iphoneとスマホの違いはこれ!どっちを選べば良いのかも紹介

携帯端末ではiphoneとスマホが大きなシェアを占めています。

携帯端末を購入する際は、おそらくこのどちらかを選ぶことになるでしょう。

そこで気になるのがiphoneとスマホの違いですよね。

iphoneとスマホのどちらを選べば良いのかを知るためにも、両者にどのような違いがあるのかを知っておきたいところです。

そこで今回の記事では、

  • iphoneとスマホの違いはこれ!
  • iphoneとスマホはどっちを選べば良いのか?

これらのことについて、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

iphoneとスマホの違いはこれ!

1・iphoneとスマホはOSが違う
iphoneとスマホの違いの1つに採用しているOSが挙げられます。

スマホには「Android(アンドロイド)」と呼ばれるOSが使われており、Googleが開発したOSになります。

スマホであれば、販売元がドコモでもauでもOSはAndroidになりますね。

次に、iphoneの場合はApple社がOSの開発を行っており、すべてのiphoneに「iOS」というMac系列のOSが使われています。

そして、このOSが違うとどのような差異が生じるかと、「どれだけカスタマイズ可能なのか?」ということに集約します。

例えば、OSが「Android」の場合、以下をはじめとする様々なカスタマイズを行うことが出来ます。

1・任意のテーマをインストール
2・特定の種類のファイルを起動するアプリを指定
3・設定されているフォントの変更
4・電子メールやSNSのサードパーティーアプリのダウンロード

以上になります。

もちろん、これ以外にも多くの設定を変更可能であり、自分に都合の良い環境を組み上げることが出来ることがAndroidの強みですね。


逆に、OSが「iOS」の場合はAndroidほどのカスタマイズ性はありません。

iphoneはスマホとは違い、非常にシンプルなのが特徴であり強みになるわけですね。

シンプル故に、高いセキュリティ性やタイムリーなOSのアップグレードなどをスムーズに行うことが出来るからです。

また、iphoneはスマホと比べると機種数が絞られているため、1機種あたりの周辺機器の充実が図られてもいます。

例えば、スマホケースなどはスマホよりもiphoneの方が充実している傾向にあります。


2・利用できるアプリが違う
iphoneとスマホの違いの1つに「利用できるアプリの数が違う」ということが挙げられます。

スマホには、無料・有料を含めて大量の種類のアプリが存在します。

上記にもあるように、スマホはカスタマイズ性が非常に高いため、こういったアプリにも膨大な種類が存在するわけですね。

スポンサーリンク

ただ、こういったカスタマイズ性の高さは、セキュリティなどの脆弱性に繋がる危険性があります。

一方、iphone側はスマホよりもアプリの数や種類は少ないです。

これはApple社の厳しい審査を受けた有料アプリが中心となっているからですね。

そのため、全体的にアプリの質が高く、安全性も高いものが揃っているのが特徴になります。


3・iphoneは機種変更が簡単
iphoneを機種変更する場合は、必要な作業が非常に簡単であるため、短時間でデータを移行することが出来ます。

具体的には、「新しいiphoneに古いiphoneを近づけるだけ」でデータ移行を完了させることが出来ます。

一応、スマホも機種変更の際にデータ移行が可能ですが、ここまで簡単な作業かつ短時間で終わらせることは難しいでしょう。


4・iphoneは容量を増やせない
iphoneは基本的に本体の容量を増やすことが出来ません。

もちろん、『iCloud』を利用しデータを別途保存することで容量を節約することは出来ますが、本体の容量そのものは変化しません。

不要になったアプリや音楽データのキャッシュなどを削除して空き容量を増やす方法も存在しますが、やはり根本的な解決は難しいでしょう。

そのため、iphoneを使っていて空き容量を増やしたいのであれば、すでにあるデータを効率的に減らしたり、別の場所へ保存する必要が生じるわけです。


5・コストパフォーマンスに差がある
スマホは本当に数多くの会社が販売しています。

その影響により、端末同士の価格競争が生じているため、スマホの値段が抑えられる傾向にあります。

例えば、スマホなら機種を選ばず、やすさを追求していけば1万円程度の金額でも購入することが出来ます。

また、iphoneと変わらないスペックがある機種でも、iphoneよりかなり安い場合が多いですね。

逆に、iphoneの価格は毎年上昇する傾向にあります。

機種にもよりますが、本体だけで10万円以上することもあります。

そのため、単純なコストパフォーマンスならスマホが圧倒的だと言えるでしょう。

iphoneとスマホはどっちを選べば良いのか?

基本的には、利用者の求める条件に適したものを選ぶことが重要になります。

例えば、「アプリなどのカスタマイズ性が高く、値段が安い方が良い!」という条件であればスマートフォンが適しています。

あるいは、「高いセキュリティ性があり、周辺機器との互換性が高く、トラブルを解決しやすいものが良い」という条件であればiphoneが適していると言えるでしょう。

そのため、まずは利用者である自分が「どのような携帯端末が必要なのか? どのように携帯端末を使いたいのか?」を具体的にすることが大切ですね。

まとめ

iphoneとスマホの違いをしっかりと把握して、自分に合ったものを選びたいですね。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする