

そのため、今は罰則はありませんが、将来罰則が作られる可能性が十分にありえるので、今のうちから自転車に乗る際のヘルメット着用を習慣化して、すぐに対応できるようにしておくと良いかと思います。

amazon:大人用自転車ヘルメット

自転車に関するその他の情報

自転車のヘルメット義務化で大人はいつから?罰則は?

自転車のヘルメットの正しい被り方とは?眼鏡の人はどう被る?

自転車のヘルメットの捨て方とは?中古品の安全性は?

自転車のヘルメット購入時に補助金がでる?手続きは?

自転車のヘルメットの選び方とは?どこで買う?

自転車のヘルメット義務化は子どもにも適用される?いつから?罰則がある?

自転車のヘルメット義務化はいつから?罰則はいつから?

台風で自転車が倒れて車に傷が付いた場合の対処方法はこれ!

子共乗せ電動アシスト自転車の台風対策はこの方法で!

台風時に自転車で通勤することは大丈夫なのか?

台風時の自転車の置き方でアパートやマンションの場合はこの方法で!

台風で自転車が破損した時に保険は使えるのか?

台風時の自転車の固定方法や置き方のおすすめはこれ!

台風時に自転車を家に入れられない時の対処方法はこれ!

台風時の自転車の転倒防止方法はこれ!必要な道具も紹介

交通事故で自転車の場合の原因はこれ!対策方法もくわしく紹介

まとめ

結論から言えば、自転車のヘルメット義務化は「2023年4月から」になります。

道路交通法改正の施行により、全国の都道府県で自転車のヘルメット着用が努力義務となったわけですね。

これまでは各自治体などで対応が異なっていた場合でも、この法改正によって統一される形になります。

また、自転車のヘルメット義務化に対して罰則は存在しません。

少なくとも、2024年現在では、自転車を利用する際にヘルメットの着用をしなくても罰則は発生しません。

ただ、前章にもあるように、自転車利用時のヘルメット着用は段階的に完全義務化される可能性が考えられます。

スポンサーリンク