スーツのカビ対策方法とは?原因や取り方とは? | ごろん小路。

スーツのカビ対策方法とは?原因や取り方とは?

「スーツ」はクローゼットにかけるなどして保管していることが多いかと思いますが、スーツにカビが生えることがありますよね。

久しぶりに着ようと思ったスーツがカビていたという事態は避けたいものです。

スーツにカビが生える原因を知って、対策をしておきたいですよね。

そこで今回の記事では、

  • スーツのカビ対策方法とは?
  • スーツにカビが生える原因とは?
  • スーツのカビの取り方とは?

これらの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク
  

スーツのカビ対策方法とは?

スーツのカビ対策を行う際には、重要となるポイントがいくつか存在します。

このポイントを理解しておくと、スーツをカビから守りやすくなります。

具体的なポイントとしては、以下のようなものが挙げられます。

1・温度
2・湿度
3・栄養源

以上です。

1番目の「温度」とは、スーツを保管している場所の気温が「25~28℃」になる場合を指しています。

一般的に、カビは気温が「25~28℃」になると繁殖速度が大きく上がります。

そのため、スーツを保管している場所の気温がこの温度帯だと、カビが繁殖しやすい状態だと言えます。

また、スーツを保管するクローゼットは空気の流れが生まれないため、高温になりやすいという特徴があります。

扉を閉めっぱなしにしていると、温度が下がりにくいですからね。

対策方法としては、風通しが良い場所でスーツを保管することが挙げられます。


2番目の「湿度」はそのままですね。

多くの方がご存知のように、カビは湿度の高い環境を好みます。

お風呂場や洗面所など水回りにカビが発生しやすいのは、この特徴が原因であるわけですね。

とくに、7月から9月は湿度が80%を超えることが珍しくないため、上記の温度と合わさってカビが大量発生しやすい環境となります。

クローゼットのような閉所は、湿度が溜まりやすい場所であることも問題となります。

対策方法としては、上記の温度と同じように、風通しが良い場所でスーツを保管することが挙げられます。

あるいは、除湿剤などを使用して湿度を調整するという方法もあります。

また、スーツを着用した後は、スーツに残った湿気を取り除くために、ハンガーに吊るして乾燥させるようにしましょう。


最後の「栄養源」とは、カビが繁殖するために必要な栄養、具体的には食事をした時に付着した食べカス、皮脂や髪の毛などを指しています。

スーツを着用した時に、これらの汚れやゴミが付着していることに気が付かないまま放置してしまうと、それらを栄養にしてカビは増殖していきます。

そのため、スーツを着用した後は、ブラッシングをしてこれらの汚れを取り除くようにしましょう。
あるいは、自力で汚れを取り除くことが難しい場合は、クリーニングに出すことを検討した方が良いかと思います。

スーツにカビが生える原因とは?

スーツにカビが生える原因は、前章にある「温度」・「湿度」・「栄養源」の3つの要素になります。

これらの条件がカビの繁殖条件と合わさった場合、爆発的にカビが繁殖していくことになります。

スポンサーリンク

そのため、前章にあるように、スーツを風通しが良い場所で保管したり、保管する場所の湿度をコントロールするなどの対処方法が効果的です。

また、衣替えなどでスーツを長期間保管する場合は、その前にクリーニングをしておくことをおすすめします。

スーツのカビの取り方とは?

スーツに生えたカビを自力で取り除きたい場合は、まずカビの種類によって対処方法が変わることに注意をしてください。

まず、「白カビ」の場合ですが、白カビはスーツの表面にできていることが多く、繊維の奥までは入り込んでいないため、屋外でスーツをはたけばおおよそ落とすことができます。

その後、またカビが生えないようにしっかり死滅させる必要があるので高熱を与えるようにしましょう。

まずはスーツの洗濯表示を見て、乾燥機の使用が大丈夫である場合は、自宅やコインランドリーの乾燥機にかけましょう。

逆に、乾燥機の使用が無理であれば、クリーニングに出して綺麗にしてもらうと良いでしょう。


次に「黒カビ」の場合ですが、黒カビは多くの場合繊維の奥まで入り込んでしまっているため、クリーニングに出すことをおすすめします。

一応、塩素系漂白剤を使えば衣類についた黒い色素を落とすことができますが、生地が傷んだり、色落ちなどが発生することが懸念されるため避けた方が無難です。

また、そもそもカビの被害が重篤である場合は、素人の作業ではカビを落とせないことにも注意をしておきましょう。

エステー ドライペット ドライペット シートタイプ 洋服ダンス用 お徳用2シート入 [除湿剤(湿気とり)]

スーツに関するその他の情報

スーツのボールペン汚れの落とした方とは?必要な道具は?

スーツにコーヒーをこぼした時の応急処置とは?染み抜き方法は?

スーツに付く白い汚れとは?原因や取り方とは?

スーツについたラーメンの汚れの対処方法とは?落とし方は?

スーツに歯磨き粉の汚れがついた時の対処方法とは?落とし方は?

スーツのカビ対策方法とは?原因や取り方とは?

スーツで食事中に汚れが付いた時の対処方法とは?落とし方は?

スーツの汚れの落とし方とは?洗濯機で洗うことができる?

スーツに静電気で付いた埃の取り方はこれ!必要な道具もくわしく紹介

スーツに静電気で埃が付くのを防止する方法はこれ!必要な道具も紹介

スーツの静電気対策方法はこれ!痛い思いをせずにすむやり方とは?

小学校の入学式でスーツをレンタルするのはあり?金額は安くなるのか?

入学式のスーツで男の子の場合や色と靴や靴下について紹介

まとめ

スーツのカビ対策を行う際には、重要となるポイントがいくつか存在します。

このポイントを理解しておくと、スーツをカビから守りやすくなります。

具体的なポイントとしては、以下のようなものが挙げられます。

1・温度
2・湿度
3・栄養源

以上です。

また、スーツに生えたカビを自力で取り除きたい場合は、まずカビの種類によって対処方法が変わることに注意をしてください。

スポンサーリンク
Visited 2 times, 1 visit(s) today